メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ちょ・・・・ちょっと・・・・ここまでくれば・・・もう・・・いいんじゃない!?」
「え、あ、そ、そうだ、ね」







クラブハンド・フォートブラッグ

第十七話

『大きな壁』








 散々走った私達は息切れをして、傍にあったベンチに座り込んだ。
 ・・・・八谷ったら、私の手を握ったまま全力疾走するんだもん。男と女じゃ体力に差がありすぎるわ・・・。
「ご、ごめんね七瀬・・・大丈夫だった?」
「・・・あんたのお陰でね。八谷は・・・ああもうやっぱり汚れてるじゃない。ほら動かないで」
 ポケットティッシュを取り出し八谷についた汚れを拭き取る。
 その間本人は真っ赤になってそっぽを向いていた。
 ・・・・私まで恥ずかしくなってくるからやめて欲しいんだけどな。
「あ、ありがと・・・」
「ん・・・・うん・・・」
「・・・・・・・・」
「・・・・・・・・」
 ・・・空気が重い。
「・・・・・・これ、買ってきたわよ」
 とりあえず抱えてたスポーツドリンクのペットボトルを八谷に押し付ける。
 今のところ・・・それくらいしか出来なかったし。
「あ、ありがと・・・」
 そういって八谷はフタを回し始めた。
「・・・・・・・」
「・・・・・・・」
 ・・・・やっぱり空気が重い。
 八谷は・・・なんだか落ち込んでるらしい。
 特に格好悪いところはなかった用に思うけど。
「・・・・言い忘れてたけど、さっきはありがと」
 何となく、口をついて感謝の言葉が出てきた。
 と、八谷は少し笑って言った。
「はは。七瀬からお礼言われるとなんか不思議な感じだ。・・・別にいいよ。さっきだって怖くて仕方が無かったし・・・・特に最後」
「え、えと・・・あれは私が悪かったわ。その、つい手が出ちゃって・・・」
 っていうか今日最大の失態だ。
 あの謎のオカマがいなかったらどうなっていたか判らない。
「いやそうじゃなくて・・・・なんて言うか、弱いなって」
 ・・・弱い?
 私・・・の事じゃないよね。・・・・だったら・・・・
「八谷は強いわよ。絡まれてた私を助けてくれたんだもの」
「でも僕には嘘をついて騙すしかなかったんだ。もっと僕が強ければ・・・あの人たちだってすぐに諦めてくれたかもしれない」
 そういって力なく笑う八谷。
 ・・・あぁそうか。
 そういうことか。
「・・・・あのね、八谷。無敵になる方法って知ってる?」
 私は八谷の顔をしっかりと見据えて言う。
「え、無敵? ・・・知らないよ」
「それはね、戦わないことよ。無敵ってのは敵がいないこと。戦いが始まる前にそれを終わらせちゃえば、まさに無敵じゃない?」
「・・・そうだけど・・・」
「あなたは言葉だけで私を助けてくれたわ。でもああなっちゃったのは私がそれを台無しにしたから。だからあなたが気に病む必要はないのよ。・・・・あの時の八谷は、その・・・格好良かったし・・・・ね」
 ・・・・うわぁ。
 多分っていうか絶対顔真っ赤だ私。
 目逸らしたい・・・逸らしたいけどこれだけいっといて逸らすわけにも・・・。
 と、先に目を逸らしたのは八谷だった。
 顔を真っ赤にして俯いている。
 かく言う私も顔は真っ赤だ。
 ・・・お互いに、居心地は悪いけれど不思議と気は重くない数分が過ぎた。
 園内にアナウンスが響き、航空ショーが間近であると知らせる。
 私達は・・・・無言で立ち上がって、ショーが開かれる園内の神姫センターもどきに向かって歩きだした。
 ・・・・私達の距離は、ほとんど無かった。















































「いっちょ完了ぅ! ちょろいもんね~」
「・・・一応聞いとくが、殺して無いだろうね?」
「あの位じゃ死なないわよぉ。・・・・まぁトラウマにはなるでしょうけど?」
 スバルが帰ってきたとき、ちょうどハルナとハチヤが席を立った。
 ミヤコは目を光らせて二人を見張ってますね。っていうか上の会話が微妙に怖いです。一体何をしたんですかスバル。
「いちじはどうなるかと思ったのだなん! さすがスバやん強いのだ!!」
「んふふ~あの位朝飯前よぅ! こう見えて高校時代は色々してたのよぉ!!」
 そういうとスバルはミヤコに顔を近づけます。
「そ・れ・でぇ☆、どんな具合よ二人?」
「・・・ふむ、二人が手をつないで歩いてるのを見れば、自ずと状況は把握できるんじゃないかね?」
「・・・・何ちょっと待ってもう言っちゃったわけ!? あぁあああぁぁあ見損ねた・・・!!」
「大丈夫ですよスバル。今はハチヤが落ち込んでたのをハルナが慰めただけです。・・・まぁ、いい雰囲気だったのは事実ですが」
「ああんそれならいいわ。ありがとねサラちゃん☆」
 そういわれて、大きな指先で頭を撫でられる。
 いえ、それは嬉しいのですが今わたしがいる場所がですね。
「・・・吉岡、お前ね、少しは考えて撫でたまえよ。はたから見たらお前が私の右乳を指先で弄ってるように見えるじゃないか」
「あら失礼? お返しにアタシの胸を・・・・」
「アイツ以外の男に興味は無いよ・・・・そろそろ行くか」
 そういってミヤコは歩き出しました。
 胸ポケットに収まってるわたしたちも移動します。
 ・・・・っていうか歩くたんびに揺れてるのはどうにかならないんでしょうか。
 そんなことを思いながらわたしたちはショーの会場に向かった。・・・・って、あれ?
「・・・・あの、ミヤコ。一つ質問があるのですが」
「ん? 何かね」
「チケット無しで入れるんですか?」
「「「「「・・・・・・あ」」」」」
 ・・・・・前途は多難なようです。













| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー