メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そして姫を護る、神竜へ(後半)




暢気にじゃれ合う竜達を横目に、アルマ達三人の神姫は己の服に新たなる
パーツを付け足していく。まずは“セイクレール”だ。大柄のケープに、
長手袋とブーツ。そして、四肢に嵌め込む“リング”で構成されている。
ケープの留め金には、“階級章”を用いたペンダントヘッドを流用する!
これで“シルフィード”標準装備のロザリオを併用出来る、という訳だ。

「流石マイスターなんだよ、デザインも色味もボクらにぴったりだもん」
「“シルフィード”のデザインも殺さないですしね、良い感じですっ♪」
「後は、この盾を利き腕の逆に嵌めて武器を持って……出来ましたの~」
「よし!では早速、見せてやれ……私もそうだが、何より彼女らにな?」
『グオオオォォンッ♪』

待ちこがれたッ!という感じの“プルマージュ”達が一斉に飛びかかる!
そう、彼女らは全機飛行能力を備えている。“霜天龍ウィブリオ”は特に
空中戦志向だが、他の二機もそれなりの大推力を持って飛翔出来るのだ。
対する神姫達の姿は、“レーラズ”の姿とも違い非常にスタイリッシュ。
一方で少女らしい可憐さも忘れておらず、“竜と騎士”の対比……と共に
“竜とお姫様”の対比も象徴している。後は、それらに見合う“竜”だ!

「もうウィブリオってば、そんなに待たされて不安だったんですの~?」
『キュィィッ……!キュイイ、キュィッ!』
「ん……そんな絡みつかれるとボク苦しくなりそうだよ、リンドルムっ」
『クルルッ、クル!クルルッ!』
「ファフナーも、落ちついてくださいってば!突進しちゃダメですっ!」
『グァウウッ!グァッ!』

……その成果は遠くに見えていた、が。私はその考えを一瞬で改める。
何故か、だと?私の足下をうろつく、三つの“機影”が見えたのでな?
作業台の方を見れば、クララが案の定後手に“ヘル”を用意していた。
そして、その時は訪れる。力を振りかざすファフナーの突進が契機だ!

『きゃああああああっ!?!!』
『グァ……?アアアッ!?』
『クル!?クルゥウッ!?!』
『キュィィイーッ!!』

その優しさに欠けた一撃で、クララは無論ロッテやアルマまでが跳ねた!
軌道は大きく放物線を描き、三人は『一塊りとなって』台から落下する。
──────そこからは刹那。気高き“竜の魂”は、危急を見過ごさぬ!

『キュ、キュィィィィーッ!!』
『クルゥンッ!クルルルゥッ!?』
『グァオンッ!!』

最初に動いたのは、スピード特化の“ウィブリオ”。彼女は“本能的”に
翼をはためかせ、作業台の下へと飛翔したのだ!それを、波打つ様にして
“リンドルム”が追い掛け、最後に“ファフナー”が走って飛び降りる!
全ては、己の未熟で危機に陥った“護りたい者”を救い出す為に……だ。

「きゃうっ!……“ヘル”の反動、じゃないですの。これってまさか?」
「そのまさか。みたいだよ。危険を冒して一芝居打った甲斐があるもん」
「失敗してもいい様に“アルファル”は呼んでおきましたけど……ふぅ」

そして、その志は実った。三機の竜は、己の躯を張って落下せんとする
神姫達を見事受け止めたのだ!尤もクララが咄嗟に張った“ヘル”で、
床への落着はしない様に細工が施されていたし、万一の場合でも床下に
隠れていた“アルファル”がキャッチする手筈になっていた様だがな?

『キュィ、キュイッ!?』
「ええ、もう大丈夫ですのウィブリオ♪やればちゃんと出来ますの~♪」
『Yes,sir(評価出来る仕事です)』
『グゥゥゥ……』
「えと、しょげないでくださいファフナー。助けてくれましたし、ね!」
『No problem(これなら心配は無いようです)』
『クルルル、クルルッ』
「甘えるだけじゃなくて“役”を果たす……出来るかな、リンドルム?」
『Ja(問題ないでしょう)』

下手すれば自らの破損さえ有り得た荒療治だが、本能を刺激する意味では
大いに効果があった様だ。事実、“竜”達は先程までと全く違った動きを
見せている。未だ覚束ぬ所はあるが、しっかりと主を背に乗せて飛翔した
その動きから無駄や迷いは凡そ消え失せ、“竜の威厳”の片鱗が見える。

「しかしここまで“プルマージュ”達に“本能”が宿るとはな。意外だ」
「やって出来ない事はないですの!この娘達もわたし達も、そして……」
「……マイスターだって、“アルファル”達だってそうなんだよ?うん」
「だから、第一段階はクリア。もっと絆と経験を深めていくんですっ!」
『グォォォンッ!!!』

皆の殊勝な態度に、私はある部品を取り出した。本来ならばもう少し後で
ロッテ達三姉妹に与える筈の物……それは、半透明のプラスチック片だ。
“階級章”を嵌め込んだペンダントを覆う様に装着する、ハードカバー。
更に、このカバーには“コレ”と同じ意匠の“紋章”が刻んであるのだ。
私は“それ”を……常時首から下げて服に隠している物も、取り出した。

「マイスター、これは……“階級章”のカバーですの?でもこの印……」
「そう、このペンダントを模した“剣の紋章”だ。以前も使っていたぞ」
「え?……あ、旧バージョンの“W.I.N.G.S.”で使ったペンダント!?」
「その通りだアルマよ!これは私の宝なのでな、是非復活させたかった」
「……マイスターと改めてお揃い、って事になるのかな?嬉しいんだよ」
「照れる事を言うなクララッ!さ、“竜”達との訓練を見せておくれ?」
『はいっ!!!』
『グォォォンッ!!!』

──────深まる魂と心の絆、その果てに何が見えるのかな?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー