メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マイ




「ん~~~♪ いい場所なのだなん。お日様は照ってるし草の匂いがいい感じだし! 昼寝するには最適な場所なのだなん!」
 あたしが飛ばされた場所はデカイ草原だった。
 ほらアレなのだ・・・モンゴルとかそーゆー感じ。
 今はあんまりにも気持ちいいんで散歩して警戒中なのだ。
『・・・・マイ。幾らなんでも油断しすぎじゃ・・・』
 ゲーム機の外にいるハチやんが心配そうに言う。
「問題ないのだハチやん。・・・・だって、もう敵に見つかってるし?」
 あたしがそういうと同時に二本のレーザーが、上の方から発射される。
 あたしは笑いながら、右手に持った槍ドリルの先端をレーザーに向けてから回転させた。
 レーザーはドリルの回転に巻き込まれ拡散して消えた。
「なっ!?」
 空の上にいた天使型が驚いてあちしを見下ろしていた。
 む、何か気に食わないぞこのポジション。
「お前が対戦相手なのだなん!? あたしは八谷家にあくみょうとどろく ―――――」
「問答無用!!」
 と、名乗りの途中で天使型がいきなり撃ってきた。
 とうぜんあたしは避ける。
「かちどきくらい上げさせるのだ!! キサマ礼儀がなってないぞ!!」
『暢気に名乗ってるこっちに問題があるんじゃないかな!?』
 何を言う!
 名乗りをあげるのは男のロマンであると同時に乙女のロマンなのだ!
「ま、今はそれど頃じゃ無さそうだなん」
 さっきから物凄い勢いでレーザーの嵐があたしを襲っている。
 う~む、あちらさんは機嫌が悪いのだなん。なにかあったのか?
「ハチやんハチやん。あのレーザーを撃てなくする秘策はあるかい?」
『・・・なくもないけど。じゃぁまずは水場を探すんだ。できるなら池がいいな。それと背中のガンバレルを・・・・』
































「この! 待ちなさい・・・!!」
「待てと言われて誰が待つか!!」
 ハチやんから“秘策”を教えてもらってから数分。
 あたしは背中のガンバレルを外してひたすら逃げ回っていた。
 池は散歩してたときに見つけてたので・・・・あとはプチマシィーンズのガンバレルがどうにかしてくれてる・・・・はずなのだなん。
『マイ、準備は出来たみたいだよ』
「おっけーなのだ。待ちくたびれたのだなん!」
 あたしはそう叫ぶと池の方に向かってダッシュする。
 とうぜんの如く追っかけてくる怖い天使型一匹。
 変な剣から出てくるレーザーは雨あられと降ってくる。とにかく避けまくる避けまくる。
 そうして池の傍まで来たあたしは・・・そのまま池に向かってジャンプした。
「なッ!?」
 猫型にとって水は大敵。普通水中に入ったらザコになっちゃうのだな・・・・あたしは入らないんだなん。
「げっとライド!!」
 水中からちょこんと顔を出していたガンバレルに乗っかる。
 そのままガンバレルは全速力で池を泳ぎまわった。
「それがどうしたと・・・・!?」
 天使型は叫んだ直後に、あちしがやろうとしたことに気がついたらしい。
 でももう止められないのだなん。
「・・・霧・・・いや、水蒸気!? それがどうしたと・・・・!!」
『レーザーってのはさ。“指向性に優れた凄く強い光”の事だよね』
 あたり一面は物凄い水蒸気で覆われている。
 ガンバレルのエンジンを全開にし、物凄い熱を持ったブースターとエンジンは周囲にあった水を全部蒸発させている・・・らしいのだが、なんだ、あたしにはちんぷんかんぷんという。
「だからそれが・・・っ!!」
『指向性に優れているってことはさ、砕けて言っちゃえば纏まりがいいってことだ。どんなに強力なレーザーも、拡散しちゃえばそれはただの光だからね』
 あちしはこっそりと、水蒸気の中天使型の傍に向かって行く。
 ・・・・とはいってもガンバレルを両手で漕いでるだけなんだけど。
『そして、レーザーが高出力である理由はレンズによって集光されるからだ。見たとこ、その剣にはレンズがないようだけど・・・・大体理屈は同じだろ。さらに、レーザーは光であることはさっき言ったけどさ、“レーザーが進む途中に、反射するものがたくさんあったら”どうなるかな? それも鏡とかじゃなく、完全に光が拡散してしまうほどの細かさと数を持っているとしたら?』
 ・・・今日のハチやんは何かムズイ事ばっかり言ってるのだ。
 まぁそれは良くわかんないからいいとして・・・ようやっと辿り着いたのだ。
 この位置なら・・・・!
「・・・つまり、何が言いたいと?」
『用は簡単だよ。蒸発した水は水蒸気となりあたりに立ち込める。つまり・・・・まぁ僕も詳しいことは知らないんだけどね。この状況で起こる事態はわかる。・・・・・・今だ!!』
「うぅぅおぉぉぉぉおおおおりゃぁぁぁああぁぁぁぁぁあああああ!!」
 ハチやんの号令と共にあたしは全力で飛ぶ。
 その先には・・・・あの天使型がいる!
「なッ!?」
 あたしに奇襲に驚いたのか、例の変な剣をこっちにむける天使型。だけど・・・・!!
「え、撃てない!? ―――――きゃああああ?!」
 真っ正面からの槍ドリルの一撃が完全に決まった。
 あたしは追い討ちはせずに、そのままガンバレルに着地するとまたこっそりと離れる。
 一撃離脱戦法なのだなん。
『―――つまりさ、水蒸気のせいでレーザーの光が拡散しちゃうわけだ。アンジェラスちゃん。君には悪いけど、もうレーザーは撃てないよ』
 多分ゲーム機の外で悪者顔してるんだろうなぁ。
 さて、次の奇襲に備えるとするニャン♪






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー