メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

輪舞曲を踊る姫達と、暖かき宴を




私・槇野晶は暫く、三人の神姫をベンチに座って撫でていた。つい先程、
重量級ランクでの初戦という激闘を勝ち抜いた、我が三人の“妹”達だ。
思った以上に神姫素体やAIへの負荷は激しかったらしく、三人とも今は
持参した簡易クレイドルに身を預け、急速充電をしている状態なのだな。

「……よし、異状無し。充電もそろそろ終わる頃だが……辛かったか?」
「むにゃ……そんな事はないですの、マイスター。おはようですの~♪」
「む、起きたかロッテ……よく頑張ったぞお前達は。見事な戦いだった」
「ぅ、っぅうん……マイスター、そんな所を撫でたらボク、ボク……ッ」

妙な“夢”を見て身悶えるクララを、私は落ちつかせる意図で撫でる。
ちっとも落ちつく気配がない物の、ある意味“疲れた”彼女を癒すには
スキンシップと食事に休息が必要だと、思っていたのでな。神姫達は、
決して唯の玩具・機械ではない。精神衛生等も、考慮してやらねばな?

「ふぁあぁ……おはようございますマイスター、何時間経ちました?」
「おはようアルマ。何、まだ二時間も経たぬぞ……外は真っ暗だがな」
「こう暗いと、今から食べ物屋を探して歩くのはちょっと危険ですの」

そう、まだ私達は神姫センターから出ていない。片付けや充電・戦績の
管理に帰り支度……私が色々している内に、日が落ちてしまったのだ。
季節は既に、粉雪が舞い散る冬である。温暖化が大分進んだ東京でも、
極稀に雪は見られる……クリスマス位は降ると、気分が出るのだがな。

「ん……それならこの近くにある牛丼屋はどうかな、マイスター?」
「む、もう充電はいいのかクララ?そう言えばあったな、古い店が」
「インドカレー屋さんでもいいんですけど、ロッテちゃんは……ね」
「アレは一番甘いのでも、ショートしそうですの。堪忍ですの~っ」

くきくき、と躯を起こして捻るクララを抱き上げる。そして私は手早く、
三人に“フィオラ”用のコートを着せてやるのだ。程良く、放熱によって
暖まったロッテ達の躯は、実に心地よい……こら、着替えを見るなッ!?
し、神姫達だけではないぞ。この後私もコートを着たりするのだ、全く!

「……ん?マイスター、あの~。何をキョロキョロしているんですか?」
「はう゛?!い、いやな。お前達の着替えを見てる奴がいないかとな!」
「それなら丁度……今、目の前に居るんだよ。ね、ロッテお姉ちゃん?」
「はいですの、マイスターがわたし達をずっと見てくれていますの~♪」
「あ゛ぅっ!?そ、そんな事言わんでくれぬか皆。意識してしまうぞ!」

多分今、私の顔は夕焼けよりも……ついでに茹蛸よりも紅いのだろうな。
何とかして空気を換えようと、私は一つ引っかかっていた疑問を告げる。
それはクララが戦闘の序盤に繰り出した、竜の吐息を纏った蹴りの事だ。

「そ、そう言えばクララや。お前だけ途中、技の名を叫ばなかったな」
「“タイドウェイブ・ストレイト”かな?あの時は余裕なかったもん」
「確かに、リンドルムが慣れるまで時間が掛かっていたしな……有無」
「それにアレ、本当は電磁パルスを“魔術”で変換したかったんだよ」

そう言って考え込むクララの顔は真面目であり、アルマとロッテも己の
戦いで何が足りなかったのか、考え始めてしまった。それは結構だが、
しかし何時までも、神姫センターでこうしている訳には行かなかった。

「ふむ……取りあえずは食事をして、帰って家でゆっくり分析せぬか?」
「それがいいかもしれませんね……あたし達は順次寝ちゃってましたし」
「改めて分析データや記録を見ながらの方が、色々進みそうですの~♪」
「なら着替えも終わったし……牛丼屋で手早く済ませたいんだよ、うん」

クララの意見に皆が同意し、私の掌から胸ポケットへと神姫達が入った。
今日の服は、ポケットの容積は十分だが……何故今だけ、三人揃ってか?
それはこの後、神姫センターを出てから移動する間に、明らかとなった。

「……というわけで、今年はこうしてこうですの~……大丈夫ですの?」
「あ、はいっ。それならどうにかなりそうですねぇ、クララちゃんは?」
「ボクも問題なし……後はマイスターにバレない様に、首尾良くやるよ」

何か、彼女らが秘密の打ち合わせをしているのだ。私は好意的に、会話を
無視してやる。私を驚かせてくれる為に、考えている事柄らしいからな。
私が意識的に聞き及んでしまっては、彼女らの厚意が無になると言う物!
そこで私は敢えて彼女らに話しかけず牛丼屋に入り、オーダーを済ませて
丁度開発された期間限定メニューが出てくるまで、黙っている事とした。

「……ならその筋でいきたいですね。今週から準備に入りましょうか?」
「それがいいんだよ、アルマお姉ちゃん。HVIFを使うタイミングで」
「こっそりリサーチや買い物しながら、準備を進めていきますの……♪」
「あーこほん、お前達。オーダーした一品が来る、食べる準備を頼むぞ」
『ふぇっ!?』

程なく品が届いたので、私は“妹”達の気を引く。『なぜ一品なのか?』
という声も聞かれたが……それは目の前に出現した、巨大極まる肉の山を
前にして、あっという間に雲散霧消する。そう、数十年前に流行っていた
“メガ牛丼”。何故かこの店では、今頃になって“テラ牛丼”という名で
売り出したのだ。チェーン店ではないので、別に今更とは言わぬが……。

「むぅ。以前噂に聞いていたが、いざ目にすると迫力が凄まじいな……」
「というか、飽食が裸足で逃げ出しそうですよこれ……採算が心配です」
「……アキバの大きなお兄さん達なら食べ切れそうだけど、ボクらはね」

しかしこれはこれで、“妹”達の新たな門出に相応しい趣向と言える。
巨大な“敵”を打ち倒しつつも一つの丼を四人で突き、親睦を深める。
絆を重要視する私達には、似合いの夕餉だな。さぁ、気合を入れるか!

「まぁまぁ。四人がかりで“重量級”への挑戦と、洒落込みますの~♪」
「粋な事を言うな、ロッテよ。では……皆でこの山を突き崩すぞッ!!」
『はいっ!!!』

──────シンプルでダイナミック。ある意味、理想かもね?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー