メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さて、今日はご苦労だったな、みんな」
 天薙さんと別れた後、私達はお姉ちゃんの家(というか店)に向かっていた。
 ・・・しかし、あの男はどうにも好きになれないわね。さり気なく私の事をガキ扱いしてたし。
 ・・・まぁ年齢的に子供だから反論はしなかったけど。
「マスター、今日は久々に暴れられましたね!」
「・・・・最近・・・負けて・・ばっか。・・・・納得、いかない」
 お姉ちゃんの胸ポケットでハウちゃんとノワールちゃんが言葉を返す。
 ・・・なんだかノワールが不憫に思えてきた。
「そんなに落ち込んじゃダメよ。・・・その、元気出したら?」
「・・・・・・・・・」
 私がそういうとノワールちゃんはそっぽを向いてしまった。
 もしかして拗ねてる・・・?
 ・・・か、可愛い?
「まぁノワールは色々武装を変えてますからね。慣れるまでまだ時間がかかるんでしょう」
 と、私の胸ポケットでサラが言う。
 ハウちゃんの言うとおり、思いっきり暴れられたからなのか、酷く満足そうだった。
 ・・・・こいつは。
「うにゃー!! あのおかっぱめ!! 次あったらあの頭で爪研いでやるのだー!!」
「痛っ!? ちょっと爪立てないでよマイ!!」
 一方、こっぴどく負けた八谷がマイニャンに襲われていた。
 そんなに欲しかったの、こたつ型クレイドル。
 ・・・・まぁ、かく言う私はというと砂漠での戦闘だったから、負けるとは思ってなかったけどね。
 だってサラだし。
「ふむ、それにしても今回の・・・仕事はなんだか妙でしたね」
 私がそんなことを思っているとサラがはなしかけてきた。
「ん? どこが妙だったのよ。特に何もされなかったじゃない。・・・・まぁ、あのオカマの人にはびっくりしたけど」
「そっちじゃなくてですね。筐体の様子が・・・なんと言いますか。些細な違和感がありましてね。何か調べられてるような・・・そうでないような」
 ・・・いきなり何を言い出すんだろう。この鉄兜は。
「まぁわたし達本人に異常は無いようですし。何よりまぁ楽しかったですし良しとしましょう。ハルナの財布も潤ったことですしね?」
「・・・何も買わないわよ? アンタのライフルのせいで貯金が五百円になっちゃったんだからね」
「いえいえ。わたしはそんなものねだってませんし?」
「そうくるかこのバカ鉄砲! 神姫用装備だってバカにならないんだからね!?」
「いえいえそれは気のせいです」
「気のせいじゃないし!?」
 あぁもうまたいつもの展開だ。
 全くマイペース過ぎるのよこの子は。
「あ、あのさ、七瀬。ちょっといいかな?」
 私とサラがはなしていると八谷が割り込んできた。
 正直不毛な会話だったので切ってくれて嬉しい。
「ん、なに?」
「ん・・・・七瀬さ。夏休みってどっかいく予定とか・・・ある、かな」
「無いわよ? 毎年家でゴロゴロしてるじゃない」
 八谷の質問に私はそう返す。
「ん、よかった。それじゃさ・・・あの・・・プールでも行かない? さっき天薙さんからチケット貰っててさ」
「・・・・・」
 あの男・・・好きになれないから気に食わないにランクアップしたわ。たった今。
 チケット? 余計なお世話だってば。
「な、七瀬?」
 ・・・・ま、世話かけちゃったんなら乗ってやらないと可哀想だしね。
「・・・うん。それじゃ、後で行く日でも決めましょう?」
 そういうと八谷は楽しそうに肯いた。
 ・・・・何着てこうかしら。あんまり露出多いのは・・・・嫌だし。
「おいそこの青春ボーイミーツガール」
「え!?」
「誰の事よ!?」
「お前らだ。初々しくて観てられんぞ?」
 く・・・お姉ちゃんに笑われた!?
 何か悔しい・・・。
「家に着いたからとっととあがれ。店内の本は・・・お前らなら立ち読みして構わんからな」
 そういってお姉ちゃんは笑いながら家(店)の中に入っていった。・・・・く、なんかむかつく。
「・・・・さすがミヤコです。このタイミングで割って入ってハルナの神経を逆なでするとは。わたしも見習わないと」
「見習うな! 私そのうちノイローゼになっちゃうわよ!?」
「その時はわたしが看病しますよ。まぁ命の保障は微妙ですが」
「微妙!? 確実に死なない辺りが恐怖感を煽ってるっ!?」
 生け作りとかそういう感じ。
 確実に嫌だ。
「七瀬、先行っちゃうよ?」
「え、あ、待ってよ八谷!」













 こうして、夏のある日の騒動は終わった。
 ・・・・まぁ、その後で更にすごい騒動が待ってるとは思ってなかったんだけど。
 今年の夏は、始まったばかりなのに騒がしくなりそうだった。

「なんですかそのありきたりなモノローグ」
「心を読まれた!?」






...END




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー