メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装神姫のリン
燐の22「喪失」

「あ~かったるぃ!!!」

現在月曜日を通り越して火曜日の午前3時。
全く仕事が終わらずに会社に泊まり込みすることになったのだがいっこうに終わりが見えず、PCデスクに突っ伏してみるがそれで仕事が片付くはずもなく、視界の隅に見える書類の山で再び現実に引き戻される。
わかってますよ~前から貯まってた書類だってのはわかってるけど…こんなに貯めたか?

どう考えても先週末に見たときの倍はあるぞ…なんかやっかいごとを回された感じがする。

ああ、わかってるよ!! 日曜日に休日出勤の要請があっても家族で出かけることにしてたから無視した罰だろう?
それにしても増加量が半端がない…

ふて寝しようかな…

「ピンポーン」

???
こんな時間に誰だ?警備のおっさんか? にしても夜勤だって言ってあったはずだが…

「はい…?」
「あ、藤堂さんですね…ダメと言ったんですがどうしてもということなので…」
「えっと、俺に用?」


とおっさんの足下に目を移すと…

「すみません、来ちゃいました」

リンがいた。お出かけ用の服を着て。

「へ?」
「えっと、記録には付かないので安心して。ごゆっくり。」
「はい、ご案内ありがとうございます」
「いえいえ。」

警備のおっさんが帰って行ったところで。リンにどういうことか聞かないと…

「とりあえずだ、何で来た?」
「寂しかったからです。」
「寂しい? 茉莉もティアも花憐もいたろう?」
「そうじゃなくて、マスターが居ないからです。」

そう言うとリンは俺の指を抱きしめるように

「マスターが近くに居ないとダメなんです…」
「そんなこと言っても、仕事なんだから仕方ないだろう?」
「わかっていても、胸が苦しくなるんです!! 今夜なんてマスターとの秘め事の夢まで見てしまって…」
「そんなに…なのか?」
「そんなに…です。今夜の場合はマスターが夜勤だからってこともあると思いますが…」
「まあ、俺の顔を見れて落ち着いたか? なら良いんだけど。」
「はい…落ち着いたはずなんですが…からだが…あつぃ」
「うん? ちょっと失礼…」

リンが恥じらいでほほを染めているのは良くあることだが…
それにしても朱に染まっている部分がいつもより大きい感じがして変なのでリンの額に指を当て…その熱さに反射的に指を引いてしまった。

「なんて熱さだ! こんな状態で…」
「すみ、ませ…」
「リン!! リン!!??」

そのままリンの意識は戻らず素体全体もバカみたいに熱を持っていた。
危うく衣服にも火が付くかという所だったらしい。
仕事がどうとかそんなことはどうでも良かった。
とにかく深夜も受け付けている有名な神姫センターの救急課に電話を入れる。
直ぐに来てくれるとのことだったがどう考えてもあそこからじゃあ30分は掛かる。こっちからも向かってちょっとでも早くリンをセンターに送り届けたかった。
しかしリンの素体の持つ熱はかなりのもので素手で扱うにはキツイ。
それでも、愛する者を助けるんだ。
大切な者を失いのに比べたら火傷なんて屁でもない!!

「リン、絶対助けるから」

反応を示さないリンを左手で抱えて…リンはもっと苦しいはずなんだ…耐えろ俺。
そうしてオフィスを飛び出して会社の業務用車両で神姫センターへと向かう。
電話は常時接続でセンターと繋げてGPSでむこうの車両との合流のための指示を仰ぐ。
そうして15分ほどでむこうがなの車両と合流。直ぐにリンは緊急用カプセルへと入れられて神姫センターの車両へ。
センターまで俺は後ろをついて行くことになたが、この間もリンが心配でならなかった。

センター到着と同時に緊急治療モジュールへと入れられて、あとはモジュールの診断結果とそれによるスタッフの応急処置に頼るしかなかった。
そしてセンター到着から20分。処置が終了したらしい。

部屋から出てくるスタッフに食ってかかるようにして聞いた。
「リンは…大丈夫なんですか?」
「……」

スタッフは悔しそうな顔をして口を紡ぐばかり。

「まさか…なにも出来なかったって言うのか…」
「……もうしわけございません、こちらの施設では原因をとくtぐふ…」

気付いた時にはスタッフを殴っていた。一応は武道を習っていた拳で…だ。
許されることではない。試合でもあまり決まることの無いほど腰の入った威力のある拳だった。相手は相当痛かったはずなのだ。

「…すみません。本当にすみません!!」
「いえ、こちらもなにも出来なかったことが悔しくてならないのです…」

謝ることしか出来なかった、ただここの設備で何とかならないとすれば技術屋頼みになるだろう…とのことだった。

「とにかく、現状は素体内の冷却液を専用の冷却器を通して循環させています、なので内部パーツへの深刻なダメージは出来るだけ押さえられていますが原因を特定しないことには手の打ちようがありません…」
「いえ、熱を逃がすことさえも自分ではどうにもならなかったんです。貴方には感謝してます。殴ったりして…本当にすみません。」
「こちらこそ、それだけ神姫を大切に思ってくれていると言うだけで自分はうれしいです。」
「本当にありがとうございました…」
「いえ、私は技術屋の方に連絡してみます。あの子のそばに居てあげてください」





リンが原因不明の発熱を起こして"入院"してから3日が経った日の夜

「お姉様…早く元気になって…」

あのいつも強気なティアが顔をぐしゃぐしゃにして泣いている。
さっきまでは気丈に振る舞っていたらしく、心配はもちろんだがいつもどおりだと思っていた。
しかし俺と茉莉が飲み物を買いに出て数分の間に我慢がならなくなったようだ。
扉を開けようかと迷ったがもう一往復してくることにした。

茉莉はリンに付いている俺に食事や服を持ってきてくれるが、残ることはしない。

「家に帰らないと花憐ちゃんが寂しがるから、あと私は主婦なんだから家の管理もちゃんとしないと行けないの…リンちゃんの分まで。だからリンちゃんには亮輔が付いていてあげないとだめだよ。」

と言うのだ。

「しっかりして」
「ああ…」
「また明日の昼に来るから。」
「…茉莉がいてくれてホント良かった。 俺だけだったら絶望してるかもしれない。」

つい、そんなことを口走ってしまった

「もう、バカ…私がこんなふうになっても亮輔はちゃんと付いててくれるんでしょ?」
「当たり前だ…!」

唇が触れる。その間数秒。

「二人とも居ないとダメだ。って大口たたいたのは亮輔なんだから。頑張って」
「…分かった。」
「じゃあ…ね」

そうして茉莉にも励まされ、俺は部屋に戻った。
ティアもいつもどおりに振る舞っていた。
誰もがリンの回復を祈っていた。





入院から1週間が経つ日。

「リン、今日も天気が良いぞ。早く元気になってくれよ…」

リンの手に小指をかけるようにして支える。
すこしでも俺のことをリンが感じてくれるように、願った。

ふと部屋のドアがノックされる。

「はい…?」

すると…
「なんと! あのときの威勢がなりを潜めて正に小市民ですわ!」
「こら、なんでおまえがしゃしゃり出てくる…引っ込んでろ!」

やけに騒がしい兄妹…てか片方ピザ? 
つまり、鶴畑の次男坊がどこからか情報を聞きつけてやってきた。
あまり歓迎できない付属品を引き連れてと言う状態だったが…

「俺に道を示してくれたあんたの…あなたの神姫が大変って聞いて…」
「で?鶴畑の力を貸してくれるっていうのか?」
「そのつもりで来たんです。」

ちなみに次男坊の芸風(メディアに出ている時の口調や振る舞い)は変わっていないし、ミカエルの強さは健在だ。
ただ、ほんの少し相手に優しくなった…!?と某週刊誌でも取り上げられていた、しかし本来の性格はこんなふうに礼儀正しい奴だったらしい。

「おひさしぶり、藤堂君?」

驚いた。村上 静菜がそこにいた。
以前ある事件でお世話になったSSFの会長さんだ。

「私も力になれないっていうの?」
「いや、そんなことは言ってないですが?」
「じゃあ、力にならせてもらうわ」

そんなこんなで鶴畑(次男の独断なのでそれほど大規模なことは出来ないらしいが)にSSFという強力なバックアップを得てしまった。
これなら…と思う自分が確かにいた。
まだあきらめない。俺は、絶対にリンを救う。
改めて決意した瞬間だった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー