メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 8月1日。
 梓の家に泊めてもらった後、僕たちは結局家に戻った。ずっといるってわけにはいかないし、朝起きてみると、梓が何だか沈んだ顔をしていたから、とりあえずいない方がいいと思って。
 その日は外出する気は起きず、家で無為に過ごした。
 そして翌日。僕とネロは、また神姫センターに来ていた。
 店内の端末を操作して、コミュニティから神姫を探しているという情報がないか、調べる。
 「御影市」「ストラーフ」「ネロ」などのキーワードで検索……該当なし。
 念のため、範囲を県内に広げる……やっぱり該当なし。
「やはりダメですか、慎一?」
「うん……」
 以前と変わらない結果に、僕は少し落胆する。
「ごめんね、ネロ。なかなか見つけられなくて」
「い、いえ、そんな。気を落とさないで下さい」
 ……気を落としてるのは、ネロも一緒……いや、もっとつらいはずなのに。それでも気を使ってくれるのが、ありがたくもあり情けなくもあり。
「……うん、ありがとう」
 お互いなんとなく、言葉が続かなくなる。と、
「……なあ」
 後ろから、声がかかった。
「端末、空けてくれねーか?」
「え、あ、うん。ごめん」
 後ろにいたのは、中学生くらいの女の子だった。でも、神姫と一緒にいるわけではない。なんとなく気になって、どいた後も、つい彼女を見ていた。
「……なんだよ。なに人のことジロジロ見てんだ?」
 見てたら、その子にやけに凄んだ目で睨み返された。
「あ、いや、その……」
「神姫連れてねー子供がここにいるのが、そんなに珍しいか?」
 ……バレてる?

 その後、なし崩し的に、僕はこの子にジュースをおごることになった。彼女曰く
『ジュースおごってくれたら、少しくらい話してやるよ』
 とのことで。
 レストスペースの一角で、僕とその子は向かい合って座っていた。ネロは、テーブルに座っている。
「あたしは津雲はやて。はやて、って呼んでくれていい」
 一息ついたところで、その子――津雲はやて――が、名乗った。
「僕は星野慎一。この子はネロ」
「よろしくお願いします」
 僕とネロも、それぞれ挨拶する。そしたら、
「……やっぱりか」
 はやては、予想通り、とでも言いたげに、言った。
「ネロ。おまえ、記憶喪失で、慎一が正規のオーナーじゃねえだろ」
「え、っ……?」
 いきなりそんなことを言われ、ネロは絶句した。
「な、何言ってるの?」
 ごまかそうとしたけど、
「隠しても意味ねーぜ。かすみや修也から名前は聞いてるし、ここ最近は来てなかったけど、何度も何度も神姫の捜索情報を調べてる。それに……、似た者同士だから、わかっちまう」
 すぐ切り返された。修也さんの名前も出たし、はやてが確信を持っているというのは、間違いないみたいだ。
「安心しな。あたしは別に、咎めたりしねー。そもそもあたし自身、警察とかと関わるのはそうそうできねーしな」
「さきほど、似た者同士と言われましたが、あなたにも何か特殊な事情が……?」
 ネロが聞く。
「ん、まあ、な。あたしも……親いねーし、家もないからここに保護されてる。だからっつーか、おまえ見てると、くだらねーことでウジウジ悩んでんのがよーっくわかる」
「く、くだらないって……! 慎一は正規のオーナーでもないのに、こうして頼りにして、助けてもらって、それで本当に……!」
 ネロがそういう風に悩んでたのは、薄々気付いてはいたけど。はやては、一発でそれを看過してしまった。
「……正規とかそうじゃねーとか、そんなことで悩むのがくだらねーんだよ。本当のオーナーだろうがそうじゃなかろうが、そいつのこと本気で信頼してんなら、関係ねーだろ」
「……本気で、信頼?」
「あたしだって、ここの人たちは本当の親じゃねーけど、信頼してる。ここの人たちも、あたしのことを一人のあたしとして接してくれてる。少なくとも慎一は、おまえのことをちゃんとネロとして接してくれてんじゃねーか?」
 はやての言葉は、間違いない確信に満ちていた。
「……ま、それはそれとして、せっかく来たんだ。かすみに会ってかねーか?」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー