メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 

 私の名前は田端 神楽。読書と妄想が趣味のピッチピチ高校一年生。
 実家は山形の奥の方で、今は実家を離れ一人でアパートに住んでいる。
 築何年かとか家賃とかは忘れた。全部親がやってくれたから。感謝。
 ただ一つ覚えているのは、一人暮らしに十分な広さを持つ部屋だと言う事。
 私の部屋が二階にある事と端から二番目だと言う事。
 そして、隣の部屋の住人は同じ高校の生徒だと言う事。
 そして、彼女とは読書仲間である事。
 最後に、その彼女が熱を出して寝込んでいると言う事。
 もひとつ最後に、今私が居るのはその彼女の部屋の扉の前と言う事。
 トントン。
「田端か」
 ノックとほぼ同時。嘘。少しして扉が開かれた。
 この部屋の住人、戸坂 加奈美は容姿端麗素行良法、ないすばでいの美少女だ。
 特徴は腰まで届く黒髪に、大きな胸。
 その姿は一度見てしまえば忘れられない、そんな美味しそうなおんなのこであるはずなのだが。
「加奈美、暫く見ないうちに男みたいに」
「何ボケてんだ。とっとと入れよ」
 何故かそこにいたのは短い髪をぼさぼさにした眼つきの悪い不良少年、越裏宗太だった。
 何故彼がここにいるのか。もしや加奈美とあーんなことやこーんなことをしていたというのか。
「いらっしゃい、神楽……横になったままで御免なさいね」
 古本屋でも開けそうな本の山。
 本の山に埋もれるように加奈美は布団の中で横たわっていた。
「気にしない」
 台所に立ちつくす宗太を横目に加奈美に近づく。
 といっても三歩もあるけば加奈美の枕元に到着だ。
「具合は」
「ちょっと熱があるくらい……そんなに辛くはないわ」
 そうは言うがな、大佐。
 加奈美の頬は赤く染まり、瞳は潤んでいる。
 そしてそのしなやかな肢体は布団に隠れて分らないが、襟元を見ればピンク色の寝巻を纏っているのが分る。
 規則正しく上下する胸の膨らみが寝巻の襟もとから垣間見えてしまって、私の精神は臨界点を突破しそうな勢いだ。
「熱は37度弱……まぁ何時ものと同じだ」
 この朴念仁め、この好機に何を悠長な事を抜かしているか。
 こういう場合は部屋を訪ねて直ぐにいただきマンモス、ごちそうさマンマするのがフツーだろうに。
 欲をいえば一通り終わって一息ついた頃に私が訪ねて二人であたふたして欲しい。
 そうすれば私も長年の夢だった「お邪魔虫はとっとと出て行く」とか「お楽しみの途中だった」とか言えるのに。
 と、そこまで考えてある事に気付いた。
「……この時期に珍しい」
 加奈美は生まれつき病弱だ。出会ったのは今年だから詳しくは知らないけども。
 それでも、この半年間の間に4回は寝込んでいる。
 だけどそれにもある程度の法則がある。
「寒暖の差は無い……」
 加奈美は季節の変わり目に決まって体調を崩す。
 それは短い付き合いなれど完全に完璧に究極に熟知している。
 それが、こんな気候が安定して冬にゆっくり向かう季節に熱を出すなんて、原因は激しい運動で汗たっぷりかいたとしか思いつかない。
「ええと……その……」
「まぁ、アレが原因だろうなぁ」
 この反応は一体なんだ。
 加奈美は恥ずかしそうに口ごもり、宗太は苦笑交じりに呟いている。
 これはやはりアレか。ついに幼馴染という鎖から解き放たれたとみてよろしいですね。
「昨日な、こいつ俺と」
「宗太、あんまり詳しく話さないでよ……」
 これは完全完璧究極にアレしかないじゃないですか。
 同意と見てよろしいですね?
「神姫バトルしてよぉ、勝ちやがったんだよ。それで嬉しさの余りぴょんぴょん飛び跳ねてよぉ」
「……はしゃぎすぎちゃったみたい」
 つまんねー。
 ていうか加奈美さん、貴女子供ですか、二つの意味で。
 期待して損した。ていうかこの二人がそう簡単に一線越える訳無いか。
「んじゃ、後は任せて良いか?」
 このウスラトンカチめ、幼馴染の部屋に来て何もしないで帰るとは何事か。
「ええ、悪いわね宗太。今日もバイトあるんでしょう?」
「今日は休日だし、少しくらい遅れても構わねぇさ。じゃ、速く直せよ」
 ちっ。加奈美の寂しそうな視線やら言葉に気付かないとはとんだフラグクラッシャーよ。
 これだから男は嫌だ嫌だ。
「加奈美、汗は」
 とりあえず、今は加奈美と密室に二人っきりという事象を受け入れ喜ぼう。
「ええ、少し……」
 そうは言うがな、大佐。
 布団越しから見てもピンクの寝巻は大分汗を吸っているように見える。
 ここはやはりアレを、伝家の宝刀アレをやるべきだ。
 と、頭の中で鼻血を噴き出していたその時だ。
 ピピピピピピピ―――。
 とっても機械的なアラームが鳴り響いたのは。
「ああ、ごめんなさいね」
 身体を起こそうとしたので手を貸した。
 その際、加奈美の体臭が鼻孔を擽った。やば、鼻血でそう。
 そんな事とは露知らず、加奈美は本の山を枕もと周辺だけ崩した。
 すると、何と言う事だろう。そこにはどうみても武装神姫が埋もれていたのだ。
「おはよう、シルフィ」
「おはよう、主」
 その神姫は、クレイドルから颯爽と起き上がると加奈美に向かってそう言った。
「お客人か」
 エウクランテ型と見えるその神姫は私を認めるとクレイドルから降りて、私の前に歩み出た。
「私はシルフィ。見ての通り、加奈美の武装神姫だ」
「田端神楽。加奈美のトモダチ」
「神楽殿、とお呼びしてよろしいか?」
「シルフィと呼んでも」
「ああ、私は構わない。では、今後ともよろしく。神楽殿」
「こちらこそ」
 そういえば、加奈美から神姫を買ったと言うメールが来ていた。
 このシルフィが件の神姫か。
 加奈美に似て、とても美味しそうな神姫だ。
「二人とも、仲良くなれそうね」
 加奈美が床に潜り込みながら言った。
 そういえば加奈美は病人だった。
 私はその看病をしにここに来ていたのだった。
「……主、具合が悪いのか?」
「ええ、昨日の夜、シルフィが寝た後に熱が出ちゃってね」
「主よ……何故私を起こさなかったのだ? 例え神姫の身と言えど、手伝いくらいは出来た筈だ」
「シルフィが気持ちよさそうに寝ていたものだから、起こしたら悪いと思ったの」
「そんなもの、主の事とは比べるまでも無いではないか」
「そう? これくらいならいつもの事だから、シルフィを起こすまでも無いと思ったんだけど……」
「そこまで」
 この二人、仲が良いのは良く分かった。
 だけど、ほっとくと何時までもエンドレスしそうだから早めにきりあげるとしよう。
 そして、めくるめく夢のお仕事を私にやらせて頂こうか。
「加奈美の汗、拭く」
「お願いしていいかしら?」
 加奈美の言葉に、無言で頷いて答える。
「私も、何か手伝おう」
 シルフィが力強く言った。なるほど、この子はかなり責任感が強い娘のようだ。
 しかし、神姫に出来る事は限りがある。
 確かにそれだけちっちゃければあーんな事やこーんな事が自由自在だろう。
 だけど、今の様な場面ではそれはデメリットにしかなりえない。
 加奈美もそれを察してか、少し気まずそうな視線を泳がしている。
「案ずるな。私にはヘンデルがある」
 そう胸を張りながらシルフィは言い放ち、部屋の片隅に鎮座する外骨格を纏った。
 なるほど、それならまぁまぁ邪魔にはならない。
 加奈美もそれを考えてか、私に視線を向けてくる。
 そんな熱い視線を向けられると、色んなところがオーバーロードしそうだ。
「問題無い」
 シルフィと、そして暗に加奈美に応えて軽く頷いて見せる。
 ああ、加奈美が嬉しそうに笑っている。やば、色々爆発しそう。
「タオルを」
「了解した」
 シルフィには汗を拭く為のタオルを頼むとして、私はぬるま湯を用意するとしよう。
 台所にある薬缶に水を入れ、火にかける。
 熱すぎてもぬるすぎてもいけない。万が一熱湯になれば加奈美の柔肌を傷つける事になるのだから。
「神楽殿、タオルはこれでよろしいか」
 タオルを抱えたシルフィが戻ってきた。
 神姫にしては大きく、人間からしたら大した大きさでは無いハンドタオルだ。
「ぐっ」
 親指を立ててシルフィを肯定する。
 それと同時にコンロの火を止めて、中を覗く。
 温度は多分、50度くらいか。
 このままでは少し熱すぎるだろう。
「洗面器を」
「了解した」
 お湯を張る洗面器はシルフィに頼んだ。
 だけど、それすらも時間稼ぎにはならないだろう。
 薬缶の中を再び覗いてみたが、いい温度になるにはまだまだ時間がかかりそうだ。
「神楽殿、洗面器はこれで、よろしいか」
 お風呂場の方からよたよたしながらシルフィがやってきた。
 ヘンデルを介してもなお大きな洗面器を抱えているシルフィは、なんだかとっても微笑ましい。
「もらう」
 それを直に受け取り、キッチンのテーブルの上に置く。
 置いた洗面器の中に、薬缶で熱したお湯を移し変える。
 洗面器の中のお湯はもうもうと湯気を噴き出している。
 控えめに見ても、50度以上ある。
 ……おかしいな。
「どうされた、神楽殿」
「お湯が冷めるまで待つ」
「了解した」
 さて、ここでお湯に水入れて冷ましても良いけど、それはそれで面倒くさい。
 ここは、ここぞとばかりに加奈美との時間を満喫しよう。
「何か飲みたいものは」
「そうね……温かい紅茶が飲みたいわ」
「分かった」 
 加奈美の飲みたそうなものは、大抵頭に入っていて、我が家にストックがある。
 加奈美の部屋から私の部屋まで五秒もかからない。
 速攻で取ってこれる。
「ああ、それとウィンとレミンにも会いたいわ」
「……分かった」
 加奈美の声を背に受けて、私は加奈美の部屋を飛び出した。
 外に出て一歩二歩三歩で私の部屋。
 加奈美が待っている。一刻でも時間が惜しい。
 この前通販で取り寄せた茶葉があった筈だ。
 とりあえず、食器棚辺りからひっくり返してみよう。
「あの……司令官」
 食器棚の引き出しを引っ張りだし、ひっくり返した時。
 不意に背後あたりから声がかかった。
 普通の人間なら聞き逃してしまいそうな声、私も危うく聞き逃してしまいそうな声。
 振り返れば、そこには気弱そうに佇むヴォッフェバニーの姿が、私の第一神姫ウィンの姿が、茶葉の缶の隣に有った。
「良く分かった」
 自分で言うのも何だが、私は色々なモノを無くす。
 その度に部屋中引っ掻き回す事になる。
 そんな折、ウィンは一番速く探し物を見つけだす。 場合によっては探し始める前に見つけ出す。今の様に。
「自分、ウサギですから……」
 兎型のウィンは当然集音能力が高い。一戸隣の加奈美の部屋での会話も筒抜けだろう。
「……行く」
 ジョルジの缶を開け、中の香りを一息吸い込む。
 ああ、加奈美の喜ぶ顔が目に浮かぶ。
「あ、はい。お気を付けて」
 相も変わらず気弱そうにウィンは言った。
 さっきの会話を聞いていたならば分かることなのに。
 謙虚さもここまで来るとダメダメだ。
「ウィンも」
「え? ……あ、はい!?  わかりました!? 」
 ウィンを頭の上に乗せて、加奈美の元へと急ぐ。
「あれ、司令官と隊長、お出かけッスか? 」
 私の布団の上、雑誌を読みながらレミンが言った。
 何時もなら構ってやる所だけど、今はその暇すらも惜しい。
「留守番」
 そう言い残し、私は駆け出した。
「自分も行きたいッス!」
 レミンがそう叫ぶころには、私は加奈美の部屋に舞い戻っていた。
「おかえり、神楽」
 そんな私を出迎えてくれる加奈美の声。
 甘くて、優しいその声の主に思わず抱き着きたくなるけど相手は病人、自重しよう。
「それにウィン、久しぶり」
 その言葉を受けたウィンはさぞかし嬉しそうな顔をしているのだろう。
 頭の上に居るウィンの表情を窺い知ることはできないが、余裕で分る。
 少し妬ける。
「神楽殿は素早いのだな」 
 どうやってそこまで登ったのか、シルフィは台所のテーブルの上に居た。
「挨拶」
 ジョルジの詰まった缶を台所に置き、頭の上に声を掛ける。
「シルフィさん……ですね。私はウィン、見ての通り司令官の神姫です……よろしく」
 少し声が小さいけど、これだけ言えれば充分だろう
「こちらこそ、よろしくウィン殿。時に、何故私の名を?」
「私、ウサギ型だけに耳が良いんです……御隣でずっと聞いてましたから……」
「そうか、そうなのか……少し、気恥しいな」
「あぅ……ごめんなさい」
「いや、気にしないで欲しい」
 ……内向的なウィンがここまで会話するとは、例え相手が神姫で合っても珍しい。
 趣味の会うパーシでさえここまで会話は弾まないのに。
 まぁ、パーシの場合の問題点はウィンにあるとは思わないが。
「シルフィは誰とでも仲良くなれるのね。嬉しいわ」
 加奈美が嬉しいのなら私も嬉しい。
 もとい、シルフィにはそういう人づき合いの才能があるのではないだろうか。
 流石は加奈美の武装神姫だ。
「あぁ、そうだ。神楽殿」
 照れくさそうにシルフィが言った。
「お湯は良い加減だと思うのだが、どうだろう」
 シルフィに促されるまま、洗面器を覗いてみれば、成程。湯気の量からしてお湯の温度はそれほど高くなさそうだ。
 これなら加奈美の汗ふきフィーバータイムにも使えるだろう。
 だがしかし、私は加奈美のリクエストである紅茶も淹れなければならない。
 加奈美は平然と会話をしていて忘れそうになるが、立派な病人だ。
 熱もあるし、汗もかいている。早急に着替えさせなければまずい。
 だが、加奈美自身が紅茶を飲みたいとも言っている。
 病は気からと言うし、この紅茶で快復に向かう可能性も十分ある。
 しかし、紅茶は何かと手間がかかるモノだ。
 ただティーポッドに葉とお湯を入れて終わり、という訳では無い。
 一つ言える事は、紅茶の用意をすればこの洗面器の中のお湯は確実に水になると言う事だ。
 こうなったら最後の手段だ。
「ウィン、シルフィと紅茶を」
 加奈美の紅茶を私自身の手で淹れられないのは少々口惜しいが、加奈美の柔肌を直に触れる方が上だ。
「あ……はい、がんばってみます」
「紅茶か……淹れた事が無いのだが、大丈夫だろうか」
「大丈夫……簡単だから」
 あとは若い二人に任せて、私は加奈美とのキャッキャウフフに専念しよう。
「加奈美。汗、拭く」
 最初にそう宣言してから行動を開始する。
 まずは洗面器とハンドタオル。タオルは腕に引っ掛けて、洗面器を両手でしっかり持つ。
「初めに……お湯を沸かすついでにカップとポットを温めます」
「了解した」
 シルフィとウィンは着々と準備を始めている。
 これなら、完全にお任せして良さそうだ。
 私は頑張る二人を尻目に加奈美の枕元に向かう。途中、足元に散らばる本を踏まないよう注意しながら。
「寝巻は」
 次に加奈美の着替えの用意だ。
 加奈美自身の汗を拭いても、汗を吸った衣類をまた着ては何の意味もない。
「何時ものでお願い」
 加奈美の返答に頷く事で返し、質素なタンスの引き出しを開ける。
 そこに拡がっているのは、正に桃源郷。
 加奈美が普段、身につけているであろう寝巻が山と詰め込まれているのだから。
 この場に誰も居なければ、目の前の桃源郷に頭から突っ込む所だけど、そんな事すらも今は後回しだ。
 加奈美のお気に入り、黄色い厚手の寝巻を取り出して引き出しを閉める。
 次に、タンスの一番下の引き出しを開ける。
 そこには加奈美の下着が詰まっている。
 華美な訳では無い。それでも、どこか優雅な雰囲気を感じる下着の山。
 中から無造作に一着、取りだす。
 その時、手が震えていたのは気のせいだろう。
 その時、鼻血が出そうだったのも気のせいだろう。
 心の準備と着替えの準備を終えた私は、加奈美へと向き直る。
 視線の端にシルフィとウィンの姿が写りこんだ。
 ヘンデルを装着し、お湯を沸かすシルフィ。
 小さな体を駆使して、カップを用意するウィン。
 彼女達は、彼女達なりに仕事をこなしている。
 私も、仕事をこなすとしよう。
「脱げる?」
 内心のドキドキを隠しながら、平静を装って加奈美に問う。
「ええ、それくらいなら大丈夫よ」
 加奈美は熱っぽい顔で、そう言った。
 加奈美がそう言うのなら、私はただ見ているしかない。
 私がそんな事を考えている間に、加奈美は寝巻のボタンを一つ、また一つを外し始めた。
 加奈美が指を動かす度に、その陶器のように白い肌が露になる。
 首、胸、お腹、おへそ。
 そして、加奈美の上半身全てが露になった。
 熱のせいか、それを隠そうとも恥ずがしがろうともしない加奈美のそれを見ない様、ハンドタオルにぬるま湯を染み込ませる。
 そして、余分な水分を絞りとって形を綺麗に整える。
 音も立てずに加奈美の背後に移動し、呼吸を整える。
 何と無しに、台所に視線を向ける。
「それじゃあ……ポッドに茶葉を入れますから、直ぐにお湯を入れてください」
「了解した」
 真剣に紅茶を淹れようとする二人。
 二人とも、加奈美の為に真剣に頑張っている。
 それなのに、この私が煩悩ごときに屈するわけにはいかない。
「背中、から」
 声は震えていないだろうか。
「ええ、よろしくね」
 指は震えていないだろうか。
「……ん」
 そうして、加奈美の背中に、加奈美の皮膚に、加奈美自身に私は触れた。
 例えタオル越しでも解る加奈美の気配。
 今までこんな近くに居るのに、初めて気付いた加奈美のにおい。
 今まで見ようしなかった、加奈美の火照った横顔。
 それらが全てが、私の五感を侵略する。
 それらは全ては、私の正気を蹂躙する。
 ……待て待て待て待て待て。
 今さっき煩悩如きに屈しないと誓ったじゃないか私。
 加奈美に触れただけでこんな事じゃあダメだろう私。
 こうなったら素数だ、素数を数えるんだ。
 2,3,5,7,9,11,13,17,19,23,29……。
 …………9は素数じゃない!


「ありがとう、神楽」
 加奈美の一声で、私の意識は再び覚醒した。
 煩悩に打ち勝つための無の境地作戦は、暴走の危険性こそ無いけどやってる最中の事を何も覚えていないのが欠点だ。
 最も、加奈美に感謝されるだけで私の心の中は薔薇色だけど。
「……気にしない」
 精神を再起動しながらも、私は何とか発声出来た。
 まともに発音出来たのを褒めてやりたい。よしよし。
「……布団」
 布団の上に上品に座る加奈美の膝まで、かけ布団をかける。
 そこまでやって私はようやく落ち着いた。
 ぼやける頭を奮い立たせて加奈美の汗をたっぷり吸ったハンドタオルを洗面器に沈める。
「あ……司令官、準備……出来ました」
「……そう」
 か細い声でウィンが言った。
 キッチンを見れば、お盆にティーポッドとティーカップを乗せる二人が見えた。
 そして、シルフィはその盆を持ったまま、椅子やごみ箱を踏み台にしつ器用に床へと着地した。
「10点」
 その華麗な体捌きに、私は10点満点の賛美を。
「……ヒヤヒヤしました」
 ウィンは心底安心し、胸を撫で下ろした。
 加奈美は加奈美で、その様子を楽しそうに眺めている。
 とっても微笑ましい光景だが、加奈美は自分が病人だという事をもう少し自覚して欲しい。
 そんな事を考えている間にも、シルフィはサクサクと歩みを進めていく。
 彼女の姿が力強く見えるのは、ただ単にヘンデルを纏っているからではないだろう。
 私は洗面器の縁をなでなでしながら、シルフィの勇姿を見学する。
 真一文字に引き締められた唇、真剣な眼差し。
 まるで戦士のような気迫を感じさせる半面、とてもほほえましいものも感じる。
 そう、それはまるで親の手伝いをして、誉められるのを心待ちにする子供の様だ。
 それはまるで、純粋な子供の純粋な善意の様だ。
 それはまさに、純粋な騎士の純粋な忠誠の様だ。
 どこまでも真っすぐで、どこまでも真っすぐに。
 ただ主に喜んでほしい、ただ主に褒めてほしい。
 それだけを望み、そのために頑張る。
 だからその姿が、そのシルフィの姿が微笑ましく思うのかもしれない。
「シルフィ、もう少しよ」
 加奈美の声に、シルフィの表情が綻んだ。
 ああ、なんて心癒される空間だろうか。
「主よ……お待たせした……」
 シルフィが加奈美の手前、残り数歩と言ったところか。
 丁度私が二人の真ん中に居るような位置で、それは起きてしまった。
 シルフィの気が緩んだのか、それとも足元に何かがあったのかは分らない。
 ただ一つ確かな事は、シルフィが熱々の紅茶が乗っている盆を持ったまま、転んだという事。
 その瞬間、シルフィの表情が一変し、絶望一色に染まった。
 それと同時、加奈美の顔色も変った。
 それはシルフィが失敗した自分を責めると見抜いているから。それを、見たくないからだろう。
「うわぁ!」
 キッチンでウィンの悲鳴が響いた。
 それを聞いた瞬間、私のスイッチが入った。
 手元のハンドタオルを取り、立て膝の要領で一歩前に踏み出す。
 そして、すぐさま身体を左に半転。
 すると丁度、シルフィの手から離れた盆が私目掛けて飛んでくる体勢になる。
 盆の上にあるのはティーポッドとティーカップ。その中で最も気をつけなくてはならないのはティーポッドだ。
 中にはほぼ熱湯と言っても差支えない紅茶が詰まっているだろうそれを、万が一加奈美が被れば素で火傷だ。
 だから、第一に私は持ったハンドタオルでティーポッドを包み込む。
 それと同時にタオル越しに口を右手の人差指で、同じく親指で蓋を押える。
 出口と入口を押さえてしまえば、紅茶は外に漏れる事は無い。ただ、口を押さえた指が凄く熱いけどそんな事は言ってられない。
 次はカップだ。熱湯は入っていないとは言え、割れたりしたら破片が飛び散って、それで加奈美が怪我をするかもしれない。
 気を利かせてくれたシルフィは、盆の上に私と加奈美の分のカップを乗せてくれている。
 その心遣いに感謝しながら、左手の親指と人差し指で二つのカップを挟み取る。
 ティーポットに比べれば、難易度は月とスッポンだ。
 最後に、飛んできた盆をお腹で受け止めて膝で挟んで終了だ。
「……シルフィ、お疲れ」
「え……? あ……か、神楽殿!?」
 シルフィに労いの言葉をかけてから、盆を床に降ろす。
 その上にカップとポットを置いて、タオルを洗面器に戻す。
 一応、カップに罅とか入ってないか確かめて、紅茶を注ぐ。
 ……幾らしたっけなぁ。
「飲む」
「ええ、頂くわ」
 加奈美が凄い優雅で華麗な動作で紅茶を一口含んだ。
 何だろう。この胸のざわめきは……恋?
「美味しいわ、シルフィ」
 まるで天女と女神と大地母神を足して3で割って10かけたような笑顔で加奈美は言った。
 もう色々とオーバーヒート起こしてオーバーフリーズもしてしまいそうだ。
「あ、主……私は……」
 シルフィがまるで叱られる子供のように口を開く。
 なんだかそっち側の趣味に目覚めてしまいそうなくらい可愛いなぁ。
「シルフィ、ありがとう」
 そんな眩しい笑顔でそんな事言われたら、私だったら卒倒するね。
「主……いや、当然のことをしたまでだ」
 気丈にシルフィはそう言った。
 けど、私からは見えた。シルフィが涙を拭うのを。


「加奈美、お大事に」
「ええ、ありがとうね。神楽」
 あれから少し。
 私は紅茶を一杯頂いたし、加奈美の具合も良くなって来たので帰る事にしたのだった。
「……お大事に」
 私の頭の上でウィンが呟いた。
 一番近い私でやっと聞こえる程度の声なのに、加奈美はそれを掬い上げる。
「ありがとう、ウィン。紅茶、美味しかったわ」
 その言葉に、ウィンはえへへ、と嬉しそうに笑った。
「神楽殿……」
 加奈美の肩の上でシルフィが何か言いたそうに呟いた。
 彼女は起動間も無い武装神姫だ。こういう時に何と言っていいのか分からないのだろう。それは私に取っても同じだ。
 ただ一つだけ違うとすれば、私は何をすれば良いのかが分かる事くらい。
「シルフィはいい子」
 それが正解かどうかは分からない。
 だけど私は、シルフィの頭を撫でて褒めてあげる事を選択した。
「……神楽殿、ウィン。今日はありがとう」
 シルフィと加奈美の笑顔に見送られ、私は徒歩三歩の自宅へと帰還した。
「ふぅ……」
 間取りは同じ、ただそこにいる人間だけが違う部屋。
 隣の加奈美の部屋が本で溢れている様に、逆隣のあの人の部屋が神姫で溢れている様に、私の部屋は銃に囲まれている。
 ウィンを頭に乗せたまま、布団に向かって身体を倒す。
「ぐぇ!」
 布団の上でごろごろしていたレミンを押し潰し、私は布団にの上、俯せに突っ伏した。
 ウィンは私が倒れる寸前に飛び降りて、私の顔を覗き込んでいる。
「司令官……音、拾いますか?」
 横目で加奈美の部屋を捉えながらウィンが言った。
 何時もなら、即座に肯定している所だけど。
「必要無い」
「……いいんですか?」
 ウィンが怪訝そうに言った。
 恐らく、ウィン自身が隣の様子が気になるのだろう。
「第四級警戒体制、異常発生時報告」
「了解です」
 即座に敬礼をしたウィンは壁に寄り掛かり目を閉じる。
 きっと壁の向こう側では、加奈美とシルフィが話をしている。
 シルフィは多分、加奈美に謝っているだろう。
 紅茶を溢しそうになった事を、役に立てなかった事を。
 それを悔いるだろう。もしかしたら泣いているかもしれない。
 だけど、加奈美はこう言うだろう。
 シルフィは私の為にやってくれた。それだけで充分。結果なんて関係無い、と。
 だから、私は聞く必要が無い。
「司令官、いきなり何するッスか!」
 お腹の下からレミンが這い出て来るなり文句を言う。
 だけど、私はそれに応えない。
 その代わり、周りに散らばる拳銃の中からマウザーミリタリーを取り上げた。
 グリップを握り、マガジンを詰め、セーフティを外し、トリガーを引く。
「ばん」
 窓に向けられたマウザーが、がちゃりという虚しい音だけを撃ち出した。
 右手の親指が、少し疼いた。
「……司令官」
 不意に、ウィンが口を開いた。少しだけ、焦りの様なものが見える。
「加奈美に電話がかかってきました」
「相手は」
「小さくて良く分かりませんが……男性かと」
 その単語に、身体が一瞬強張る。
 馬鹿幼馴染にしても、今はバイト中でそんな余裕は無い。
「……あ」
 とか何とか考える前に、間の抜けた声でウィンが言った。
「どうしたの」
「えーと……その……」
 少しおどおどし、気まずそうにするウィン。
 そして、意を決したようにこう言った。
「加奈美の……お爺様からでした」
 私は近くにあったBB弾を手早くマガジンに装弾し、銃口をウィンに向けた。
「し、司令官!?」
「何事ッスか!?」
「誤情報は銃殺」
 私の部屋に、乾いた発射音が木霊した。









-
添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー