メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「随分と貫禄と重厚さがありますね」

聳え立つ新居、それはヨーロッパ調の豪華なホテルのようで

「当然よ。本場モノだし、アンティークだしね」

「でもユーレイとか出そうなの☆」

「そうねぇ、出たら凄いわねぇ」

縁起でもない事言わないで下さい二人とも……


 ねここの飼い方、そのじゅういち


「ね、二人とも自分のお部屋欲しくない?」
そう姉さんが言ってきたのはまだ寒い冬の日でした。
「と、言われますが既にお部屋を頂いているのですが……」
私は炬燵に入りながら、ねここにみかんをあーんと食べさせてあげながらそう返答する。
そうなのだ、私とねここは姉さんの部屋の一角に家具などを持ち込み部屋に仕立て上げて使っている。。
「いやいや、まぁあのお部屋には違いないんだけどね。色々と神姫用のサイズじゃないと何かと不便かな、と」
「そう仰られればそういう観点もありますが、私は特には……」
えー、つまんなーい。と頬を膨らませて非難する姉さん。私の方が話の脈絡がわかりません……
「ねここはどうかな、お部屋欲しい?」
ねここは、う~んと口をと尖らせて考え込む。其の仕草がまた可愛くて、私を魅了して……は! 真昼間から何を考えているんだ!?
「みさにゃんと一緒のお部屋ならいいの~☆」
……姉さん、其の発言ちょっと羨ましいです。
「ふふ、どうもありがと。まぁ何日かすればわかるわよ」
と、意味深な発言の姉さん。全く何なんだろう……


そして数日後。
「あぁ、そのタンスは隣の部屋に。で、さっきのをあっちにー」
其の日は朝から大勢の人がやってきて、部屋の内装変更をしていた。
姉さんの部屋からタンスなどの大きな家具の幾つかを運び出し、空きスペースを作っているようなのだが。
「みさにゃんみさにゃん、何やってるの~?」
と、姉さんの頭で寝そべっているねここが尋ねる。
「ん、二人の家が届くからその下準備☆」
「……家、ですか? 部屋じゃなくて」
「そ、家だよ」
家の中に家とは意味がわかりません。
その時ピンポーンとチャイムの音がして
「シロネコムサシでーす、宅配便お届けにあがりましたー」
との声が。
「あ、届いたみたいね。今行きますー」
と玄関へパタパタと駆けてく姉さん。気になるので私も付いて行く。
玄関へ着くと、そこには巨大な梱包が。全長2m、横幅や奥行きも1m近いのではないだろうか。
……タンスにしか見えませんが。
「じゃ、上までお願いしますね~。案内しますので」
と言うと宅配業者を案内していく姉さん。

そして数分後、部屋の中には先ほどの物体が鎮座することに。
「じゃ、お披露目と行きましょうか~。お願いしますね」
梱包を手羽早く外して行く業者の人。中から現れたのは
「……わぁ~♪ ホントに家なの~♪」
「確かに……家、というかマンションかホテルというか……」
そう、ミニチュアの家が出てきたのだ。しかも4~5F建てはありそうなシロモノ。
日本風ではなく、中~近世ヨーロッパの建築のような雰囲気を持っている。
「ふふん。ドールズハウスって言うのよ」
「おぉ~☆ スッゴイの♪ でもでも、これどうやって手に入れたのみさにゃん?」
ねここが疑問を呈する、私も同意見、目の前にあるのは玩具と言うよりアンティークの風格を漂わせる立派な作りのもので、
とても国内製や大量生産品の新品には見えない。
「いやそれがね。ねここたちの事を写真と一緒に手紙で両親に伝えたら、なんか凄い喜んじゃったみたいで、
 出張先のヨーロッパからわざわざ贈ってきてくれたのよ。現地で手に入れた逸品だから使いなさいって」
「わぁい、みさにゃんのパパママも良い人なの~☆」
素直に喜ぶねここ。この両親にして、この娘有かと思う私……
しかし地獄はここからだった。

「さて、それじゃ大掃除しないとね。二人も頑張ってよ」
「……は?」「うにゃ?」
その一言にキョトンとする私たち。
「結構コレ埃っぽいからね、きちんと掃除しないと住めないでしょ。
 それに細かいところは私より二人がやった方が綺麗に出来るしね。はい、コレ専用の道具」
と言って私たちに掃除道具一式を渡す姉さん。
エプロンにバンダナ、雑巾にモップ、はたきに箒、さらには小型掃除機まで……何時の間にこんなに揃えたんですか。
「ナイショ☆ さてさて手早くやっちゃって、引越しそばを食べましょ~」
「おぉー☆」
ねここは既にやる気モードみたいだ、新しい部屋が出来てワクワクしてるようで顔から嬉しさがあふれ出している。
「と、これ前が観音開きで開くみたいだからまず換気のために開けましょ……ぶへっ」
姉さんがドールハウスを開けると、ぶわっと埃が舞って……これは結構大変そうだ。
「けほけほ、で、でもねここまけないのっ!」
と、いつの間にか顔にはゴーグル口元に三角巾、更にエプロンと完全武装したねここが。も…燃えている。
でも微妙に一昔前の強盗に見えた……
「じゃ、開始しましょ」
『おー!』

と言う訳で新居の大掃除が始まった。
基本的に大きなところや外観は姉さんが、各部屋の奥まったところや細かい裏などは私たちが担当することに。
で、その家だが相当放置気味だったらしく結構な埃の量が。
モップや雑巾があっという間に真っ黒になってしまうので、
特に序盤は拭いてる時間よりも、それらを洗ってる時間の方が長いのではないかと感じたほど。
内装は綺麗なシャンデリアやカーテンなど、高級ホテルを思わせる佇まいなのだが、これではせっかくの高級風味も台無しだ。
ベッドも外観はともかく、マット等は新品に換える必要がある。あとできちんと姉さんに伝えないと。
……でもこうして掃除しながら、どんな部屋にしていくか考えるのは楽しい。
実家では何でもあったが、自由はなかった。ただ押し付けられてるだけで……
なとど考えてるうちにも手は動いている。
「ふぅ、この部屋はこんな所かな」
と、私は一息つく。その時
カサカサ……カサカサ、と何か背後で動く音が。
……ま…さ…か……
ギギギと硬直しながら振り向くワタシ。
「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!?!?!?!?!?」
そこに鎮座するはG!
ダメだぁ、ワタシはGだけはダメなんだぁぁぁぁぁぁぁぁ! 反射的に脇腹のガンベルトから銃を抜くと乱射するワタシ!
「こっちくるな、くるな! お願いだから来ないでぇぇぇ!!」
ドギュン!バギュン!バキィン! ドガァン!

……後から思えば当然なのだが、目を瞑った上に視線を背けて撃ってるのだから中るはずもない。

やがてカチ、カチッ、と銃から気の抜けた音が
「た、弾切れ!? こ、こっちくるなぁ……!」
最早恐怖で腰砕けになって動けない……嗚呼、ワタシの人生(神姫生)はここで終わってしまうのか……
Gはカサカサとワタシに向かって詰め寄って来る……その時、ふっと前に人影が。
「大丈夫、ユキにゃん!?」
嗚呼、ねここだ……助けに来てくれたんだね……まるで騎兵隊だよ。
ねここギっとGを睨み付けると、チロリと唇を舐め
「さぁて、久しぶりにいっくよー☆」
と、モップを構えながら言う。……モップって、ねここ武器は!?
そしてGはそのスキにねここ目掛けて突進! でもねここはジャンプしてそれを避けると、天井を蹴って反動で急降下。
グチャ! と嫌な音が聞こえたような気が。
……目を背けていた私がねここの方をみると、そこには一仕事終えてにっこり微笑むねここと串刺しになってピクピクと動くGが。
「ユキにゃんもう平気だよ、ぶぃ☆」
そのまま私のAIはフリーズしたのでした……

私が目を覚ますと既に夕方で、大掃除は終了してしまったらしい。
結局あの事件の部屋は(というより全室)滅菌消毒をして、あの部屋は後日リフォームという事になったらしい。
その、私の撃った弾丸で部屋中穴だらけになってしまったから……

ちなみに、他にも消耗品の買出しやリフォーム作業もあって、結局新居に住むことが出来たのはそれから一週間後でした。
今度お友達の神姫を呼んで、あの家でパーティーしてみたいね、ねここ。
でもあの部屋は今でも(個人的に)開かずの間です……





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー