メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤイバと白い馬 前編



 「ヤイバ、今日は元気か?」
 「はい主、私は元気です」
 いつものように私は主に、自分の思っていることを応えます。あのとき以来、主は穏やかな表情になりました。そのようになってくれたのも、勝てば良いという考えを捨てたからです。私は主の事を信じて今まで闘ってきました。でも、それは主にとっては勝つための手段でしかありませんでした。そのことが無意味だと知ったとき、主は勝ち負けにこだわるのを捨て去る事ができたのです。
 今日も私は茶室でお茶を立てて心を落ち着かせます。この時間が私にとって裕福な時でもあるのです。
 「ヤイバ、ここにいるか」
 茶室の外から主に声が聞こえました。何か用事でもあるのでしょう。
 「どうしました、主」
 お茶を飲み干した私は、茶室から出て主の前に向かいました。
 「実はお前に会いたいという方がいてな、ぜひ会って欲しいんだ」
 会いたい人…?誰でしょう…?私は主にその相手は誰なのですかと聞いてみました。
 「どんな相手かか?会って見れば分かる」
 私はその人に会うために、主の車で待合場所へと移動しました。

 私たちが向かった場所は、とある研究所でした。この中で私にお会いしたいという方がいるそうなのです。私と主は待合室でその方が来るまで待つことにしました。
 「その方はいつ現れるんでしょう?」
 「もう少し待てば来るから。それまでここで待ってるんだ」
 暫くして向こうのドアから研究員らしき方が一人、待合室に現れました。
 「よくいらっしゃいました本田さん、私がこの研究所のサポートマシン部の緒方です」
 緒方と名乗る研究員は私のほうをじろじろと見ました。
 「あなたがヤイバですね。お待ちしていました」
 「あ、は、始めまして、緒方殿」
 …しまった、つい言葉が硬直してたどたどしくなってしまいました。初対面の方にはちゃんとした挨拶をしなければいけないのに…。
 「始めましてヤイバさん。さっそくですが、私の後に付いて来てください」
 おそらくこの奥に、私に会いたがっている方がいるのでしょう。私は頷くと主の肩に乗り、そのまま緒方殿の後に付いていきました。
 暫く廊下を歩きますと、突き当たりに自動ドアが見えてきました。
 「ここに相手がいるんですか?」
 「はい、この奥にいます」
 一体どんな方なのでしょう…。私に会いたいということは、私自身に興味があるということなのでしょう。私達は自動ドアをくぐり、中に入りました。
 「ここです、この中にヤイバさんに会いたがっている方がいます」
 私は緒方殿が指差しているケースの中を見てみました。…その中には、一匹の白いロボット馬が横たわっていました。
 「この馬が、私に合いたがっている方ですか…?」
 「はい、この子がヤイバさんに会いたがっている方です」
 驚きました…。てっきり私と同じ神姫か、ヒューマノイドタイプだと思っていましたから。白馬は私が来たことに気付いたのか、起き上がって私の目を見つめました。
 「…どうして私の事を知っているのですか?」
 「実は、この子が偶然テレビで放送されていたあなたの試合を見てしまいまして、それ以来会いたいとごねまして」
 なるほど…。一目ぼれというわけですね。人なら分かるのですが、メカとはいえまさか馬に一目ぼれされるとは思っていませんでした…。
 「それで、私はどうすれば宜しいのですか?」
 「この子をヤイバさんのパートナーにしてほしいんです。この子はあなたを見る前は乱暴で手が付けられなかった暴れ馬でした。でも、あなたを見てからはこのようにおとなしくなりました。それなら、ヤイバさんに預けておけばこの子のためになると思ったんです」
 そうですか、私の側にいればおとなしくなる、というわけですか。私はこの白馬の目を見て、決意しました。
 「ひとつお聞きしたいのですが」
 「何でしょうか?」
 「この白馬のお名前は?」
 一緒に住むのなら、名前くらい聞かないといけませんね。私は緒方殿に名前を聞いてみました。
 「この子はまだ生まれてまもないですから、形式番号でしか言われていません。宜しければヤイバさん、あなたが名付け親になっていただけませんか?」
 「そうですか…。分かりました、私が名前を付けてあげましょう」
 私がこの白馬の名付け親になる…。でも、気に入ってもらえるのでしょうか。私は深呼吸をして、はっきりと言いました。
 「白雷…、この子の名前は白雷です」
 「白雷?」
 「白い雷と書いて白雷と呼びます。この子は速そうですし」
 緒方殿は黙ってしまいました。もしかして、お気に召さなかったのしょうか…。
 「似合いません…ですか?」
 「いいえ、いい名前だと思いますよ。この子はひとたび暴れだしますと、手が付けられないほど走り回りますから」
 どうやら緒方殿は白雷の名前を気にいられたようです。それにしてもあの反応を見たときは一瞬ドキッとしました。
 「それでは、よろしいのですね?」
 「はい、この子も白雷という名前、気に入ってくれたようです」
 白雷は嬉しそうに声を鳴らしました。私がつけた名前をお気に召したのは本当のようです。
 「では、この子…じゃなかった、白雷のこと、お願いします」
 「分かりました」
 私と緒方殿は同時にお辞儀をしました。
 こうして私と白雷の生活が始まりました。しかし、そうすんなりとはいかないもので…。

後編へつづく







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー