メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そういう、仕事って……」
「違法神姫……、何らかの部分で法を逸脱している神姫を摘発する仕事。例えば、神姫はその小ささを利用して、暗殺なんかに使われる事がある」
「……暗、殺?」
 小林さんの口から出た言葉を、私は思わず繰り返した。
「そういうのを取り締まる仕事だよ。……非合法でね」
「え?」
 非合法、って……。
「本来、そういうのは警察の仕事なんだけど、お役所っていうのは小回りが効かなくてね。見て見ぬふりをすることもある。だから、非合法を非合法で解決する、必要悪が出てくるわけだ」
 小林さんは必要悪と言いながら、何だか後悔しているように、私には見えた。
「もっとも、僕は半年前にやめたけどね。あの研究所と付き合いがあったから、今はそこに出入りさせてもらってるけど。……話がズレたね。ごめん」
「あ、いえ」
「君の言うとおり、神姫に欲情する男がいることは事実だよ。まあ、男に限ったことじゃないんだけど」
 男に限ったことじゃない、それは事実だ。私自身、そうなのだから。
「基本的に、神姫はオーナーの命令には逆らえないからね。そこに付け込んで、やっぱり違法に……、例えば、非合法な人間大の素体に人格を移して、性行為に及ぶ、って人もいる」
「性行為、って……」
 ただ、そこまでとは思っていなかった。でも小林さんが、そういう「違法な」神姫を摘発する仕事をしていたのなら、
「実際に、見たんですか?」
「何件かは、ね」
 少なくとも、嘘ではないってことになる。
「ただ、『そういう行為』それ自体は問題じゃないと、僕は考えている。神姫の事を大切に考えて、そういう事をする人がいるのも事実だ」
「大切に考えて?」
 よくわからない。わからないから、鸚鵡返しに聞くしかなかった。
「互いの気持ちが通じ合っていること、互いに幻でなくここに居ること、こういうのを最も手っ取り早く、かつ確実に感じられる手段だからね。まあ、その辺は君が大人になればわかると思う」
 ……てことは、やっぱり私はまだ子供なんだろう。
「この場合重要なのは、人間と神姫、双方の気持ちの問題だ」
 気持ち?
「人間同士の性行為にしたって、双方合意のもとに行えば基本的には合法だろう? どちらかの意志を無視して、強引にしてしまえば、それは強姦、犯罪ってことになるけど」
 それは、そうなんだろうけど。
 少し考えてみた。私が、ミナツキをどう思っているのか。ネロに対して感じているのは、本当に嫉妬なのか。
 慎一君に感じてる気持ちは、何なのか。
「……あの」
「ん?」
 考えている間、小林さんは黙っていてくれた。後から思えば、この時点で小林さんは気付いていたのかもしれない。
「……友達に、好きな男の子がいる子が、いるんです」
 多分、バレバレの嘘だった。そんなのは、私だってわかってる。
「ふむ」
「その子の好きな男の子には、すごく身近な、別の、一緒にいる女の子がいて」
 だけど。
「……それで、身動きとれなくなっちゃってるわけか」
「はい」
 こんな嘘をついてでも、もう雁字搦めなのは嫌だった。
「それでその子、どうしようもなくて、自分の友達にひどいことしちゃった、って……」
「顔を合わせづらい、と」
「そうです」
 小林さんは、少しだけ目を伏せ、黙った。
「壊れることを怖がってるんだね、その子は」
 それが、その次に出た言葉。
「その子はきっと、好きな子とも、友達とも、今ある関係を壊したくない、って思ってるんだろうね」
「……」
「ただ、それを怖がっちゃいけない」
 真っ直ぐな言葉だった。
「結局、自分で積んだいずれ崩れる積み木を放っておくくらいなら、自分で崩したほうが気が楽だろう? それと同じだよ。……まあ、僕は例え話が苦手だから、こんな話しかできないけど」
 例え話に隠してはいるけど、それが多分、小林さんが答えてくれた答えだと思う。
「……はい」
「少しは参考になった、かな?」
「はい」
 思わず、私は立ち上がった。
「ありがとうございました」
「お役に立ててなにより」
 でも、そう言ってはいるものの、小林さんの表情は冴えない。
「……いや、僕も昔、そうしてればよかったかな、ってね」
 不思議に思っていると、小林さんは、ぽつりと、そう言った。
「僕の場合は、相手は神姫だったんだけど」
「だった?」
「もういない。半年前、僕達が関わった最後の事件で、壊れてしまった。人死にも出た」
 さすがに、私から深く聞くのは躊躇われた。きっと、小林さんが前の「仕事」をやめる、直接的なきっかけだろうから。
 だけど。
「あの時、僕の周りの環境は激変した。その神姫はいなくなった。僕と組んで仕事をしていた星野さんは、結果的とはいえ、人を殺してしまった」
 ……え?
「あの!」
「あ、ごめんごめん。少し話しすぎ」
「違うんです! 今、星野さん、って……」
 人違いかも知れない。でも、
「ああ、星野慎也さん。あの後、家族にすごい迷惑かけてしまったって、言ってた」
「その人って、子供が」
「……男の子が一人、今年高校に入るって」
「……慎一君?」
「確か、そんな名前だったけど。謝れるなら、僕からも謝っておきたいんだけどね。でもどうして知ってるんだい?」

 この時私は、人の「縁」の不思議さを知った。
 でも、それだけじゃなかった。この後明らかになることとなったもう一つの「縁」。
 それが、神さまの気まぐれだったら。
 私は間違いなく、神さまを呪ったと思う。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー