メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キルケの初バトル・後編


武装したキルケが、筐体にセットされる。
「キルケ、あまり無理はしないでね?」
礼奈が心配そうにキルケを見ているが、キルケの方は微笑んで、
「大丈夫ですよマスター、これはシュミレーションなんですから。本体にダメージはありませんよ」
「だけど・・・」
「今は安心して、私にお任せ下さい。勝てずとも、しっかり戦ってきます!」
「うん、わかった。頑張ってね!」
「はい!」

ここで私の意識は一瞬途切れましたが、すぐに戻りました。ですが、私の前にはもうマスターはいません。
『どう?』
マスターはモニター越しに私を見ています。
「バトルフィールドは町ですか・・・建物の中ならエウクランテも飛びづらいはずです。」
『誘い込める?』
「やってみます」
私は相手に見つからないように、近くにあった大きなビルの中に隠れます。そして二階の窓を覗き、その向こうに相手を確認。やはり飛んでいました。
「いました。まだこちらには気付いていないようです。」
『じゃあ、当たらなくてもいいから威嚇射撃してみて』
「了解しました」
私は窓から相手に向かってシュラム・リボルビングランチャーを撃ちます。
狙撃ではないですから当たりませんでしたが、相手はこちらに気付いたようです。私の居るビルに近付いて来ました。
私はすぐさま下を向き、ビルの入り口から相手が来るのを待ちます。
やがて相手がビルに入って来ました。私はサブアームに支えられながらランチャーを発射しました。
「くっ!」
しかし避けられてしまい、相手はこちらに向かって来ます。
そこで私はすかさずヴズルイフを構え、発射。動作が素早かったため相手も避けきれず、羽根にヒットしました。
しかし相手は諦めずにさらに接近してきました。
「接近戦は避けられそうにありませんね・・・。こんな事もあろうかと、アングルブレードも用意しておいて良かったです」
私は頭にツインテールの代わりに装着しておいたアングルブレードを掴み、素早く向かってきた相手に斬りかかります。
「はぁっ!」
「何っ!?」
相手はいきなりの行動には対処しきれないようです。またもや避けきれずに、さっき撃ち抜いた羽根の反対側の羽根を切り落としました。
「っぐあっ!」
『これで相手の機動力も少しは落ちたはず。サブアームで突き放して、距離をとって!』
「はい!」
私はサブアームを使って相手を突き飛ばしました。
相手は二階から一階に落下したダメージで起き上がれないようです。私は再びランチャーを構え、撃ちます。
もちろん相手は動けずに直撃しました。

『winner、キルケ』
キルケの勝利を伝える機械音声が響く。
「か、勝っちゃった・・・」
礼奈は初戦でいきなり勝てた事に嬉しさと驚きを感じていた。
キルケが筐体から出てくる。
「マスター、やりました!」
「頑張ったねキルケ!」
礼奈とキルケが手を取りあって喜んでいると、別室のモニターでバトルを見ていた和章とタマが礼奈の所に来た。
「ステージが街で良かったな。砂漠とかだったら勝てなかったかもしれないなぁ・・・」
「勝ちは勝ちだよ!」
「そうだな、二人ともお疲れさん。」
「おつかれさまー!」
「ありがと」
「ありがとうございます」
和章とタマの労いの言葉に、礼奈とキルケは共に「ありがとう」で答えた。
こうして、キルケの初バトルはキルケの勝利で幕を閉じたのだった。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー