メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……じゃあ、ネロっていったい何なんですか?」
「わかりません。……わからない事だらけなんです」
 メンテベッドとコンピューターとの接続を切って、かすみさんが答えた。
「正直どうしていいか、私にはまったくわかりません」
 それきり、かすみさんは黙り込んでしまう。

「解離性同一性障害……」
 どれだけ経ったか、かすみさんがぽつりと言った。
「え、っ?」
「わかりやすく言うと、多重人格です」
 ……多重人格?
「それって、ネロが?」
「ええ……。彼女は、本来彼女のAIとCSCに宿っていた人格……主人格が、何らかの理由で創った、別の人格の可能性があります」
 別の、人格だって?
「どうして……」
「断片的ではあったんですが、彼女の記憶データの中に、いくつかおかしなものがあったんです」
「おかしな、もの?」
「なんて言うか……、上手く言えないんですが、記憶とは言えない、かといってバグでもない、データの欠片、みたいなものです。通常の神姫には、見られないものでした」
 そのあたりの難しい話は、僕にはよくわからない。だから、続きを促した。
「その欠片は、経験によるネロの人格形成に、一切の影響を与えていません。かといって、外部から入力されたものでもない。そういうデータでない限り、得た経験はすべて、神姫の人格形成に影響を与えるはずなんです」
「……」
「あくまで可能性のひとつですが、そのデータの欠片が、ネロで無い別の人格……主人格の形成に影響を与えた、と考えると」
 少しずつ、かすみさんの言葉の意味が、理解できてきた。
 つまり、ネロという神姫は……。
「そうすると、ネロにオーナーがいない理由も、説明がつくんです。だって、ネロの本当の所有者は、恐らくネロではなく、主人格の神姫のオーナーなのだから」
 彼女は……。
「……ただ、神姫の人格は消すことができる。不可抗力にしろ故意にしろ、何らかの理由で主人格が消えてしまい、ネロだけが残った……と、考えられるんです」
 まるで……。
「幻、みたいなものです。偶然生まれてしまった……」



「出かけてる……、はい、そうですか。すみません、失礼します」
 慎一君の家に電話したら、出かけてるとのことで。
「ごめんなさい、小林さん。出かけてるみたいです」
「いや、近くにいるってだけで、充分だよ。いつでも連絡できるんだし」
 そう言って、小林さんは立ち上がった。研究所へ戻るという。
「僕は基本的に研究所にいるから。またいつでも来てくれればいいよ」
「はい」
「君も早く、友達を安心させておいで」
 事ここに至っても、私の嘘に付き合ってくれる小林さんに笑わせてもらって、私は家に向かった。
 まずは、ミナツキに謝ろう。



「……どうすればいいんでしょうか、これから」
 また長い沈黙の後、僕はこれしか言えなかった。
 ネロにははじめから、オーナーがいない。いたとしても、その人の神姫はネロじゃないし、ネロだって、その人を知ってるわけがない。
 ネロ自身、普通の神姫じゃない。
 幻という形容が、的を射ていた。
「さっき言いました。私にはどうしていいか、わかりません」
 かすみさんが、すぐに返す。
「このままを望むなら、すべてを欺いてでも、このままネロと過ごせばいい。彼女に本当のことを告げるなら、それでもよい。告げて、ネロがどうなるかは、もう私にはわかりませんけど……。いずれにせよ、私が口を挟む問題じゃありません」
「でも」
「あなた次第です。あなたがどうしたいのか」
「でもそれは、ネロの、意思は……」
「……ひどい話ですが、彼女にはもう、選択する余地はないんです」
 本当に、ひどい話だと思った。
「……ごめんなさい」
 かすみさんが謝った。
「いえ……。少し、考えさせてください」
 少しして、かすみさんは秋葉とはやてを連れて、部屋から出た。

 ネロと出会ってからのことを、僕は思い出していた。
 それまで僕は、他人と積極的に話そうとしなかった。したくなかった。怖かったから。
 でも、ネロと出会って、少し、変わった。ネロとなら話せた。ネロを通じて、梓や修也さんと知り合うこともできた。何人かの人には、父のことを打ち明けることもできた。
 けどそこで、気付いた。
 もし……今となってはありえない話だけど……ネロのオーナーが見つかって、ネロがその人のもとへ戻ったとして。
 そうなった時、僕はどうなる?
 ……考えたくなかった。考えようとしなかった。
 この時点で、僕とネロの関係は、決定的な矛盾を抱えていたのに。
 どの道僕達のつながりは、はじめから幻でしかなかった。
 ようやく気付いた。僕とネロは、今のこの関係でしか、いっしょにいられない。
 そして僕は、ネロと離れたくない。
 結果として、ネロがいつまでも、ないはずの記憶を求めて、苦しんだとしても。
 ……幻でもいい。もう少しだけ、このままで。

 その時僕は、自分の積んだ積み木が、崩れないと思っていた。このまま、ずっと。
 ……でも、終わりはあっけなく、本当にあっけなく、やってきてしまった。



「……慎一?」
 数時間ぶりに起動した私が見たのは、沈鬱そうな慎一の顔。
「ブロックは、解除……できて、ないみたいですね……」
 自分のことだから、自分でわかる。思い出せていないのだから。
「うん……、ごめん」
「慎一?」
 それはいい。いいけど、何だか慎一の様子がおかしい。
「あ、いや……。なんでも、ないよ。ネロ」
 ……何かが、心の中で引っ掛かる。慎一が、私の目を見て話してくれない?
 外は、もう暗くなっていた。

 少しして、私は慎一と、研究所を出た。建物の中だけは、いつものカバンの中ではなく、慎一の肩に座って。
 建物の出口、ちょうどそこで、一人の男の人と出くわした。
 その人は、私を見て、驚いて、こう言った。確かに、こう言った。
「……イ、ヴ?」
 ――…… ……イヴ?
 それは、誰? 
 私は、ネロ。
 ――……ネロ? 本当に?
 私がネロなら、イヴって、誰?
 イヴは……何?私、ネロで、でも、イヴって、じゃあ私は、イヴで、違う、私は、何?
「――……ネロ!?」
 ……だめ、私はネロ、だけど、違う、でも、なのに、どうして……?
 私、は、わた、し……、は……――――



 これが、神さまの気まぐれなのか、僕にはわからない。
 だけど、事実として、……積み木は、崩れた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー