メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新しき波浪と旋風の、前にある物




“聖夜”も過ぎ、帳簿上の仕事納めが目前となった。お台場で巻き起こる
“聖戦”を前に、年の瀬の秋葉原は活気に満ちているが……しかし、この
MMSショップ“ALChemist”は別だ。普段より客が多少増えた程度であり、
私・槇野晶は、優雅に紅茶を頂きながら店番をしていたりする訳だ……。

「ふぅ……ここは、外の喧噪が嘘の様だな。帳簿作成も大方終わり、と」
「お疲れ様なんだよマイスター。在庫検品も、パーツ類は終わりだもん」
「あ。通販の最終発送分も、宅配便のお姉さんが先程持っていきました」
「友人さんへの“年賀メール”も、雛形の打ち込みは完了ですの~っ♪」
「皆、御苦労だな。後出来るのはメールの個別調整と掃除位の物か……」

とは言え、前者は“ながら作業”でも十分な量だ。後者は一見大変だが
普段から神姫達が自由に動き回れる様に……何より美観と健康の為に、
棚の上や壁の縁……更には細かい隙間なども、きっちり掃除している。
その為に、掃除の分量も知れていた。地下に住まうと、この辺はどうも
神経質になりすぎてな?しかも一応は精密機械である神姫達と一緒だ。

「……お前達の為に普段から埃は徹底除去しているからな、多少は楽だ」
「余裕はありますの、マイスター?……お出かけはしないでしょうけど」
「有無。年越しを楽しむ余裕はありそうだ、そして出かけないのも然り」
「え?イベント好きのマイスターですし二年参りとかするかなって……」
「行事は好きだが、人混みに好んで飛び込んでいく性分でもないのでな」
「それはちょっぴり意外なんだよ……神姫のイベントとかは例外かな?」

クララの指摘は確かにその通りだった。が、他にもちょっと理由がな?
“その日”が近い事もあってか、例年通りなら正月は大人しく過ごす。
ロッテと過ごしていた今年の三ヶ日も、それは変わらなかった……が、
来年はどうする……初詣位は良いか?“妹”も増えた事だしな、有無。

「……ふむ、では天候次第だが……近所の神社にでも詣でてみるか?」
「いいんですの、マイスター?それはそれでわたしも嬉しいですけど」
「構わんさ。お前達と過ごす様になり私も代わった、という事だろう」
「あ、ありがとうございますっ!今から、願掛けする事決めないと!」
「ボクは御神籤が楽しみかな。大吉が出てくれると嬉しいんだよ……」

ロッテが若干心配そうな雰囲気だった物の、私の決定で納得したらしい。
……彼女だけは“その日”を『知っている』からな。心配してくれるのは
当然と言えたかもしれん。しかし今、私には前へ踏み出す努力が必要だ。
何を、だと?……何れ分かる事だろうな。そんな予感がするのだ、有無。

「まぁ、そういう訳でのんびり年末年始を楽しむ余裕はあるという訳だ」
「はいですの、それなら……わたしも精一杯楽しんじゃいますの~っ♪」
「そうと決まれば、お節等の買い出し等もせねばならんな。出来合だが」
「……流石に一からお重を作るのは、大変だと思うんだよマイスター?」
「ですね~、そこはしょうがないかもしれません。予約も手遅れですし」

鈴が鳴る様に笑うアルマ、冷静にツッコミを入れるクララ。そして何より
己もはしゃぎつつ、それを眩しそうに見守るロッテ。思えば皆の個性を、
最近は特に実感する様になってきた。“私達”の生活に、互いが欠かせぬ
存在となってきた証であろう。となれば、来年は益々皆を大事にしたい。

「……でも、来年は皆どうなっちゃいますの?ふと、思ったんですけど」
「あ、それ……あたしも思ってたんですよロッテちゃん。何かこう……」
「何かがありそう、って予感かな?それならボクも感じるんだよ、うん」
「皆、認識を強めつつあるか……何なのだろうな、この謎めいた感情は」

しかし、保守的ではいられない何かが起こる。私達の直中を吹き抜ける、
新鮮な風の予感を、全員が感じていた。それは、年の瀬が近付くに連れて
“確信”へと変わりつつある程の、強い感覚だ。それは大きな嵐なのかも
しれないし、爽やかな風なのかもしれん……不安と期待の混ざった直感。
ともあれ得体の知れない“何か”を、この時点の私達は感じていたのだ。

「……まぁ、気に病んでも仕方がないと言えばその通りだな。どれ……」
「あ、マイスター!わたしは、あったかいダージリンがいいですの~♪」
「……紅茶を入れてやろうか、と言おうとしたのに勘が冴えるなロッテ」
「温かい紅茶が丁度欲しくなる様な話のタイミングだったんだよ、うん」
「ええ……席を立ち上がった時に、そんな雰囲気がしましたからねっ♪」
「む゛、そ……そんなに分かりやすいか私は?何だか少々ショックだぞ」

思考というか間合いを読まれてしまい、私はつい紅くなる。それを見て、
三姉妹はおかしそうにまた微笑むのだ。その笑顔が、堪らなく可愛いッ!
多分私の頬も盛大に緩んでいるのかも知れん……全く、罪作りな娘らだ。

「と、動揺してばかりもいられぬな。まだ年末年始の準備があるのだぞ」
「……マイスター、ならそろそろ締めちゃう?“嵐の前の静けさ”だよ」
「そう、だな……“聖戦”組も今日は来ぬだろうし、閉じていいだろう」
「あ。それなら一足先に“本日終了”の看板を、外に出してきますね?」
「有無、頼むぞアルマや。その間に、紅茶を一通り揃えてしまうからな」
「外は寒いですから早めに帰ってきてくださいの、アルマお姉ちゃん♪」

“新しき”何かへの予感と“古き”何かへの畏れ。その精算が出来る様、
来年は一層奮起していきたい、と私は思う。ロッテ達にも、それぞれ別の
“抱負”や“意気込み”が在る事だろう。私は、それも叶えていきたい。
……その為に、今だけはゆったりと。静けさをたっぷりと、楽しもうか。

「うぅぅ……さ、さむいです~。早く紅茶ください~、マイスター……」
「情け無い声を出すでない、アルマや。もうすぐ蒸れる、すぐに出そう」
「……ボクらは凍え死んだりしないから、心配ないと思うんだよ?うん」
「それでも、寒いよりは暖かい方がいいですの~♪身も心も、ね……?」

──────来年は、もっと皆が幸せになれます様に。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー