メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 さて、ここからはわたしが語ることとしましょう。
 あの後泣き止んだハルナはハチヤとしばらく一緒にいました。
 わたし達は少しはなれてその様子を観察。ここでもミヤコの七つ道具の一つ、集オンマイクが大活躍でしたよ。
 ・・・・とは言っても、二人とも手を握ったまま殆ど喋らなかったのですが。
「なんだなーハチやんはなーもう少し甲斐性を見せたらなー」
「ふふ・・・中学生の恋愛なんてあんなもんさ。お互いに初々しくて可愛いじゃないかね」
「さすが春奈のお姉様。判ってらっしゃりますわ」 
 ・・・なんと言いますか。なんとも微妙な空気ですこと。
 その後、結局二時間近く特に会話も無いまま二人でずっと座りっぱなしでした。・・・・いや、途中でハルナがハチヤの肩に頭を寄せたりしてましたが。




クラブハンド・フォートブラッグ

最終話

『歩き出せる未来』










 そして今日。
 なんとハルナはわたしが起こさずとも起きてきていたのです。
 ・・・せっかく新しいゲテモノキャラメルを試そうと思っていたのに。
「・・・起きれて正解だったわ。またあんなもの食らったんじゃ爽やかな朝が台無しよ」
「失敬な。わたしは善意でやっているのですよ?」
「だったら普通に起こしなさいよ! この間なんて喉に詰まって大変だったじゃない!!」
「その時は掃除機でこう・・・すぽーんと行きますから大丈夫ですよ」
「むしろアンタがすぽーんと行っちゃうほうじゃないの!? サイズ的に!!」
「その時は踏ん張ります」
「踏ん張れるんだ!?」
 朝の挨拶も至って普段どおりで。
 まるで昨日の事なんて無かったように見えますね。あんなにしおらしくて可愛かったですのに。
「あ、お母さん! 私今日夕飯いらないから!!」
 ハルナが一階に向かって叫ぶと、ハルナの母の間延びした声が返ってきた。
 ・・・ん? 夕飯がいらない?
「ハルナ、それはどういう・・・・?」
 まさかお泊り宣言ですか!?
 お泊りコスのシンデレラなんですかっ!?
「ん? 今日は八谷と一緒に買い物行くのよ。もちろんあんた達も一緒よ。・・・・正直、まだ二人っきりってのは・・・その、・・・気恥ずかしくってさ?」
 ・・・あぁ放課後に行くのですね。
 びっくりしましたよ。ハルナが女の子から女になってしまうのかと。
「ほほぅ? 全く、ハルナはわたしがいないとダメですね。初デートが保護者同伴なんて普通無いですよ」
「アンタはいつからわたしの保護者になったのよ!?」
「ハルナが生まれたときですね」
「時系列はどうなってるのよ!?」
「わたしは実は過去からやってきたハルナの先祖なのです」
「アンタが先祖!? それじゃぁ私は神姫なの!?」
「まさか。ハルナはガチマゾの乳牛でしょ?」
「神姫に人権否定された!!」
「ちなみにハウリンタイプはメス犬でマオチャオタイプは女豹だったり」
「ものの見事にそのまんまじゃない!」
「おや、なぜ服を着ているのですかハルナ。早く全裸になって首輪をつけないと」
「もうワケがわからない! てか自分の首に付けなさいよ!!」
「え、あ、じゃぁ付けてください」
「そこは肯くんだーっ!?」
 そんな感じで話していると時間はいつの間にかやばい時間になってました。
 ふむ、そろそろハチヤが来る時間ですね。
 雑談も終わりにしましょうか。
「ハルナ、そろそろ時間では」
「ん、あ、ホントだ」
 ハルナはそういうとカバンを手にとってドアノブに手をかける。
 わたしは、ハルナの見送りは部屋までにしておく。
 ここで聞きたいことがあるからだ。
「それじゃ行ってくるね。今日は平常授業だから・・・四時前には戻ってこれるわ」
「了解しました。所でハルナ」
「ん?」
 聞きたいことはあるけれど、まずは先にワンクッションおいて油断させておきましょう。
「今、幸せですか?」
「幸せよ」
 悩むそぶりすらなく即答しましたか。
 まぁここまでは想定の範囲内。ここからが本命の弾丸です。
「それだけ? それじゃぁ行ってきま ――――――」
「ハルナ」
 ドアノブをひねろうとしたハルナがまた振り返る。
「・・・ハチヤとのキスは、どんな感じでした?」
 朝の忙しいこの時間。加えて朝だからこそ一番破壊力のある言葉。
 ここで答えるにしろ答えられないにしろ、ハルナはこの言葉を気にしながら一日中過ごすでしょう。わたしはその様子をからかいながら観察させていただきます。
 さあ、どう答えるのですかハルナ!
「キスの感想・・・そうね・・・」
 ハルナはそういいながら自分の唇に指を這わせる。
 ぬ・・・なんだかエロいですよその仕草。
 そしてしばらく悩んだ後、満面の笑みでハルナは
「うん、最高に愛おしかったわ!」
 そう答えた。
「・・・・はは」
 こ、この答えは予想外でした。
 まさかこれほどまでにハチヤにいかれてるとは。
 と、ハルナがなにやら勝ち誇った表情で私を見下ろしていた。
 ・・・・あぁ、今回ばかりは勝ち目が無かったんですねわたし。
「御見それしました。それじゃ行ってらっしゃいハルナ」
「お主もまだまだよの? んじゃ行ってきまーす!」
 そういってハルナは学校にいきました。
 ・・・・さて、あの調子だと帰ってきたら出かけるまでのろけまくるでしょうから、今のうちに二度寝でもしますかね?














| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー