メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天より降りし、白霜の竜(前編)




まずは順調な滑り出しと言えた。私・槇野晶の前で簡易充電を受けている
“妹”達の長女、アルマの話だ。剣の神姫を、先程見事に撃破せしめた!
この快挙は、ロッテとクララ達にも非常によい刺激となっている様だな。

「──と……射撃管制プログラム、アジャスト完了ですの。準備OK!」
「こっちも“魔術”用アーカイブのチェック完了、問題ないみたいだよ」
「すぅ……すぅ……えへへ、マイスターそんな所なでなでしちゃ……♪」
「そうか。にしてもアルマめ、どんな“夢”を見ているのか……むぅぅ」

幸せそうな寝顔を浮かべて簡易クレイドルに身を任せているアルマを、
私はそっと撫でてやる。流石に初めてだけあって、意識していない所で
アルマに負荷が掛かったらしい。健気な娘……と、放送が聞こえるな。

『槇野晶さん。ロッテの対戦相手が見つかりました、オーナー席へ~』
「む……出番ですのっ!マイスター、わたしも頑張ってきますの~♪」
「有無、往こう!クララや、アルマの面倒を見ながら観戦出来るか?」
「構わないんだよ。キャリアの上から、十分フィールドは覗けるもん」

という訳で再度キャリアを引きずってオーナー席へ付き……先程同様に
サイドボードへコンテナを搭載、ロッテをエントリーゲートに降ろす。
パステルカラーの“フィオラ”を翻して、彼女は華咲くが如く笑った。
……この笑顔に弱いのだ、私は。力強く親指を立て、“妹”を見送る!

「よし、存分に蹴散らしてこい!普段とは違う環境、遠慮は要らぬ」
「はいですの♪精一杯華麗に、カゲキなワルツを踊ってきますの!」
「ちょっと表現が意味不明だけど頑張ってね、ロッテお姉ちゃん?」

程なく全てのセットアップは完了し、ゲートの扉がゆっくりと開く……。
その先は……なんと青空だった!そう、ゲートの外は高々度空域なのだ!
調べてみると、気弱そうな少年がオーナーの相手神姫は“バイザー”派。
しかも空の王者“ストームバイザー”の後継機を元とした改造品なのだ!
恐らくはロッテも飛行型と判断されて、“大空”が選ばれたのだろうな。

『ロッテ、万一墜落してしまったらリングアウトになる。気を付けろ』
「はいですの~。でも、ダイビングも楽しませてほしいですのっ♪」
『ダイビングだと?お前、まさか……!?』
『ロッテvsハニエル、本日の重量級リーグ第6戦闘、開始します!』
「ふふ、久しぶりの大空……満喫しますのッ!」
『3……2……1……GO!!』

私が窘めるより早く、ドレスを靡かせてロッテは大空へと撃ち出された!
彼女がゲートを通過した瞬間に入口は消え失せ、雲海と僅かな浮島のみが
在る蒼穹の空間が、ロッテを迎えた。彼女は気持ちよさそうに降下する。
その姿はまるっきり、スカイダイビングのそれであった……暢気な娘め。

「ふふ~ん……♪この浮遊感、狭いお店だとあまり体感出来ませんの♪」
『ロッテ、あまり遊びすぎるなよ?相手が迫ってきて……危ないッ!?』
「──────ッ!」
『“W.I.N.G.S.”……Execution!』

だが、優雅なスカイダイビングは一瞬で終わった。レーザーがロッテを
狙って撃ち放たれたのだ!ロッテは一瞬で“フィオラ”から、戦闘用の
“セイクレール”付き“シルフィード”に換装して、そこに内蔵された
急速移動用ブースターを活用しつつレーザーを回避……まるで曲芸だ。

「っとと、流石にここからは本気でいかないとダメですの……」
「そうですよ“先輩”ッ!アタシは本気ですから、困りますッ!!」
『せ、先輩だと!?待てロッテ、相手の神姫と知り合いなのか?』
「い、いえ知らないですの~……とりあえず、ウィブリオっ!」
「キュィィッ!」

初撃を回避したロッテは、翼竜タイプである相棒の“プルマージュ”……
霜天龍ウィブリオを招喚し、背に跨る。脚をファフナー同様にロックして
竜の胸と背にマウントされていた小型盾と槍型のマシンガンを装備して、
相手を迎え撃つ準備は整った。だが、空中戦ならば待つだけではダメだ!

「……相手のお尻を捉えますの。大丈夫、ウィブリオならできますの!」
『キュイ……キュィッ!!』
「来ましたね!先輩は越えるべき壁……手合わせ、お願いします!」

そう!ドッグファイト(闘犬)という通称がある様に、高機動飛翔体同士の
戦いでは相手のバックを取る事が重要なポイントだ。本来は天使型である
ロッテもそこは重々承知しているらしく、飛竜の機動力をフルに活かして
バイザーの後ろを狙う。そして、ストームバイザーを土台としたと思しき
“超音速戦闘機”型のバイザーに跨る海豚型神姫は、振り解こうとする。
この駆け引きこそが、空中戦の醍醐味と言えるだろう……にしても、だ。

「せ、先輩ってどういう事ですの~?わたし、貴方と会った事……」
「はい!でもアタシは、勝ち上がっていく先輩を見ていたんですっ!」
「う、う~ん……とりあえず名前とか、教えてもらえますの?」
「“天空騎士(パラディン・ダイバー)”のハニエルです!」
「ハニエルちゃんですの?……“後輩”でも、手加減はしませんのっ!」
『キュイィ~ッ!!』

暫く追いつ追われつの“ダンス”を披露した後、いよいよ本格的な戦闘が
開始される。先に仕掛けたのはロッテだった……“ウィブリオ”の胴体に
仕込んでおいた多目的ランチャーを開いて、高機動型マイクロミサイルを
無数に斉射したのだ!白線と共に迫る弾から、ハニエルが必死に逃げる!
更に追い縋る様にして、ロッテは右手のマシンガンから弾丸をバラ撒く。

「くっ、ミサイル!?こっちの装甲が薄いと見ましたか……!」
「はいですの。ストームバイザー系列は、機動性重視ですからっ!」
「なら、その特性を見せてあげますっ……奥義、竜鳥飛びッ!」
「え……!?自由落下で、ミサイルをかわしていますの……ッ!」
「先輩、まだ驚くのは早いです……よッ!!!」

だが逃げてばかりではいなかった。相手は乱気流に身を任せて、正確に
飛来するミサイルを誤導し、結果的に直撃せず回避してしまったのだ!
そしてその隙を狙ってアフターバーナーを噴かしたハニエルは、急激な
旋回軌道を描いて一気にロッテの背後へと回る。バイザー付属の大口径
レーザーキャノンが、ウィブリオに照準を定めた……これは、拙いな。

「うわぁ……無茶な機動で混乱しないのは流石、海戦型神姫ですの」
「空も海も、三次元の自由空間である事は変わりませんからっ!」
「ふふ……ですけど、わたしだってこのままじゃ済ませませんの~♪」
『キュ、キュィッ!』

──────天を舞い踊る姫達は、何処までも可憐だね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー