メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「明けましておめでとう御座います」
「応、おめっとさん」
 竹山の奥、記四季の屋敷の囲炉裏端で彩女は正座をし記四季に座礼をした。
 記四季はそれに餅を食いながら答える。今日は元旦であった。


WFHS

番外編その一

『ある年の明け+おまけ』





「いやしかし御餅が美味ですこと。流石は主自作の品。やはり売り物とは違いますな」
 彩女は神姫サイズの餅を食べながら言う。
 その顔は本当に美味しいものを食べている顔だ。ようするにものすっごい笑顔。
「・・・っていうかお前さん、物食えたのか」
「今回は番外編ですから。なんだってアリなのです」
 そういって今度は茶を啜る彩女。
 正座をしているが彩女の尻尾は忙しなく動いている。本当に美味いものが好きらしい。
「さて主。年も明けましたし私はお年玉がほしゅうございます」
「いきなりそれかよお前は。・・・・まぁ準備してたがな」
 記四季は立ち上がると、台所に消える。
 戻ってくるとその手には一着の晴れ着が握られていた。
「ほらよ。今年はこれ着て初詣行くんだろう」
 帯などの小物もセットになったそれは、神姫である彩女にちょうどいいサイズだった。
 見るとタグなどもついていない。どうやら記四季の自作であるようだ。
「あぁ・・・有難う御座います主様。彩女は嬉しゅう御座います」
 彩女は深々と座礼をする。
 そしてさっそく着ようとして・・・記四季の視線に気づく。
「主・・・少しあちらを向いてくださいな?」
「お、おう」
 彩女に言われ壁をむく記四季。
 服を脱ぐ音と着る音がする中、そのまましばらく壁とにらみ合っていた。
「主・・・振り向いても宜しいですよ?」
 彩女の言葉に記四季は壁を見るのを止め、振り向く。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほぉ・・・」
 そして彩女を見て息をついた。
 彩女が来た着物は鮮やかな赤を基調としたものだ。過剰な装飾は無い代わりに細かいところに手が加えられており、派手ではないが決して地味ではない。むしろ着ている彩女を引き立たせるように作られていた。
「如何で御座いましょう」
 そういって彩女はくるりと一回転する。
 朱の着物の裾が揺れ、遅れて銀の髪が後をおう。
「・・・・うむ、まぁ馬子にも衣装だな。ちんちくりんな割にはいい感じじゃねぇか」
「ふふ・・・主は嘘が下手で御座います。赤い顔でいわれても説得力はありませんよ?」
 記四季の顔を見て彩女は笑う。
 すでに記四季の顔は真っ赤だった。
「う、うるせぇ! おらさっさと初詣行くぞ!! ムラサキにその着物見せるんだろ!?」
「主、彼女はアメティスタです。・・・ま、そうですね。早めに行きましょうか」
 記四季は顔を明後日の方に向けながら左手を差し出す。
 彩女はそんな記四季を笑いながら左手に乗り、座る。
「それでは参りましょう。今から行けばそうですね・・・昼ごろにはつきますかね」
「だったら向こうで飯食っちまおう。剛三だって鬼じゃねぇし食わせてくれんだろ」
 そういって二人は玄関を開け歩き出す。
 新しい年の、始まりだった。




















































おまけ~それぞれの正月~


北白神社編


巫女①   「神主様が喉にモチ詰まらせたーっ!?」
神主    「――――――――――――――――――――(もがいてる)」
巫女②   「は、早く掃除機を!! 誰かー!!」
アメティスタ「~♪(判ってたけど止めなかった」


悩める性少年・八谷編


八谷「・・・・・・・暇だなぁ」
八谷「マイはコタツから出てこないし。ゲームも全部やっちゃったしなぁ・・・」
マイ「zzzzzzzzzz・・・・・・・・」
八谷「・・・・・・・・・暇だなぁ」


七瀬家・春奈編


春奈「体重増えたーっ!?」
サラ「正月始まってすぐに正月太りですか!?」


七瀬家・都編


ハウ  「明けましておめでとう御座います」
ノワール「・・・あけ・・・おめ」
都   「はいおめでとう。今日は本屋休みだからグーたらしてていいぞ」
ノワール「・・・もう・・・してる」
都   「お前はいつもだろう」


孤高のオカマ・吉岡編


吉岡 「・・・去年はいい男に出会えなかったわぁ・・・でもぉ・・・今年こそは!!」
美代子「ささ旦那様。もう一献」
吉岡 「あら有難う美代子さん。・・・美代子さんはいい女よねぇ・・・あたしなんかオカマよオカマ! 美代子さんもぉ・・・神姫だけどいい相手探さなきゃねぇ・・・」
美代子「神姫相手に何を言ってるんですかぁ。・・・・それに、私の旦那様は貴方一人ですよ」
吉岡 「んー? 何か言ったぁ?」
美代子「いいえ何も。・・・さ、旦那様。もう一献どうぞ」



おしまい




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー