メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 一体なにがどうなってそうなったのか。今となっては心底どうでもいいんだけど。
 それはうだるような夏のある日に起きたような気がする。







クラブハンドVS双子神姫

~真夏の大決戦!ポロリはないよ!!~






「・・・・・・・・・あづい」
「人間とは、脆弱な生き物ですね。このくらいの気温でそんなになるとは」
「エアコンの吹き出し口にぶら下がってるあんたに言われたくないわ! ってかいつの間に梯子と足場なんて組んだのよ!?」
 暑かった。とにかく暑かった。
 季節は夏。恋人が海で熱暴走したり老人が倒れたりする季節なのです。
 ちなみにこの時期、悪魔型が熱暴走する事故が多発しているのも夏ならではというかなんと言うか。全身真っ黒だもんね・・・サラもだけど。
 まぁそんなこんなで、私こと七瀬春奈は自室でぐったりとしてるわけなのよ。さっき学校から帰ってきたばかりだからまだ暑いし。
 っていうかそれよりも。
「いやいや外よりかは涼しいよ。それよりハルナ、このマンガの次の巻はどこにあるんだ?」
 なぜか、私のベッドでマンガを読んでいるお姉ちゃんのほうが問題だったりするわけで。
「別にいいじゃないかね。この暑い中、妹が帰ってくる前にクーラーをつけ、部屋を涼しくしておこうという姉心がわからないのか?」
「いやそれは確かに嬉しいけど。なに、帰ってたの?」
 とりあえず姉に疑問をぶつけてみた。
「ついさっきね。ちょいと用事があって参上したわけさ」
 そういってベッドの上で足を組むお姉ちゃん。その前にそこから降りろ。
「マイリトルシスターよ。4on4の神姫バトルに参加しないか?」
「・・・・・・・・バトル?」
「そうだ。神姫センターで働いてる知り合いからの依頼でね。なんでもとある企業が神姫の対戦相手を欲しがっているそうだよ。というわけだ。やらないか?」
 ある日の午後。久しぶりに実家に帰ってきていた姉は妙なことを口走りはじめました。
 なにその胡散臭い話。
「やらないわ。面倒そうだし」
 姉の話はこうだ。
 つまり、謎の企業(この時点で胡散臭さ全開だ)が四人一組(神姫の数)のチームを求めているらしい。そしてその企業も四人一組の相手を用意している。つまりは私達とその企業とで、四対四の神姫バトルをしないかと言う話だ。
 ・・・・もう一度言うわ。胡散臭すぎ。
「お前は若いくせに向上心がないな。企業はちゃんとした会社だって説明しただろうに。ヴァーチャルイメージセキュリティーって聞いたこと無いか?」
「無いわよ。大体何の会社なのよそこ」
「島田重工の子会社だよ。ほら・・・天使型と悪魔型つくった会社だ」
「あぁそれなら・・・・っていうかなんでそんな企業の子会社がそんなことするわけ?」
「そんなことは知らん。でも参加すれば報酬が出るぞ。ざっとこんくらい」
 そういってお姉ちゃんが見せた金額は・・・・え、何コレ。結構いい額じゃない?
「・・・・参加するだけ?」
「参加するだけ」
「危なくなったりしない?」
「しないしない。っていうかさせない。私がお前を守るさ。妹に手を出す奴は悪・即・殺だ」
 そういって胸を張るお姉ちゃん。
 ・・・・むむ。今かなり心がぐらついてますですよ?
「ちなみに、八谷も誘うつもりだよ。マスターの数は問題ではないが、神姫は四人揃える必要があるんでね。勿論報酬は半額になるとかは無いから」
 ・・・・・むむむ・・・・・・・。
「・・・・しょうがないね。やってあげるわよ」
 私はそういって姉の申し出を受けましたとさ。

















 で、当日。
「もぉ本当に助かったわよぅ! 幾らなんでもこんなのに参加してくれる人なんて、見つかりっこないと思ってたわよぅ!!」
 ・・・なんだか、物凄いハイテンションなオカマさんと一緒のオフィシャルバトル室に押し込められてます。
 ・・・・・・・この状況は、なに?
「いやいや。それで借金の半分を肩代わりしてくれるって言うんだから、私としては嬉しい限りだよ」
 なんかお姉ちゃんはにこやかに談笑してるし。
 私と八谷は隅の方で小さくなってるけど。
「・・・みや姉、知り合いにオカマさんなんていたんだね」
「あの姉は・・・なんと言うか・・・変わり者だからね・・・・いても不思議じゃないけど、本当にいるとは・・・」
 って言うか今日の対戦相手ってこの人?
「あぁそうだ。対戦相手はまだ来てないって話よぉ? 今知り合いが外に迎えに行ったから・・もう少しすれば来るんじゃないかしら? いやいやしかしあれね。世の中って狭いわねぇ?」
「ん? なにを言ってるんだお前は」
「べつに~? ・・・あら、きたみたいねぇ?」
 オカマの人がそういうと同時に、ドアが勢いよく開く。
 そこから姿を現したのは・・・なんと言うか、実に冴えない男ね。八谷のほうが・・・じゃなくって!!
 男の人は順番に私達を見る。
 まずはオカマの人。
 そして次は八谷を。
 次は私を見て・・・最後にお姉ちゃんを見て

「あぁー!お前は!!」

 叫んだ。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー