メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ところでマスターさん、つかぬ事をお伺いいたしますが」
夕食が済み、私たちは並んで(と言っても私は卓袱台の上で、ですが)TVを見ていたときの事。
番組がCMになったのを機に、少し前から思っていたことを、思い切って聞いてみることにしました。
「なんでしょうか犬子さん?」
マスターさんは、手にしていた湯飲みを卓袱台の上に置くと、正座の姿勢のままでこちらに膝を向けなおしました。
私もそれに習って、マスターさんに向き直ります。同じように正座、というのは残念ながら武装神姫の関節構造上ムリなので、中途半端にそれを真似た、膝立ちのような姿勢でですが。
「マスターさんは、どうして私をお買い求めになったのでしょうか?」
「ああ、そのことですか。……実はですね、私はとある理由から、私に代わってPC管理をしてくれるパートナーが必要だったのです。つまり……」
マスターさんの表情が心なしか強張ります。
まるで、なにか決意を固めるかのように。
自らの罪を認め、それを今から告白するかのように。
「実は機械オンチだった私に代わって……!」
「………………………………実は存じておりました」
「気付いていたのですか?」
「気付いていたのです」
というか、どうして気付かれてないと思っていたのかと問い詰めたい衝動を抑制するのに大変でした。
PCは必要なため揃えたものの、その設置は知人にお願いしたとのこと。その後はなんとかサイト閲覧とメールのやり取りは覚えたものの、不要な重いアプリケーションを常駐しっぱなしにしてたのはともかく、ウィルス対策ソフトをはじめとする各種重要なソフトも初期インストール時のままでアップデートせず、不用意にセーブしたデータはその後どこにあるか探し出せず、そうしてデスクトップにはフォルダとファイルが散乱しまくり、そうした「荒れ放題」と言うほかなかったPCを整理したのは誰だと思っているのでしょうか。
そのほか、ビデオや炊飯ジャーのタイマー予約が出来ないのは言うに及ばず、ケータイは通話とメール専用機、TVのリモコンは電源とチャンネルと音量の部分だけが使い古され、電気ポットはヤカンで沸かしたお湯を保温しておくためのものetcetc。
ある意味で、武装神姫とはもっとも縁遠いお方なのです。
しかしそれだけに、私としてもお仕えし甲斐があると申しましょうか、分類上は「玩具」とはいえ、もともとそういった生活サポートも視野に入れて開発された最先端電子機器の塊でなおかつ高度なプログラミング技術の結晶たる武装神姫にとって、そのあたりはまさにホームグランドでして。
機械オンチなマスターさんが武装神姫を購入を決意したのは、まさに英断であり最良の選択であったと自負しております。
が、私がお聞きしたかったのはそれとはもうちょっと違ったことでありまして……。
「あの、それでですね……数ある武装神姫たちの中から、なぜ私をお選びになったのかな、と」
「なるほど、そちらでしたか」
自らの「罪の告白」がスルーされたことに安心したのか、マスターさんは表情を和らげると、卓袱台の上の湯飲みを手にとって、一口。
卓袱台の上に戻されたそれに、私は急須を抱えてお代わりを注ぎます。
「ありがとうございます」
深々。
「どういたしまして」
深々。
「それで、なぜ私が犬子さんを選んだかといいますと……別に、深い意味はなかったのです」
マスターさんが言うには、初めて武装神姫の存在を知ったのはぶらりと立ち寄ったお店の店先で、その時は「なんだかかわいいお人形さんが並んでいますね」くらいにしか思ってなかったそうです。
その後、ネット放浪の最中に偶然武装神姫のことを書いてあるサイトにたどり着き、自分の見たアレが「そういうモノ」だったことを初めて知ったのだとか。
そうして武装神姫に興味のわいたマスターさんは、そのままサイトを伝ったりカタログや本を読んだり、武装神姫を知っている方にお話を聞いたり、お財布の中身と貯金通帳と月末の支払いとを見比べたり、お給料とボーナスの振込みの日を指折り数えたりして、ようやく武装神姫の購入を決意したそうです。
その実、最初に武装神姫を見かけてから数ヶ月、武装神姫のことをもうちょっと詳しく知ってからも実に1ヶ月はたっているとか。
「ですがもともとそういった意図での購入でしたので、『これが欲しい! これでないとダメ!』というのはなかったのです。それでとにかく、お店に行って決めようとしたら、店先に残ってたのは、70%オフで売っていたお侍さんと、それから騎士様に犬さんと猫さん、イルカさんとサンタさん、それに新発売ののぼりのついてた寅さんに牛さんでした」
その時のことを懐かしむように、マスターさんは語ります。
「このうち、やたら安かったお侍さんは、そのあまりの安さが素人目に不安になって回避しました」
「……なるほど」
私はそれだけを口にして、心の中で紅緒型さんの不遇に合掌しました。紅緒型さんがよく安売りされるのは性能が要因ではなく、その、なんと申しましょうか、純粋に需要と供給のバランスからくるもので……。
つまりマスターさんのように、個々の武装神姫にこだわりなくあくまで武装神姫の電子秘書的なサポート性能を期待しての購入を検討される方には、まさにうってつけの値段設定だったという事は……まぁ言わぬが花なのです。
「同じように、他より安くて箱が一回り小さかったイルカさんとサンタさんも回避しました」
「それは正解でしたね、マスターさん。ヴァッフェドルフィン型さん及びツガル型さんはあくまでEXウエポンセットであって、神姫の素体が含まれていないのです。
一応それでもコアユニットはありますので起動及び電子秘書としての役割は果たせますが、それを買っていたら、今頃マスターさんは胸像とお話していたのです」
「そうなのですか」
「そうなのです」
その当たりは箱の裏にしっかりと明記されていますが、それを見落とすのも機械オンチのうちなのでしょう。
「それで、新製品と寅さんと牛さんは、見るからに部品が多くて複雑そうだったので、断念いたしました」
「賢明な判断だとおもいます、マスターさん」
彼女らの売りである工夫次第で様々な形態を実現可能な複雑な合体機構は、マスターさんの手にかかれば前衛芸術作品へと昇華されることが容易に想像できます。
実際のところは、その当たりは神姫が自分で管理できるであろうということも言わぬが花なのです。
「そうして残った候補の中から、私は……」
そこでマスターさん、一度言葉を切り、少し照れくさそうに頬をかいて。
「一番可愛かったのを、買ってきたのです」
……あー、なんと申しましょうか、非常に武装神姫冥利に尽きるといいますか、ありていに言って幸せです。
腰部に接続されたドッグテイルが、ぶんぶん振り回されるのを制御不能なのです。
それでもってなおかつ、非常に照れくさいです。
「しかし……マスターさん、購入まで随分と長くお時間かけられたのですね」
その照れを隠すように、私はぎこちなく話題を変えます。
「そうですね。もとより安いものではないですし、そもそも僕がそういったものを手にするとは、ついぞ想像すらしていませんでしたし、何を基準に選んだらいいやらすらわかりませんでしたからね。
いやはや、我ながら優柔不断のきわみでした、お恥ずかしい」
「いえ、そんなことはありませんよ、マスターさん。それは、マスターさんが真剣に考えてくれたという証なのです。誇りこそすれ、卑下することなど何一つとしてないのです」
「や、そう言って頂けると恐縮です」
深々。
「いえいえ」
深々。
「それに、ですね」
「はい?」
顔を上げた私は、笑顔で続けます。初期プログラムに設定された笑顔ではなく、マスターさんとの生活で勝ち得た、私オリジナルの満面の笑顔で。
「マスターさんの悩んだ期間が、
もうほんのちょっとだけ短くても、
もうほんのちょっとだけ長くても、
『私』はマスターさんに出会えませんでした」
マスターさんは、神妙に私に言葉の続きを待っています。
「もし別の機会に購入していたら、ここにいたのは別のタイプの武装神姫だったのかもしれません。
いえ、もしハウリンタイプだったとしても、
『私』より前の棚に並んだハウリンだったかもしれません、
『私』より後ろの棚に並んだハウリンだったのかもしれません。
マスターさんがそれだけの時間を悩んでいて頂いたからこそ、『私』は今こうしてここにいることができるのです。
マスターさんが悩んだ時間は、きっと『私』がマスターさんに出会うために必要な時間だったのです。
もちろんそれは『私』にとっての都合で、マスターさんにとっては『私』でなくてもよかったのでしょうけど……マスターさんと出会えた『私』は、それだけの時間をかけてくれたマスターさんと、マスターさんと出会えた幸運に感謝しているのです」
「……犬子さんは、ロマンティストなんですねぇ」
微妙に的を外したマスターさんのご返答は、しかし照れ隠しなのが丸判りなのです。ですから私は、さらに流れに乗って攻め立てます。
「ロマンティストなんです。というか、ことオーナーとの絆に関する限り、武装神姫はみなロマンティストなのですよ」
「そういうものですか」
「そういうものです」
マスターさんは、優しく微笑み、湯飲みをこちらに差し出します。
「お代わりをいただけますか?」
「はい、少々お待ちを……はい、どうぞ」
「ありがとうございます」
深々。
「どういたしまして」
深々。
「あ、CM明けました」
「おっと、危うく見逃すところでした。ありがとうございます」
深々。
「どういたしまして」
深々。


こんな風にして、私とマスターさんの夜は、他愛無く過ぎていくのです。












| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー