メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

呪いと嘆きの縛鎖を、断ち切って(その一)




──正直言って、まだ全てを信じ切れた訳じゃない。けど、あの人達は。
“お姉ちゃん”達は、こんなアタシを受け入れてくれると言った。だから
掴みかけた暖かい幸せは、絶対に放さない。それが、アタシの願い──!



第一節:呪縛




アタシ・“五女”エルナが、皆に受け入れられて数時間。戦いで疲労した
皆は、“マイスター”……晶さんのチェックを受けていたわ。仮想空間で
戦っていたとは言え、予想外の出来事を受け……皆、ガタが来てたのね。

「ロッテの全チェック終了……特に、異常なし。負荷は掛かった様だが」
「何よりですの♪でもマイスター、“アレ”は結局何だったんですの?」
「CSCに同名のルーチンはあるが、名前以外は特に問題ない要素だな」
「だけどあの時のアタシを倒した光の槍は、間違いなく普通じゃないわ」

予想外と言えば、ロッテお姉ちゃん達が纏っていた“約束の翼”。何でも
マイスターのペンダントには同じ名前が刻まれていたらしいわ……だけど
それだけの話。何処かに特殊な機能が備わっていた訳では、決してない。
だけど、それならアタシ……“ロキ”を倒したあの力は、何なのかしら?

「エルナが言うのなら、間違いはないのだろうな……しかし、益々謎だ」
「アルマお姉ちゃん、貴女は何か知らない?……アルマ、お姉ちゃん?」
「ぅ……お、お姉ちゃんって自然に呼べる様に、なってきましたね……」

でも謎を求めて話を振った“お姉ちゃん”は、とても苦しそうだったわ。
戦闘直後は何もなかったのに、この一時間程度で急に辛そうにしてるの。
それでもアタシに笑いかけてくれるんだけど……正直、見るに耐えない。

「……アルマお姉ちゃん、本当に大丈夫ですの?何処か壊れてません?」
「クララお姉ちゃんもそうよ。同じ様にさっきから苦しそう……何故?」
「ボクらも、わかんないよ……お姉ちゃんって呼ばれるの、初めてだよ」
「そんな事言ってる場合じゃないでしょ!アタシとの戦いで、何処かッ」

アタシの不安に、クララお姉ちゃんはきっぱりと首を振る。そうなの。
皆が受け入れた瞬間に、自分がこの人達の“妹”であるという認識は、
すんなりとアタシの胸に納まった。でも、だからこそ……この姿は正直
見ていられないの。アタシが何かしたんじゃないかって、不安で……。

「あの……マイスター、先にエルナちゃんを診てあげてくれますか」
「ボクらは、ちょっとクレイドルで休んでから……大丈夫、だよね」
「お前達が良いのなら構わぬが、くれぐれも……無理はするなよ?」

そんな皆の心配を振り切る様に、アルマお姉ちゃんとクララお姉ちゃんは
サーバ横の仮設クレイドルに横たわったわ……二人の機能は沈静化した。
でも……そう感じた、その瞬間。二人の躯が小刻みに震え始めたのよッ!

「う、うあぁ……うああぁああぁ!!!」
「くぅ、うう……うううぁぁぁっ!!!」
「あ、アルマ!?クララ、どうしたッ!」
「ま、マイスター!?サーバの調子が!」

ロッテお姉ちゃんが叫ぶと、サーバの液晶パネルにはドット欠けの様な
ノイズが走り始めたわ。アタシはそれを見て、直感的にサーバの通信用
ケーブルを引っこ抜いたの。このままでは良くないって、感じたから。
これで何があっても、このビルから外部には影響が及ばない筈よ……!

「い、一体なんだ!何が起きているのだ!?二人はどうしたのだ!!」
「ねぇ……ひょっとして、アタシに何かいけない細工でもあったの?」
「エルナちゃん……決してエルナちゃん自身が悪い訳ではないですの」
「分かってるわよ、ロッテお姉ちゃん!でも、本当に……何よこれ?」

アタシの所為なのか、それとも危険な因子が最初から潜んでいたのか……
分からないけど、ウィルスに侵された様にサーバを狂わせる“何か”は、
外部通信を試みようとして、唯一繋がってたトレーニングマシンと接続。
そちらに、実態を持ったシルエットとして“影”を投影したのよ……!!

「これは……噂に聞くイリーガル・レプリカか?いや、違う……何だ!」
「あ……マイスター、見てアレッ!ほら、影の真ん中に“居る”わ!?」
「そんな!アレは……アルマお姉ちゃんと、クララちゃんですの……!」

──────何故、なんで……何が、どうなってるの!?



第二節:悲壮




アルマとクララ。二人の“お姉ちゃん”を呑み込んだ“影”は、侵入した
トレーニングマシンを強引に乗っ取り、異様な世界を作り上げ始めたわ。
即ちそれは、暗黒の荒野。地上の街を模した様な建物が並ぶけど、そこに
現実感はないわ。言ってみれば“ゴーストタウン”、そこに奴がいるの!

「な、なんだこれは……“悪夢”とでも形容できそうな物だな……!」
「マイスター、そんな場合じゃないですの!サーバが直りましたの!」
「……“悪夢”が二人と一緒に移動したから、サーバも安定したのね」

正体は誰にも分からない。けど、アタシは感じるの……あの“影”は、
素体からアルマお姉ちゃんとクララお姉ちゃんのデータをもぎ取って、
人質にする感覚でサーバから、トレーニングマシンへと移動したのよ!
それを裏付ける様に、二人がサーバをチェックした結果が出てくるの。

「エルナ。お前の予想通りだ……アルマとクララのデータが、ない……」
「それに何かが、トレーニングマシンに送信された形跡がありますの!」
「……何故、あんなのが二人に入っていたの?どうして、こんな事に!」
「分からぬ……しかし、奴を外界に出してしまえば良くない事があろう」

でも、出てくる結果はどれもこれも最悪を予想させる物ばかり。データを
強奪・破壊したり、片っ端からネットワークに侵入しようとしたり……。
まるで“ワームウィルス”の様に、奴は不気味な動きを見せているのよ。
……マイスターがそういう判断をしたのも、当然なのかも知れないわね。

「今、“影”……ううん、“悪夢”はトレーニングマシンにいますの?」
「ああ、奴はそこで自己を強化している……まさかロッテ、お前は!?」
「はい!このまま二人が消えて無くなる前に、わたしが助けますのッ!」
「待って、アタシも行くわ……このまま消えられるなんて、嫌よッ!!」

そして、ロッテお姉ちゃんが……勇気ある彼女が、突入を提案するのも
当然だったわ。でも、彼女だけを行かせたくはない。アタシにだって、
きっと出来る事があるはずなの。だから、アタシも手を挙げたわ……!
しかしマイスターは重く首を振ったわ。涙を流しながら、告げたのよ。

「……行かなくていい。お前達まで取り込まれてしまったら、私は……」
「その時は、サーバの電源コードとUPSをカットしてくださいですの」

でもロッテお姉ちゃんの決断は、愚直と言える位にストレートで素早い。
“姉妹”を助けたい、その想いは決して偽りじゃないのよ。アタシの時に
叫んだ言葉は、決して嘘じゃない……本物なの。でもマイスターは……!

「嫌……いやだ。皆一遍に喪うなんて、私は……そんなのは!!」

怖かったのかも、しれないわ。只でさえ、アタシとの大勝負を乗り切った
後だったのよ?また皆を喪うかもしれない不安には、多分耐えられない。
その想いは痛い程、アタシの胸を震わせる。喪う事への恐怖は、アタシも
経験してきた過去だから……でも、この“お姉ちゃん”は違っていたわ!

「──マイスターの、いくじなしっ!」
「うッ……!?ろ、ロッテ……お前っ」

ロッテお姉ちゃんは、マイスターの肩に飛び乗ると……頬を叩いたのよ。
そう。怖がっていたアタシに対してさっきやった様に、済んだ一撃をっ!

「マイスターが怖いのは、分かりますけど……大切な“姉妹”達ですの」
「……ロッテ、エルナ……いいのか?お前達も、戻れないかもしれんぞ」
「一人でも喪えば、十分マイスターが哀しむ筈ですの。それなら……ね」
「アタシは、折角掴みかけた幸せを喪いたくない……だから、行くわ!」

ロッテお姉ちゃんといると、不思議とアタシの決意も強くなっていくの。
そうね……きっとこうして、三人の“お姉ちゃん達”も強くなれたのね?
この娘は、只のリーダーというだけじゃない。皆の中心だったのよ……!
それを実感するからこそ、今のアタシにも……もう畏れは、なかったわ。

「……ならば、何も言うまい。蹴散らせ、呪いの縛鎖を断ち切るのだ!」
「はいですの♪絶対に、絶対に……二人を助けて帰ってきますの……!」
「行ってくるわ。望まれたからには、アタシもそれなりの事をしないと」
「大丈夫ですのエルナちゃん。戦いに“誇り”が有れば、勝てますの♪」

そう言い親指を立てて、ロッテお姉ちゃんは機械の中へ入っていったわ。
アタシもそれに応え、さっき己が入ったハッチへもう一度入るの。そして
意識が浮遊する独特の感覚を乗り越え、アタシ達はやってきたのよ。闇の
奥深くへ……“悪夢”が待ち受ける、正真正銘・最終決戦の舞台へとッ!

「何処にいますの、アルマお姉ちゃんとクララちゃんを離しなさいッ!」
「……ロッテお姉ちゃん、アレよ!間違いない……アレが“悪夢”だわ」
『ォォォ──────!!』

──────もう喪いたくない。“大切な人”を……護りたいの!!







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー