メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハウリングソウル

第十一話

『説得、人事じゃない神姫破産』











「・・・・・・・・・・・んぅ・・・・」

 吉岡のベッドは寝心地が悪かった。
 私の家ではこの寝心地のものをソファと呼ぶ。
 眠い目をこすりながら枕元を見る。そこには二つのクレイドルがあって、片方は空だった。

「・・・・?」

 もう一つのクレイドルには吉岡の神姫、美代子さんが寝ているが・・・・私の二人はどこに行った?
 ・・・・・・・・まさか。
 私は走ってダイニングキッチンへと向かう。いやな予感がした。

「ハウ! ノワール!」

 ダイニングキッチンの扉を開け放す。そこには・・・・・・・・

「吉岡さん、醤油ですよ」

「・・・・・・醤油」

「それ・・・ソースだよノワール」

「ぐぉうふぁんに~! なっとぅぉう! うぁさぁぐぉはぁんぅ~!」

 半裸のオカマッチョが歌っていた。

















 三人で朝ごはんを作っていたらしい。
 全く紛らわしい。
 『切り裂き』に襲われたかと思ったじゃないか。

「やーねー心配しすぎよぉ!」

「そうですね。心配してくれるのは嬉しいんですけど・・・・吉岡さんもいますし」

「・・・・お早う、マイスター」
 ・・・・ハウが元気になっているのはいいことだが、緊張感の無い三人だ。

 私は溜息をつくと椅子に腰を下ろす。
 ・・・・・これからの事を考えないといけない。
 警察は・・・どうだろう。今の日本の法律では神姫はオーナーの所有物扱いだ。その所有物が家の神姫を狙っている・・・・しかも狙っている方のオーナーは既に死んでいる。それにこの街から15cmの神姫を見つけ出すのはほぼ不可能だ。
 どうしたもんだろう。

「いやそれにしても驚いたわよ。まさかアンタがあんな事を許可するなんてね」

 考えていると吉岡が私の前に焼き鮭を置いた。
 醤油で味付けされていて中々に美味そうだ。

「・・・・あんなこと?」

「そぅよぉ! アンタのためにもう手配しておいたからね。こちとら裏道にも通じてるのよ。珍しくタツ子ちゃんも乗り気だったし・・・・でもあんた、本気なの? かなり危ないわよ?」

「まて、何の話だ。私は何も許可して無いよ?」

 さっきから吉岡は何を言っているんだ?
 意味がわからない。

「え? でもハウちゃんから聞いたわよ? ハウちゃんとノワールちゃんが『切り裂き』を倒すって・・・・・・・・・」

 ・・・・・なんだって?
 テーブルを見るとハウとノワールがバツの悪そうな顔をしていた。

「どういうことだ」

 問いかけるとハウが一歩進み出た。

「ごめんなさいマスター。僕は・・・アイツとどうしても戦いたいんだ」

「なぜだ」

 私の声は多分、とても冷たかっただろう。
 自分で言うのもなんだが珍しく怒っていたからだ。・・・ハウが、危ないことをしようとしているから。

「あいつが狙っているのは僕だ。僕がいる限り、マスターや他の神姫に迷惑がかかる。僕はそれを許せない。・・・・・だから、終わりにしたいんだ」

「刃物を怖がるお前が『切り裂き』に挑むと? ふざけるな」

「近寄られなければ大丈夫だから。遠距離から撃てば・・・・・・・」

「ノワールの一斉射撃で傷つかない化物だ。神姫用の・・・・たかがオモチャの武装で勝てる相手じゃない」

「改造した武器を今、吉岡さんの友達に作ってもらってます! それなら効果があります!」

 ・・・・・・・・・用意周到だった。
 一体何が、ハウをここまで突き動かしているんだろう?

「もう一度聞く。なぜ戦おうとする」

「・・・・夢の中で、ストラーフが言ってたんです。生きてって、生き抜いてって。でもこのままじゃ僕はいつか殺される。僕は・・・・彼女が言った風に、生きたいから。それにやっぱり、僕は『切り裂き』を許せない。もうアイツに、仲間を殺させないから」

 ハウの琥珀のような瞳が私を見上げる。
 その瞳はとても澄んでいて、自らの決断に微塵も悩んでいないことがわかった。

「・・・・負けるかも知れないよ?」

「負けません」

 はっきりと、ハウはそう口にした。

「負けません。負けるとマスターが悲しむから、僕たちは悲しむ姿を見たくないから、負けません。それに、マスターが待っていてくれるなら、僕とノワールは無敵です」

 場を、静寂が支配する。
 気がつくとハウだけでなくノワールも、なぜか吉田までもが私を見つめていた。
 ハウはもう言うことが無いのか、ただ黙ったまま私を見上げている。

「・・・・・・・・・・・・・私は、待たない。お前たちがそういうなら、この私に『切り裂き』を倒す姿を見せてみろ」

 私はそういってから箸を取り、すっかりさめてしまった潮鮭をほぐす。

「・・・・・ありがとうございます!」

 ハウは、緊張していたのか少し顔を緩めて頭を下げた。
 ノワールにいたってはへなへなと座り込んでしまっている。大丈夫なのかこれで。

「あー、みーちゃん? それでね、さっきの改造武器の話なんだけどぉほらやっぱりそういう武器って違法じゃない? アングラじゃない? あたしもそんなに気乗りしなかったんだけどぉ、どうしてもってハウちゃんとノワールちゃんがいうからぁ手配しちゃったんだけどぉ・・・・」

「あぁいいよもう。やることは決まったんだ、あとはどうするかを決めないと」

「そうじゃなくてねぇ・・・まぁこれを見てちょうだいな」

 そういって吉岡は一枚の紙を取り出した。
 ・・・・何ですかこれ。ゼロが一杯付いてるんですけど。

「ほらぁハウちゃんのは殆どヴァッフェバニーからの流用だけどぉ、ノワールちゃんの武装ってカスタムメーカーのものじゃない? あの武装をそのままの形でパワーアップするとぉ・・・・その金額が最低ラインなんだって」

 ガトリングはいいんだが、何だこの汎用マイクロミサイルアンテナ一式って。命中率が上がるのか?
 しかも三連式7mm砲とか何ですかこれ。こっちは二つも。おまけに6mm口径の化物(神姫用としては)ライフルまで・・・。
 この野郎。有事にかこつけて前から欲しかったものまで注文しやがったな。
 ノワールを見る。

「・・・・・・・・・・」

 そっぽを向いて体育座りをしていた。

「ライフルはハウちゃん用ね。それとぉ・・・・こっちが弾代なんだけどぉ・・・・」

 そういって吉岡が更に紙を差し出してきた。
 どうやら私の散在は止まらないらしい。
 『切り裂き』と戦う前に破産しそうだった。











| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー