メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そして大切な物と、見出したる光




あの大敗より三日目の夜……わたし・ロッテは、この暗い店舗に居ます。
手にマイスターが以前くれたペンダントを握りしめ、ずっと考えますの。
『自分は果たして何の為に戦って、誰の為に一体何をするべきなのか』?
これはわたしだけの事じゃなくて、アルマお姉ちゃんとクララちゃん……
そしてマイスター自身にも突きつけられた、フリッグさんの問いですの。

「今日はここか、ロッテ。そろそろ寝ぬとバッテリーが切れてしまうぞ」
「……大丈夫ですの。ちゃんと御飯も食べましたから、多少保ちますの」
「そうは言っても、普段より摂取量が少ないだろう……皆、そうだがな」
「あれから、わたしはずっと考えますの。考えきれない位、想いますの」

背中に感じる、マイスターの吐息。多分、さっきまで騒がしかったのは
わたしを探していた所為ですの。でも、今は……貴女の顔を見るのが、
とっても辛いですの……マイスターの為と言いながら、わたしは……。

「……わたしは、ただ自分が気持ちよかっただけなんじゃないかって」
「ふむ……私を詰っても構わぬ、この際心情を全部吐き出してしまえ」
「マイスターの作る服はとってもお洒落で、作った武器は頼もしくて」
「有無。無論、そうあるべきと願い作った物だからな……それはいい」
「ですけど、それに慣れきってましたの。それに甘えていましたの!」

マイスターの与えてくれる物・時間・心、それが心地よかった。だから
それを当然と思って、甘えきってしまいましたの。“強い事”こそが、
当然だなんて……怖い考えさえ在った気もしますの。何故か震える手を
必死に堪えながら、わたしは続けます……“弱さ”を、隠せないから。

「わたしは自分が赦せないですの、マイスターを利用しただけの自分が」
「……そう、思うのか。いや、今この言葉だけは……『そう思うの?』」
「え?マイスター、泣いて……それに、その言葉って……その……!?」

普段と全く違う口調で、わたしを背中から包んだマイスターの言の葉は、
今まで聞いた事がない程に、儚く哀しげで。鈴を鳴らす様に、繊細な声。
そして普段の気丈さを全く感じさせない、『少女の言葉』でしたの……。
でもそれも一瞬。咳払いをして……普段通りの口調で、問い掛けますの。

「……私はな、お前達を戦いに送り出して良かったと思っているのだぞ」
「どうして、ですの?ただ戦って、勝ったらはしゃいでただけなのに!」
「だからだ!その笑顔を見て、私は思ったのだぞ……『嬉しい』とな!」
「え……笑顔……?わたし達の“笑顔”……ですの?マイスター……?」
「そう。私の力を以て、皆……時には他の神姫にも、笑顔を灯してきた」

それはとても微力な事。でもマイスターが、常に心がけていた事ですの。
神姫達に笑顔を。わたし達が、そして灯さんの神姫達やお客様達が……。
常に笑ってくれるからこそ、ここまでやってこれたのだと。マイスターは
そう言って、わたしを胸に抱き寄せてくれましたの……とても、暖かく。

「そして、側にいるお前達にも笑ってほしいと思い。全てを為してきた」
「……それがマイスターの、『誰の、何の為に戦うか』って事ですの?」
「そうだ。全ては隣人たる神姫達、そして私の側にいるお前達の笑顔故」
「……大切な人の、笑顔の為に……たったそれだけで、大丈夫ですの?」

私の最後の迷いに、『とても大事で、十分な理由だ』と言って。貴女は
優しく抱いてくれましたの。でも、まだ残っている疑問。それは……。

「“マイスター”が“便利な道具”ではない事は、ハッキリしましたの」
「……嗚呼。まだ『誰の、何の為に戦うのか』以外にも宿題があったな」
「はいですの。わたし達にとって『“マイスター”とは何なのか』って」
「そして同時に、私にとって『“三姉妹”とは何か』と……言われたな」

そう、『大切な人の、笑顔の為に戦う』。それは忘れかけていた、重要な
事柄ですの。これがまず一つ……でも、その“大切な人”って何ですの?
フリッグさんは“それ”をちゃんと認識してほしいと、願ってましたの。
マイスターは、暖かくて凛としていて……そして時にお茶目で優しくて。
何より、こう……貴女の事を思うと、胸の辺りが暖かく感じられて……。

「……色々言葉は思い浮かびますけど、まだ一語にはまとまりませんの」
「アルマとクララもそう言っていた……更に私もだ。明確にはならぬな」
「唯の“大切な人”で済ませてしまうのは楽ですの。けど、それは……」
「有無……それで済ませられぬ気がするのだ。もっと深い何かがある筈」

“存在”を認識した時、わたしはそれを言葉にする怖さも感じてました。
ですけど、何時かはマイスターに告げなければならないですの。だって、
永遠にチャンスがあるとは限らないですの。それはアルマお姉ちゃんも、
クララちゃんも……マイスターさえきっと感じている事ですの。だから!

「何時かちゃんと言葉に出来る日が来たら、必ず言いますの。だから」
「有無、待っていてくれ。その時は必ず、皆に告げよう。その言葉を」

『わたし達は“笑顔”の為に戦い、“大切な人”の為に歩いてゆこう』。
まだ解決しきれない“問い”にも、一応の光明が見えてきましたの。なら
後は、フリッグさんに剣戟を通して伝える……その為には、特訓ですの!

「マイスター、散々困らせちゃってごめんなさいですの。でも、大丈夫」
「……その笑顔だ。そうして笑ってくれるならば、私は何でもしよう!」
「はいですの♪なら、明日から色々手伝ってくださいですの。まず……」

──────見えてきた大切なモノ……その手に残るのは、何かな?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー