メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猛り狂いし、地を灼く竜(前編)




その日、私・槇野晶は神姫達が目覚める前から大忙しであった。何しろ、
彼女らが重量級ランクに挑む日なのだ。リサーチしたデータと自己鍛錬の
経験……そして私自身と彼女らの“技術”が、勝敗の全てを握っている。
ノウハウなど存在しないも同義。正直、全員未知の荒野へ旅立つ気分だ。
ならば、出来る準備を可能な限り行うしかない。それが明暗を分けるッ!

「充電完了、システム起動──ふぁ……おはようございますですの~♪」
「む、起きたかロッテ。アルマとクララも、起こしてやってくれんか?」
「はいですの!マイスター、寝ないでずっと準備していましたの……?」
「……仮眠は少々取ったが、結構ギリギリだな。しかし頑張らねばッ!」

そして朝日を迎える内に、前日まで練習尽くしだった“妹”達も次々と
目覚めてくる。それと前後して、“プルマージュ”の最終調整も完了。
本来は“アルファル”も同時使用出来るのだが、今日は敢えて使わぬ。
“プルマージュ”に皆が慣れているか、その力を引き出せるかが肝要。
それを見極めてからでも、決して遅くはないはずだ……という訳でッ!

「よし、皆着替えと洗浄は終わったな?忘れ物も……有無、無しッ!」
「“プルマージュ”達も、コンテナでちゃんと寝てるから大丈夫だよ」
「それじゃ皆、行きましょう?……あたし達の、新しいステージにっ」
「はいですの~♪どんな姉妹達がいるのか、今から楽しみですの~♪」

コンテナの増加で更に巨大化した、キャリアを引っ張りつつ店を出る。
旅行鞄風のコレに、神姫達の武装パーツは無論の事……着替えや相棒の
“アルファル”と“プルマージュ”が、更には各種電装機器や充電用の
小型バッテリーまでも搭載されている訳で……流石にデカくて重いッ!

「ふぃぃ……流石に私の背丈に迫る勢いの荷物、骨が折れるな……」
「どうせなら駆動系付けて、マイスターが乗っちゃえばいいんだよ」
「それも手だが、アキバの雑踏では些か危険だろう……だが、ふむ」
「乗れないにしても、モーターで車輪の動きを支えられませんか?」
「電気自転車みたいな感じですの。あ、付きましたのマイスター!」

そんな他愛もない雑談で辛さを紛らわせつつ、神姫センターへ入店する。
流石にこの時期ともなれば、空調は暖房か……快適だな。私はマフラーを
外し、“妹”達のコートも脱がせる。その下にあるのは、“フィオラ”。
あくまでもエントリーは“可憐・華麗”に。その拘りは貫きたいのでな!

「バトルの申し込みは先程終わらせた。誰が一番に来るかは分からぬ」
「い、一番にあたしが来る可能性もあるんですね?……緊張しますっ」
「確率三分の一だから、そこまで気張らなくてもいいと思うんだよ?」
「そうですの~♪対戦相手が何時見つかるかの方が、心配ですの……」
『槇野晶さん、アルマの対戦相手が見つかりました。オーナー席へ~』
「ひゃいっ!?あぅぅ……やっぱり一番でした。気合、入れないとっ」

なんだかんだでアルマは緊張しているのだろう。私は彼女を抱き上げて、
優しくエントリーゲートに降ろし、アルマの武装ケースをサイドボードに
差し込む。リサーチした寸法通りに、箱はピッタリと収まった。完璧だ!

「大丈夫だ。私達が見守っている……存分に、蹴散らしてこいよっ!!」
「は、はいッ!恥じない戦いを、してきます……じゃ、行ってきます!」

私達三人の笑顔に見送られて、アルマはゲートの奥へと降りていった。
彼女の意識は、ヴァーチャルフィールドへと遷移し……戦いが始まる!
しかし、見守っていた私は……重要な事実を告げなかったのだ。迂闊!

『アルマvsガルラ、本日の重量級リーグ第4戦闘、開始します!』
「で、出番ですね……」
『なお、ゲートより神姫は高速射出されます。衝撃に備えてください』
「──────へ?」
「そう言えば……アルマ、開始と同時にファフナーを呼ぶのだ!」
「は、はいぃぃっ!?」
『3……2……1……GO!!』
「きゃ、ああぁぁぁぁ~っ……!?」

そう、重量級ランクでは目方のバラツキが大きくなりがちである。故に、
神姫達はリニア射出により、ゲートから一定速度で強制排出されるのだ。
開始時の相対距離をある程度一定に保つ事で封殺を防ぐ、等の名目でな。
だが生身でそれを受ければ、障害物や床に激突してしまうのだ……むう。

「ひゃあぁ……ファフナーッ!?」
『グルル……グルォォォオンッ!!』
「きゃっ!?ふぅ、た……助かりました」

しかし気の利く様になった“相棒”が、即座に彼女をピックアップする!
そこへ、近くの岩山から対戦相手となる神姫の声が響いた。今回は誰だ?

「無様ね。貴女、この戦場は初めてなのかしら?」
「ッ!?貴女が対戦相手のガルラさん、ですね?」
「そう、苛烈なる鳥の女帝……それが私、ガルラ!」

少々ナルシストの入ったその神姫は、“神姫パーツ流用組”らしかった。
来年発売の限定バージョン・エウクランテ及びイーアネイラを意識した、
黒と紅に彩られた第五弾のリペイントパーツ。更に、それを覆う様にして
全身に纏ったティグリースとウィルトゥースの装備……頭部は、禍々しい
アレンジのバイザーに覆われており、口と金のポニーしか見えぬ作りだ。
だが改造パーツとは言え、その娘は紛れもなく公式パーツを用いていた!

「ふぅん。通常ランクでは一応セカンドなのね、貴女……?」
「お陰様で……でも、そんな“常識”が通用しない事は弁えてます」
「そう。なら話が早いわ……ここでの流儀、見せてあげましょうッ!」
「手合わせ、願います……行きましょう、ファフナー!」
『“W.I.N.G.S.”……Execution!』
『グルォォォォォォンッ!!!』

“朱天”由来の大剣を振るう鳥の女王を目の前に、アルマは怯まない。
“フィオラ”から追加パーツ付きの“シルフィード”に姿を変えた上、
ファフナーの背中に己の太腿から下を“合体”させた。これが、第一の
戦闘形態。竜騎士の型……“ドラグーン・シルエット”である!付属の
“センチュリオン”と“ティンクルスター”を携えて、彼女が構えた。

「なるほど、騎乗型なのね……しかし、その程度見飽きたわ!」
「あたし達を、普通に見ない方が良いですよ……参りますッ!!」
『グルォォォオンッ!!』

──────竜の騎士として、誇り高くあろうね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー