メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{夢の中で…其の弐}

「よっ。また会えたな」
「はい、マスター」

今、俺がいる場所は果てしなく広がる草原。
ここは俺の夢の中。
何度も言うけど、夢の中でここまで意識が明白というかハッキリしてるのはちょっと気持ち悪い。
けど人間というものは、その環境に慣れてしまえば違和感が無くなる生き物だ。
実際、最初の時よりも気持ち悪さがない。
そしてあの時の約束を果たさせてもらいにも来た。

「では、マスター。そこに仰向けに寝てください」
「ん、こうか?」
「はいそうです。それでは…」

俺が仰向けで寝てる所をアンジェラスが覆いかぶさるようにして俺に抱きつく。

「ちょっ!?」
「動いては駄目です。心を落ち着かせて、身も心もアタシに預けてください」
「で、でもよ~」
「こうしないとマスターの記憶を引っ張る事が出来ません。お願いですからアタシの言う通りにしてください」
「ん~…、まぁ~…解ったよ」

俺は仕方なく身をアンジェラスに預けた。
柔らかい肌が密着し、俺を少し興奮させる。
いやいや、駄目だ駄目だ!
エッチな事は駄目だ!
今は自分の記憶の事だけの事を考えとけばいい!

「マスター、少し頭が痛くなりますけど我慢してくださいね」
「ハッ!?それはいったいどうゆッ!?!?」

言い切る前に強烈な頭痛がして苦しむ。
す、少しどころじゃない!
頭がカチ割れそうな痛さだ!
この痛みは前にもあった。
無理矢理自分で九年前の記憶を思いだそうとした時と同じだ。
畜生!
これじゃあ前の時と同じじゃないか!
う、うわぁぁぁぁーーーー!!!!


「…ですから、我が社の計画は随時進行していますが、その先にいくためには貴女の力が必要なのです」

ん…ん、ううん…なんか声がするぞ。
でも周りが暗くて何も見えやしない。

「…でも、現役大学生の私にそんな巨大なプロジェクトを任されても困ります。それに弟の育児も大変なので…」

…ちょっとずつだが意識が回復してきた。
今、俺は何処にいるのだろうか?
身体が無重力状態みたいな感じなので上下左右が解らないぞ。
今の俺は上を向いているのか、それとも下に向いているのか?
それは解らない。
解るといえば、男の声と若い女の人の声だけ。

「弟さんの事は大丈夫です。育児費用に関する事は我が社が全ての費用を負担しますので」
「う~ん、それでも…」

よし、そこそこ目も回復してきてぞ。
えぇーと、ここは…何処かの研究所みたいだな。
でもまだ少し薄暗くてよく見えないなぁ。
そのせいか声の主達の顔がぼやけていて、よく見えない。

「どうか、お願いできないでしょうか?どうしても貴女の力が必要なのです!」
「…分かりました。でも条件があります」
「はい、なんなりと申し上げてください」

…ふむ、会話を察すると何処かの会社が女子大学生の力を必要しているとみた。
ていうか、女子大生をスカウトする会社っていったい…。
そんでもって女子大学生には弟の育児が大変みたいだ。
なんで、親じゃなくて姉が弟を育てているんだ?
両親がもうすでに亡くなっているとか?
まぁそこらへんよく解らんが、この記憶は俺の記憶なのか?
全然検討がつかないぞ。

「弟は十歳です。大学に入学するまで、全て弟に関係する費用はそちらの会社が全額負担してくださるのなら。…私は協力します」
「分かりました。ですが、本当に大学までで宜しいのですか?我が社なら弟さんの人生を薔薇色の人生に出来る程の資金力がありますけど」
「余計な事はしないでください。少なくとも弟には普通の生活をしていただきたいのです」
「そうですか、分かりました。では正式な入社手続きは明日にお願い致します、明日またこちらに来てください」
「はい…」

…う~ん。
よ~解らんが、契約成立というか商談成立というか。
さっぱり解らん。
にしても、この女子大学生は優しい人だなー。
自分の弟にそこまでしてやるなんて、泣ける話じゃないか。

「お姉ちゃ~ん!」

ん?
なんだか男の子が女子大学生に向かって走ってきたぞ。
あぁ~、あれが女子大学生が言っていた弟か。
この幸せ者め。
姉貴に感謝しろよ。

「もう、今まで何処に行っていたの?」
「う~ん。内緒!」

ニコヤカに笑う男の子。
無邪気な笑みに女子大学生のお姉さんもニッコリ笑う。
なかなか良い話しを聞かせてもらったぜ。
…でも、納得いかないのが一つある。
それはこの記憶が本当に俺の記憶なのかどうかだ。
もし九年前の記憶が本当なら俺はいったい何処にいるんだ?

グニャグニャ

うをぉ!?
周りの背景や人間まで、全てが歪んできているぞ!?
まさかタイムアップなのか?
しょうがねぇー。
今日は収穫無しとして諦めるしかなさそうだ。
そうして俺の視界は再び漆黒の色しか見なくなり意識を失った。


「…ん、んうぅん。あれ、ここは…」
「あ、マスターどうでした?」
「いや、収穫は無し、て…うわぁー!?」

俺が起きた所はまだ夢の中だった。
そして何故叫んだのか、その理由は物凄くアンジェラスの顔が俺の顔との距離が近かったからだ。
もしかしてズーッとあんな近くで俺の顔を見ていたのか?
なんだか恥ずかしいなぁ。

「『収穫は無し』という事は…記憶が思い出せなかったのですか?」
「違う違う。思い出したんだけど、よく解らなくてよ」
「分から…ない?」
「なんて言えばいいのかなぁ。あの記憶は俺の本当の記憶なのかなぁ~って思ってさぁ」
「マスターの脳からアタシが無理矢理記憶を引っ張ってきているので、絶対にマスターの記憶です」
「そうなのか?つーか、お前…よくそんな事できるよな」
「当然です。アタシはマスターのモノなんですから」
「それ、意味不明だぞ」

でもまぁ、正直言ってここは夢の中。
あの記憶が確実に俺の記憶だ、と核心を持てないのは当たり前の事。
さて、そろそろ眠くなってきたな。
俺がこの世界で眠たくなるという事は、現実にいる俺が起きるという証拠なのが解ったことなのだ。

「それじゃあな。また頼むよ、アンジェラス」
「はい。お休みなさい、マスター」

そしてまた俺は瞼を閉じて眠りについた。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー