メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主の無き華と、新しき風(後半)




私は、アルマ・ロッテとクララに強請られて新作を着せてやる事とした。
尤も“菫色”だけは、そのまま手を付けぬ。誰に着せるべきか、結局私は
判断が付かなかったのだ。いずれ打開策が見いだせたら……とは思うが、
それよりも今は目の前の着替えだ。こう、なんというかドキドキしてな?

「ん……ニーソックスとブーツまで、ちゃんと細かく出来てますの~♪」
「そ、そうか?お前達の“硬質の肌”を侵さぬ様に、質感を厳選したが」
「大丈夫です、よマイスター!これ、引っかからないし快適ですっ!!」
「な、ならいいのだがな!?……う、うぅ。ほれ、ブラウスだぞクララ」
「よいしょ……マイスター、何故か顔赤いけど風邪でも引いたのかな?」
「う゛!?そ、そんな事はないッ!至って健康だぞ私は!!……多分っ」

実は“告白”以後、私が手ずから服飾を着させるのはこれが初めてだ。
ジャケットやスカートの類に始まって、“フィオラ”で培った神姫用の
アンダーウェアまでも完備したトータルコーディネイト仕様のそれは、
神姫にとってもなかなか手間の掛かるお洒落となっていた。だがしかし
それだけに、こう……彼女らが着替える姿はとても眩しく見えたのだ。
け、決して疚しい心がある訳ではないぞ!無いったら無いのだッ!!?

「……マイスター、マイスター。もう皆着替え終わったんだよ、ほらっ」
「はえ?!そ、そうか……ついつい夢中になってしまったな。どうだ?」
「とても軽くって、動きやすいですの~☆ほらっ、くるっと一回転ッ♪」
「うわ……こ、こほんっ!スカートが上手くパニエで膨らんでいるな!」
「帽子も被りやすくていいですよ♪戦闘には少々辛いですけど……うん」

そう。今回は割と、戦闘より日常を意識した設計となっている。一応は
防御能力もあるのだが、戦闘に役立つ程の動きやすさや耐久性は無い。
私の心情が反映されているのかもしれんが、今回はそういう服なのだ。

「テーマは『春の虹』だ。橙と藍、黄色のワンポイントがあるだろうっ」
「あ、飾りの色が確かにそうなってますの!“紫”にも、ありますの?」
「藍色メインでな。橙と黄のブローチも作ったから、全色揃う事になる」

紫を暗めの色とはせず、藍色はワンポイントに。あくまでも全パターン、
『明るい春の装い』という意識で配色している。華やぐ春の日に似合う、
可憐な服を着せてあげたい。そういう想いが、やはり私の胸にあるのだ。

「ともあれ、色調以外はその形式で作ろうと考えているが……どうだ?」
「問題ないですの、マイスターとお揃いで歩くのが楽しみですの~っ♪」
「そうですねぇ、皆でコレを着て春の公園とかでお散歩するんです……」
「……アルマお姉ちゃん、微妙に不吉な言い回しって気がするんだよ?」

バツが悪そうなアルマを撫でて、私はココアを用意する為に席を立った。
温かそうな湯気と香ばしい匂いが、五感を刺激する。四人前の飲み物は、
冬の冷たさと“新しい風”の予感に震える私達を、癒してくれそうだな。

「まぁとりあえず、これでも呑むとしようか。お前達も冷えるだろう?」
「あ、いただきます……わぁ、甘くて美味しそうなココアですね……♪」
「ん……んく、んく……美味しいんだよ。なんだか、気持ちが解れそう」
「春になったら、また違う味だと思いますの♪そういう予感がしますし」
「どういう予感だ、ロッテや?口振りからすると、色々ありそうだが?」

私の疑問に、ロッテは唇へと指を当てて考え始める。恐らくは、自分でも
明確な認識になっていない、でも確実に感じている“何か”なのだろう。
カップを躯全体で抱えていた一人の神姫は、徐にその“感触”を述べた。

「よくわからないんですけど……何かがあるって、確信していますの♪」
「“確信”か……私も何かを感じている、それが何かは分からぬのだが」

私が感じていたのは『“告白”を乗り越えた先にある何か』なのだがな。
しかし、私達はそれを掴みかけていた……何かが起きる、という確証を。

「……ボクも、この先に何かあるって気はしてるんだよ。多分大事な事」
「ですね……でも、それを畏れてたら何処にも行けなくなっちゃいます」
「全くだ、なるようにしかならん。私も、踏み出さないとな……あちッ」

ココアの温かさが、舌を刺す様な熱さにも感じられて、私は少々驚いた。
それを見て、三姉妹達はクスクスと笑い出す……よほど滑稽だったのか?
しかし先程のカップル共とは違い、彼女らに笑われるのは悪くなかった。

「全く、笑う物でないぞ。しかし、お前達と居るのは本当に心地が良い」
「……あたしもです。マイスターや皆と一緒にいると、満たされますね」
「ぽっかりと欠けてた“何か”が埋まる様な……そんな感覚だよ、うん」
「それならもっともっと、皆の暖かい心で皆を満たしていきますの~♪」

──────私の心も満たしてくれる貴女達、春の様な暖かさだね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー