メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・・なんというか、面倒な事になりましたね。また随分と」
「・・・チクショウ、遙のバカ野郎ぉ・・・・」




クラブハンド・フォートブラッグ

第二十三話

『すれ違い』








「で、本気で相手していいんですか?」
 今日起きた遙の策略を話し終えると、サラはそういった。
 本気で・・・いやいや・・・でも。
「それは・・・」
「手加減しませんよ。砂漠ステージですし」
 私の言葉を待たずにサラは言う。
 ・・・っていうかなんか怒ってる。
「あの、サラ? もしかして怒ってる?」
「もしかしなくても怒ってます。全く、そのハルカと言う友人は恐ろしい人だ。このわたしに負けろと言っている様に見えて、その実本気の勝負を期待しているようにしか思えない」
 ・・・あの、サラさん?
 言ってる意味がよくわからないんだけど?
「つまるところはですね。他のステージなら多分わたしは負けたでしょう。しかし砂漠ステージならわたしは絶対に負けない。負けたこともない。勝率100%は伊達じゃないですし。でも今の状況なら? 負けなければハチヤは面子丸つぶれです。・・・全く、非常に不愉快だ」
 ・・・いまいちよく判らない。
「要するにハチヤに告白させるには勝率100%を捨てなければいけないんですよ。わたしの唯一の誇りだったのに」
「あの・・・だったら倒しちゃってもいいのよ? あとで私の方から言えばいいんだし」
「それじゃダメです。ここで問題とするべきは『ハルナがハチヤに申し込んでしまった』という事実。これはすなわち『あたしに告白したいならこのあたしを倒してからにしな!』と挑発したのと同義ですよ。こんな状態でハチヤ倒して告白するのって・・・どんなもんでしょうね?」
「・・・言いたいことは判ったけど、あんまり告白告白言わないでよ・・・・恥ずかしいじゃない」
 しかし・・・これは、その、なんと言うか。
 もしかして板ばさみって奴なのでは?
「・・・今回限りは、私の独断で動きます。正直、今の状態では如何とも・・・」
 サラはそう重く呟くと、バイザーを下ろしてクレイドルに寝転がってしまった。
 話しかけようとしたけど、私はそれをやめた。
「・・・・・・」
 八谷が私に告白するには、サラが負けなければいけない。
 でも・・・私はもうサラが負ける姿なんて見たくないのだ。それも砂漠で。
 私は・・・サラに何て言えばいい?
 負けろ? 勝て? どっちもいえるわけがない。
 でもそれ以前に・・・・サラはどうすればいい?
 答えは・・・でそうになかった。












































「・・・・というわけなんだけど」
「随分無茶なはなしだなん。あのサラやんに砂漠で勝てとか・・・今のままじゃ土台無理なのだ」
 ハチやんの話をきいたあたしは溜息をついた。
 なんてーか、絶対なんかこんがらがるのわかっててやったとした思えないのだ。
「そこを何とかできないかな。今回の僕はかなり本気だぜ?」
 そういってハチやんはあちしを見つめてくるし。
 この分だとサラやんの苦悩なんてわかってないだろうけど、まぁ知る必要は無さそうだし教えなくてもいいかなん?
 あちしは全力出せればそれでいいわけだし・・・・でも。
「秘策・・・ないわけじゃないのだが・・・・ハチやん、秘策を教える前に一つ教えて欲しいのだ」
「ん?」
「ほんとーにナナやんのこと好きなのか?」
「・・・・・」
「そりゃあたしはハチやんの神姫だ。神姫はオーナーに仕えるものだってのも承知の上。でも今回ばかりは幾らあちしでもわりとマジだぜ。その位勝つのは難しいし、なによりサラやんは結果がどうあれ本気で来るのだなん。そのくらい、サラやんにとって勝率100パーセントってのは重いものなのだ」
 ・・・・その100パーセントは、ナナやんとサラやんの大事な誇りだから。
「お前にそれを打ち破るだけの気持ちがあるというのなら、あたしは全力を出す。もしないというのなら・・・」
「あるよ」
 あたしの問いに、ハチやんは即答した。
「サラちゃんを砂漠ステージで倒すって事が、どういう意味なのかちゃんと判ってる。それがサラちゃんを傷つけるかもしれないってことも」
 そういいながら、ハチやんは椅子から立ち上がってあたしを見下ろす。
「でも、それでも、自分の気持ちに嘘は、つきたくない。あんなもやもやした気分は、もう御免だ。僕は、七瀬の事が好きだから」
 ・・・多分あたまのなかで言葉を一つ一つ選んでるんだろう。
 たどたどしい言葉遣いだった。
「だから・・・マイ。僕に力を貸してくれ」
 そしてハチやんは机の上のあたしに向かって、深く頭を下げた。
 そのまま頭を上げる気配はない。あたしの言葉を待っているんだろう。
「・・・・凄い回転のドリルたくさんと、音で居場所がわかるやつ」
「え?」
「凄い回転のドリルたくさんと! 音で居場所がわかるやつ!! 勝ちたかったら耳そろえてとっとと準備するのだ! あと砂避けゴーグルに真っ赤なマントもよこすのだ!! 一個でも欠けたら勝ってやらないんだからな!!」
 全く、ハチやんはあちしがいないと何にも出来ないんだからなん。
 ここはネコとして一肌脱ぐべきなのだ!
「マイ・・・ありがとう」
「うるせぇとっとと準備するのだ! あと他にはだなん・・・・・・・・・・・・!」








 素直じゃないのはナナやんだけじゃないのかもなん?











| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー