メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

光の刃と、真心の白き翼(後編)




全く予期しない言葉だった。私を、そして姉妹を“大切な人”であると、
認識して立ち直った夜の事が思い出される。あの時に、ロッテのCSCを
満たした想いの正体。それが、その……私への“恋慕”だったとは……!
アルマとクララも、ロッテの言葉に衝撃を隠せない。黙りこくっている。
指示……否、声援さえ出すのも忘れ、皆がロッテの戦いに見入っていた。

「退けさせてもらいますの。大好きな人の、笑顔の為に……!」
「私もだ、命より大事な主の為……ここは最後まで戦うッ!」
「……ライナスト、フィオナ、ウィブリオ。行きますのッ!!」
『キュィィッ!!』
『Yes,sir(姿勢維持に気を付けて下さい)』

超高速で肉薄を計るロッテに対し、フリッグは剣からエネルギーの刃を
撃ち出した。だが、ロッテはそれを避けようともせず、真正面に進む!
しかし不思議と、皆に焦りや絶望はなかった。全ては“信じる”故に!

「避けぬ、だと……!?」
「……3、2……1、0ッ!!」
『キュッ!!』
『Yes,sir(強襲します)』
「馬鹿な。装備を分離させて、飛び上がった……!?」

後少しで接触するかという所で、ロッテは奇策を執った。ウィブリオと
フィオナを分離し、フリッグの元へ先行させたのだ!竜はその両手に、
レーザーブレードを。騎士は、手に可変式のガンブレードを携えてな!
しかしこれでは、飛行能力の乏しいロッテは追従出来ない筈だが……。

「己自身は何もしないつもりか、ロッテよ!」
「いいえ……今から、行きますのッ!!」
「な──こ、これは……白き翼!?」

そう考えた所で、皆が……フリッグさえ息を呑む。自由落下に入りかけた
ロッテが掲げた魔剣ライナスト。その蒼き刃から“白き雷の翼”が一対、
彼女の全身を包み込む様にしてはためいたのだ!これは、まさか……!?

「さぁ、行きます……“翼よ、雷より速く舞え”!」
「ぅ、ぬぉぉぉおッ!?やらせはせん、やらせは……ッ!」
『ロッテめ、あの晩に教えた“電磁浮遊システム”の理論を……!?』

四日前の夜、私はロッテに仕組みを教えた。だがそれだけで何故飛べる?
最早検証は追いつかない。白翼で天を蹴ったロッテ……彼女は閃光となり
先に飛んでいた騎士と竜に追い付き、併走……そして、瞬時に散開した。
白き翼と、両手に填めていた“マビノギオン”の補助ブースターを駆使し
神姫唯一つの身でありながら彼女は疾風の如く天空を掛け、襲いかかる!

『キュィィィィーンッ!!!』
「ぐ、あぁぁっ!?」
『キュィッ!!』

最初に仕掛けたのは、ウィブリオだった。全身を覆う真空波……即ち、
“ブランド・ダイナスト”で強化した“ソニック・ブランド”を転用、
真空の矢として、己の翼を用いてフリッグに撃ち出したのだ!見えざる
一撃にフリッグは打ち据えられ、斜め下に叩き落とされる。そこには!

『Yes,sir(零距離射撃を敢行します)』
「ぐぅっ!?し、ま……装甲の隙間に……うあぁぁぁっ!!?」
『Yes,sir(射撃終了、第三波に備えます)』
「ぐぅっ!?これは、コンビネーション……ッ?!」

ガンブレードを構えたフィオナが居た。彼女は“ソードダンサー”部分を
狙うのではなく、武器の特性を活かして装甲の隙間に銃身を突き込んだ!
そして一気に銃弾を放出し、内部のフリッグ自身へとダメージを与える。
更に間髪入れず、彼女は細い脚部で斜め上にフリッグを蹴り上げた……!

「そうですの。高速飛行中でも安定している、これがわたしの真骨頂!」
「ぐ、あ……ッ!?ロッテ、そなた……!」
「……“白き雷を撃ち放て”、ライナストッ!」
「ぐあぁぁああっ!?」

その先に、背後へと高速で回り込んだロッテがやってくる!彼女は刃を、
“ソードダンサー”に突き立て、魔剣の雷を撃ち込んだのだ。その圧力は
フリッグを更に斜め下へと撃ち落とす。その軌道は……正三角形だった!

「ウィブリオ、フィオナ!付いてきてくださいですの!!」
『キュッ!!』
『Yes,sir(レーザー・ブレードを使用します)』
「ライナスト、無理させてごめんなさい。もう少しですの……!」

しかしロッテ達は留まらず、墜ちるフリッグに追随する!見れば、三人の
手には光の刃が六本もあった。ウィブリオのライトセイバー、フィオナの
レーザー・ダガーをブーストしたレーザー・ブレード。そして、ロッテの
ライナストより噴き出す、一対の白き翼。それが一斉に、襲いかかった!

「フリッグさん、これで……最後ですの!!」
「くぅ……う、ぉぉっ!?」
「神儀、トライゴンフェザー……ストライィィィクッ!!!」
「ぐ、ぐぅぅ……ォォォァァーッ!!!?」
「……一丁上がり、ですの!」

目視すらも追い付かない、絶対の刹那。その一瞬に、六つの“光の羽”で
フリッグは切り裂かれたのだ。ロッテ達が離脱すると同時、その身に纏う
“ソードダンサー”は負荷に耐えきれず、爆散した……勝負有りだッ!!
それを見届けて、ロッテは空中前転をしながら“白き翼”を消し去った。
そしてウィブリオに跨るや否や、落ちていくフリッグを抱き留めたのだ。

「……ぅ、ぅ。成程、想いの力は“本物”だった、という事か」
「口にしちゃいましたの。まだ早いと、思ったけど……我慢出来なくて」
「恥ずべき事ではない。それがそなたの“真心”なのだろう……?」
「はいですの……でも、マイスターにそれが届けばいいですけど……」
「……想いは必ず届く。そなたら程の主なら、一番分かっているはずだ」
「は……はいですのッ!本当に、有り難うございます……」
『ノックダウン!!勝者、ロッテ!!』

──────そして現れた、真心。その想いは、どこまでも強いのかな。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー