メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「無差別爆撃とは。いやはや全く戦争じみてきましたね」
 わたしはイーグルを走らせながら呟く。
 全く、まさかあんな無茶してくるとは思ってませんでしたよ。
『追っ手が来てるわよ。まぁこの速度なら逃げ切れるでしょうけど』
 ハルナが言う。
 正直確かに逃げ切れるでしょうけど・・・それじゃつまらないのですね。これが。
 わたしはコンソールを弄るとイーグルを自動操縦に設定する。
 そのままイーグルは180度回転するともと来た道を猛スピードで戻り始めた。
『・・・・サラ。アンタまたろくでもない事考えたわね』
「えぇまぁ。たまにはスピーディに動き回るのも良いかなと。それにこれはこれで狙撃の訓練になりますから」
 ハンドルから両手を離し、ライフルのボルトを操作する。
 そのままストックをしっかりと肩に当て、スコープ・・・は見ずにアイアンサイトを使う。
「待てー!! ってアレ!?」
 猛スピードで近づいてくるストラーフ・・・いやこっちが近づいてるんでしたね・・・に照準を合わせ、すれ違いざまに腹に一発食らわせた。
「ぐぅっ!?」
 イーグルの上で仰け反り背中にもう一発。さらに自動操縦で右側にカーブしたときにももう一発。
『・・・・うわ、えげつない・・・』
「芸術的カウボーイアクションと言ってください」
 ハルナと話しながらもさらにもう一発。
 頭こそ狙っていないものの、全弾ちゃんと命中させるのは骨が折れるのですよ?
「―――この!」
 ストラーフが剣で攻撃してくるのを紙一重でかわす。
 ついでに少し笑ってやる。
「―――――――もうぶちきれた!! 行くよネメシス!! グラビィティーフォトンレイ!!」
 ・・・ふむ、どうやら彼女は平均的なストラーフの性格のようですね。
 ノワールばっかり見ているとどうも・・・ストラーフが無口系に見えてきてしまいます。
『ちょっと! 感心してる場合じゃないでしょ!? あんなのこの距離で食らったら・・・!!』
「問題ありませんよ。ようは溜めてるうちに逃げちゃえばいいのです」
 わたしはそういうとイーグルのスピードを最高速にして発進させる。
 目指す場所は・・・まぁとにかく遠くです。
『幾らなんでも無茶じゃない!? あの武器遠距離に対応してるっぽいわよ!! 射程距離だってまだ判ってないし!!』
「所がどっこい。射程距離はゼロなんですよね」
『え!?』
 わたしはそういうと時速400kmで失踪するストライクイーグルに仰け反る。
 その格好のまま、スナイパーライフルを構えスコープを覗く。
 可変倍率スコープの向こう側では今まさに放たんとされる黒いボールみたいな物体が。
 ・・・最高倍率にしてもこのサイズですか。これは撃ち抜き甲斐がありそうです。
『あ、あんた・・・まさか・・・』
「ハルナ、ハウはとてもよくロマンと言うものを判ってます」
 揺れる体、ぶれる視界、容赦なく視界を遮る砂漠の風と砂。
 今ここに流れている風を読み、流れを予測し、そして獲物が動く未来すら予測し引き金を引く。
 肩に響くリコイルショック。
 スコープの向こう側で、ストラーフ振りかぶった腕を振り下ろす。
 その直前。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」
 高密度のエネルギー体らしき黒いボールを、わたしの弾丸が貫いた。
 響く爆音。
 球体状態で安定していたエネルギーは穴を開けられたことにより暴走。
 あたり一面に衝撃を撒き散らしながら自己消滅する。
「おぉぉぉおおぉおぉおおおお!?」
 その凄まじい衝撃波に曝されながらも効果範囲外から全速で逃げるわたしとイーグル。
 ・・・うわ、何か凄い速度で炎が追ってくるんですけど。
『サラ!?』
「急げぇえええええ!!」
 全速で逃げ続け、もう少しで炎に飲まれる直前に効果範囲からどうにか脱出した。
 ・・・うわ、ライフル少し焦げてるし。
 そんなことを思っていると勝利のフアンファーレが鳴り響き、私が勝ったことを知らせてくれた。
「・・・いやはや、アレですね。リアルバトルだったらデンジャラスでしたね」
『VRでもデンジャラスよ・・・それにあたしらリアルバトルやらないじゃない・・・』
「まぁそれもそうですけど。・・・そういえばどうしてやらないんです?」
『お金が無いからよ・・・何よ。その笑みは』
「なるほど、ハルナは本当にツンデレだ」
 わたしはそういってイーグルの上で伸びをする。
 いや、いい空です。
 それにしても・・・・流れる雲がやけに早いですね。
『会話になってないし・・・って! サラ!! 前!!』
「はい? ・・・・はい!?」
 ハルナの言葉に顔を上げる。
 そこには猛スピードで迫り来る廃墟の壁と、何かやたら清々しい太陽がありました。
 ・・・・えぇまぁ。
 この後何がどうなったかは言わずもがななワケで。
 そんなこんなで終わったバトルは、ハルナに賞金を、わたしに一週間運転禁止をもたらしましたとさ。
 ・・・・本当、何でこうなるんでしょうかね?




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー