メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{どうでもいい話し合いと、真面目な話し合い}

アンジェラスの視点

ご主人様は愛車のスカイラインを運転してアンダーグラウンドに向かっています。
私はご主人様の右肩に座っているのですが…。
ちょっと車の中は居た堪れない空気になっているのですよ。
何故かと言いますと。

「ねぇーご主人様。今日はいったいどのようなご用件ですか?」
「………」

ご主人様は運転に集中しているのか、さっきから私が声を掛けてもうんともすんとも答えてくれないのです。
ズーッと無言でズーッとシカトです。
別に機嫌が悪いとかじゃないと思うのですが…何かこぉ~、考え事をしているような感じですかね。
今はそれだけの事しか考えられないみたいなぁ。
ご主人様がこんな感じになってしまった原因は、あのアンダーグラウンドの住人、ご主人様が言う通称オヤッさんその人である。
帰宅したご主人様は私とまた煙草の事で口論してる途中、オヤッさんから電話がきて、ご主人様が電話に出てのですが。
電話している時間が経つごとにご主人様の顔は厳しくなり真剣な表情に変わりました。
そして電話が終わった後の私に向けられた言葉が一言、『行くぞ、アンジェラス』です。
電話の内容も何も言わずに家を出るご主人様に私は『はい!』としか言えず、付いて来ましたのが今の状況に繋がる訳です。
車を走らせるご主人様は無言で前を見続ける。
私はそんなご主人様の顔を見る事しか出来なかった。
そうこうしている内にアンダーグラウンドの町に入りご主人様は駐車場に入る。
駐車場の適当な場所で車を止めて車から出る。
その時でした。
ご主人様が低い声で私にこう言いました。

「これから起きる事は何事にも驚くな。後、俺の命令に絶対に従えよ。解ったな?」
「は!?はい!」

その時のご主人様の顔は怖かったです。
いつも苦笑いしたり、ニヤつきながら私を褒めてくれるご主人様じゃなかった…。
まるで別人のようでした。
顔はご主人様でも違うご主人様みたいな…。
冷酷で人間の感情が無いよな感じ。

「解ったのならいい。今から一言も喋るな。黙って俺について来い」

無言のまま私は頷いた。
するとご主人様は私を一瞥してから駐車場から出た。
アンダーグラウンドを歩き数分。
神姫センターが見てきました。
今日はここに行くのでしょうか?
確認したいのですけれど、ご主人様は私に『一言も喋るな』と言ったので喋る事が出来ません。
…いったいご主人様はどうなちゃったでしょ。
あ、神姫センターを横切りました。
今日はここに用は無いみたいです。
じゃあ何処に行くんだろう。
そして更に数十分が経ちました。
ご主人様は一つのバーに入りました。
お酒を飲む場所とデータでは知っていますが…。
私が実際に見たバーとデータで理解していたバーとは全然違いました。
やっぱり実際に行くのとデータだけでは、経験値が全然違いますね。

「お、時間通りに来たな。おーい、閃鎖ーこっちだー」
「………」

通称、オヤッさんの人が一つの卓上のテーブル近くの椅子に座っていました。
左右に二人づつ座れる場所です。
そしてそのテーブルの周りにグルリと円状に囲んだ怖い男の人達がズラリといました。
チンピラとかヤクザの名がつきそうな人達ばかりです。
ご主人様はそんな人達の間を入ろうとすると男の人達は十分に歩けるスペースを作り退く。
まるで歓迎されているような感じ。
それと同時にご主人様がその間を抜けると逃げられない様にがっしりと周り固める。
正直、もう私はビビッています。

「まぁ掛けて下さい」
「…はい」

オヤッさんの反対側に座っていた二人のいかついオジさんが態々立ち上がり座る事を勧める。
ご主人様は低い声で答えオヤッさんの隣に座っり、いかついオジさん達も同時に座る。
ご主人様は両手をポケットに突っ込んだまま。
礼儀がちょっとなってないと注意したいですが、今は喋っちゃいけません。
といいますか、こんな張り詰めた空気の中で喋りたくありません。

「さて、役者が揃った所で話しを始めますか」

一人のいかついオジさんが先に喋りだしました。

「まず今回、閃鎖さんをお呼びにしたのは我々の不始末を言いたかったわけです」
「どのような不始末ですか」

オヤッさんはご主人様の代弁をしてるように答えた。

「まずこれを見てください」

もう一人のオジさんが頑丈そうなアタッシュケースを取り出してきて中身を見せてくれました。
中身に入っていたのは、数枚の何かのリストみたいです。
ご主人様は無言でそのリストを全部受け取り目をとおす。
私もご主人様の右肩にズーッといるのでついでに見せてもらい、そしてすぐにその紙に書かれてるリストがなんなのか分かりました。
この紙は記されてる内容はすべて武装神姫の違法改造武器です。
しかも武器の全ての製作者覧がご主人様の『閃鎖』という名前で埋め尽くされていました。

「見ての通り。我々も色々な事に手を出して仕事をしている訳ですが…今回、この武装神姫で一つ閃鎖さんにご迷惑をかけてしまった。おい、アレを」
「はい」

命令したオジさんがもう一人のオジさんに命令し、次は海外旅行で行くときに使われる大きなハードケースを出してきました。
そしてハードケースを開けると。

「ン~~~~!?!?」

一人の男の人が両腕両足を頑丈な紐で縛られて口には叫べないようにガムテープが張られています…パンツ一丁の姿で…。

「うちの者です。こいつは自分が儲けるように無断で閃鎖さんの商品を無断で売り捌いていたんだ。オマケにうちの島ならともかく、他の島で売ってやがった」
「おかげで、他の島の連中達が怒ってうちの組にけしかけてきて大変でした」
「治まりはついたのですか?」

今度はオヤッさんが冷静沈着に言う。
いつも見ていたオヤッさんも別人を見てるようです。

「そこら辺はご心配なく。うちの組がそれなりの金額を譲渡したので。赤字なのは変わらないが…」
「そうですか。ではこいつをどうするんですか?」
「この者の処分は閃鎖さんの言葉で決まる。生かすのも殺すのも閃鎖さん次第です」
「………」

ご主人様はバサッとリストされている紙を全て机に置き煙草に火をつけた。

「…そのゲス野郎にチャンスを与えてやる。だが、もし次にヘマしたら命は無いと思え、と言っとけ」
「生かしておくのか?」
「人間、一度は欲に負ける事がある。けどもう一度同じ過ちを繰り返したらそいつは学習能力が無い訳だ。そんな人間は生かしとく必要は無い。この町で生きていくには学習が必要な事だからな」
「そうか。閃鎖さんがそう言うなら分かった」
「これで俺の用事は済んだか?」
「いや、もう一つある。この件でうちの懐が少し寂しくなっちまったものだから、少し閃鎖さんの商品を取り寄せをしたい」
「なら、オヤッさんに言ってくれ。俺は開発者なのでね。帰ってもいいか?」
「そいう事ならもう結構です。この度は申し訳なかった」
「気をつけて仕事してくれよ」

そう言ってご主人様は立ち上がり店をでようとした。

「おまえら閃鎖を送れ」
「いい、一人で帰れる。後は頼むぜ、オヤッさん」
「おう、任しとけ」

そしてご主人様と私は店を出た。
…。
……。
………。
ご主人様の車に乗って数分が経ちました。
丁度、アンダーグラウンドの町から出た頃です。
その時でした。

「今日は悪かったな」
「エッ?」

ご主人様が私に話してくれました。
最初みたく冷酷な声ではなく、温かみがある声でした。

「なんとなく…解ったろ?俺が今日、お前にきつく言った言葉がなんなのか」
「はい…。でもなんであんな風に言ったのですか?」
「その言い方だと、まだ少し解ってないみたいだな」

煙草に火をつけ運転席側の窓を全開にするご主人様。
煙は車から外に出て消えていく。

「お前には必要だと思ったからだ。俺が今どいう立場にいるのかちゃんと理解しているのかな…てな」
「立場?」
「そう。お前、もし俺がなにも言わずにあんな所に行ったらどうしてた?」
「それは…多分、ご主人様を止めて無理矢理にでも連れて帰ろうとします。ご主人様にはなるべく普通の生活して欲しいですし」
「…はぁ~。やっぱりそんな事かぁ」

溜息を吐き煙草を右手で持ちながら運転する。

「アンジェラス。俺はな…普通の大学生、天薙龍悪の顔をと今日見せたヤクザと商売している閃鎖の顔を持っている」
「二つの顔ですか?」
「そうだ。それに俺はどちらかというとこっちの世界の住人に近い」
「そんな!?ご主人様は普通の人です!」
「ヤクザと仕事上関係をもってる奴がか?」
「………」
「おやおや、黙まりか?中臭い設定だが、残念だけどこれは現実だ」

私は衝撃の事実を知ってしまい俯く。
まさかご主人様は表の世界の住人でもあって裏の住人でもあるという事に。
今はまともにご主人様の顔を見る事ができません。

「幻滅したか?嫌いになったか??別に俺は構わないぜ。今日はあえてお前を連れて来たんだ」
「…あえて…ですか?」
「あぁ。アンジェラスには俺の全てを見て欲しかったんだよ」
「全て…」

私はやっとの思いで顔を上げご主人様の顔を見れた。
ご主人様の顔は苦笑いしていました。

「なんて言えば良いんだろうなぁ?アンジェラスなら俺の秘密を教えてもいいかな、と思っちゃうんだ。上手くは言えないが多分俺はお前に心を許してるんだろうな」
「私だけに心を許す…それってつまり」
「んぅ~、まぁそのなんだなぁ。俺にとってアンジェラスは特別な存在というか信頼し合える者同士というか…あーもうなんて言えば解らん」
「そうですか。私だけが、ご主人様と特別な関係を持っているのですね!」
「そいう事にしといてくれ。だぁー、なんか恥ずかしいぜ」
「クスクス♪」

私は笑いました、心の底から。
嬉しい気持ちでいっぱいです。
だって、ご主人様から『お前だけに心を許す』なんて言って頂けたのですから。
これで私はまた新しいご主人様の姿を見れました。
もっと色々なご主人様が見てみたいです。

「笑うな。ガチで恥ずかしいんだから!」
「クスクス♪すみません。でも嬉しくて…クスクス♪」
「だから笑うなって!」

そう言うご主人様も笑っているじゃないですか。
さっきまで気まずい雰囲気だったのに今はお互いを理解しあって笑っている。
嫌な一面も見てしまいましたが、今日はまたご主人様との距離が近くなったような気がします。
ご主人様、私はいつでもご主人様と一緒ですよ。
今日からまた一つよろしくお願いしますね、私が大好きなご主人様♪






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー