メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「かすみー! 連れてきたよーっ!」
 はやてに案内されて、僕とネロはセンターの隣、「附属研究所」という場所に来た。
 そこで僕達を出迎えたのは、先日あの刑事さんの応対をしていた、あの女性職員さんだった。
「ええ、ありがとう、はやて」
 職員さん――かすみさんは、僕達を研究室に連れて行く。どうも修也さんの知り合いらしく、話はもう知っているようだった。
「これまでに、バトルサービスで何らかの理由でロストした神姫について調べてはみたんですが、ほとんどの子がメーカー送りになっています。ネロという名前も数件ありましたが、確証は掴めませんでした」
 道すがら、かすみさんはそう説明してくれた。
「で、一回ネロそのものを調べたほうがいいんじゃないかと思ったわけです。……あんまり、気は進まないんですけど」
 要するに、ネロのメモリーにかかっているブロックを何とかして外すか、外せなくとも手掛かりが無いか、ネロの記憶を「覗く」ということらしい。確かに、あまり気が進む話じゃないと思う。
 でも、
「いえ……、もう、どんな手掛かりでもいいんです。お願いします」
 ネロは、そう言った。

 クレイドル状のメンテナンスベッドの上に、一時的にスリープ状態になったネロが横たわっている。
 そこに繋がったコンピューターを、かすみさんと彼女の神姫、秋葉が操作する。画面上には、僕が見ても全くわからない記号や文字列が、浮かんでは消えていた。
 一般的に、神姫がクレイドルを介してパソコンにデータを移すのとは違う、ともかく「専門的」な作業内容らしいということは、僕にも理解できたけど。
「嘘……」
 と、かすみさんの手が止まった。
「そんな……、ご主人、こんなことって……」
「うん、信じられないけど……認めざるを得ない、かしらね……。慎一君」
「は、はい」
 椅子を回して、かすみさんがこっちを向いた。
「これから話すこと、絶対に……特にネロに対して、他言しないと約束できますか?」
「え、それって……」
 そんなに重要なこと、なのだろうか。
「答えてください。できるか、できないか」
 かすみさんの口調が切迫していた。
「……はい、できます」
 本音を言えば、自身は無かった。でも、今はどんな手掛かりも欲しかった。ネロがそうであるように、僕も。
「ネロは……、いえ、ネロの記憶は、失くなったんじゃありません。はじめから、『無い』んです」
 ……え?
「彼女のメモリーにかかっているブロックは、フェイク……見せかけなんです。ブロックを外しても、そこに彼女の記憶が有るわけでも、復元できるわけでも……ないんです」
 どういうことだ?
「……じゃ、じゃあ、ネロのオーナーって……?」
「多分、いません」
 いない?
 いない、って?
「……どういうことなんですかっ!?」
 気付かずに立ち上がって、かすみさんの両肩を掴んで、問い詰めていた。後ろから、はやての制止の声が聞こえる。
「順を追って話します。……すみません、放してもらえますか?」

「ネロのメモリーにブロックがかかっているのは、彼女が『オーナーがいないのに起動している』という矛盾を、やり過ごすためだと思います」
 かすみさんから離れて、というか、はやてに引っぺがされて、僕は話を聞いていた。
「オーナーがいない、登録されていないのだから起動するはずがない……いえ、してはいけない。でも自分は、現実に起動している……。普通なら、そこでAIの処理がループして、神姫の人格は崩壊してしまうんです。違法神姫の一部には、プログラムを改変させてオーナー登録なしで起動する子もいますが……、ネロには、プログラムを外部からいじられた形跡はありません」
 違法神姫、という言葉に、はやてが少し複雑な顔をした。
「だとするなら、ネロのAIは無意識に、自分には本当はオーナーがいるんだ、自分は忘れているだけで、と思い込んだのではないか」
「思い込んだ……?」
「そして、ならなぜ忘れてしまったのか、それはメモリーにブロックがかかっているからだと、彼女はあるはずのない記憶に、ブロックをかけた」
 信じられない。それしか言葉が浮かばなかった。
「そうしたら、思考の矛盾が消えてしまった。……『オーナー登録』という自分ではどうしようもできない問題を、『メモリーのブロック』という問題にすりかえてしまった。そして今に至った……と考えられます」
 僕は呆然とした。結局のところ、彼女のオーナーを探していた事は、全くの徒労に過ぎなかったのだろうか。
「……じゃあ、ネロっていったい何なんですか?」







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー