メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ありがとうございます。EDEN-PLASTICSカスタマーサポートセンターです」
 マニュアルどおりの応対が、どこかのブースから聞こえてくる。
 ここはEDEN-PLASTICSのサポートセンター。武装神姫の素体やコアユニットを
販売管理する、武装神姫の総本山……の対お客様最前線だ。
「マオとハウの不具合って……まだ凶暴なコのロットって残ってたんですか?」
 その戦場の最前線であるスタッフブースの外れの外れ。
 主任の札が出された大きなデスクの前に、あたしは一人呼び出されていた。
「みたい。対応頼んでいいかな? マオチャオの対処方法見つけたの、あかねちゃん
だったしさ」
 何のヘマを怒られるのかと思ってビクビクしていたから……その依頼は、むしろ
拍子抜けするほどだった。
「はぁ。じゃ、私のブースに持ってきといてください」
「ありがとね。後で差し入れ、持っていくからさ」


魔女っ子神姫ドキドキハウリン

番外編 その1



 ブースに戻れば、荷物は既に届けられていた。
「あー。こりゃ、気合入ってるねぇ」
 中のコのマスターはよっぽどヒドイ目にあったんだろう。箱に幾重にも巻かれた
ガムテープが、その時の惨状を物語っている。
「ますたぁ。ボクの妹がまた悪いコトしたんですかぁ?」
 大変だったんだなぁ……とマスターさんの事を考えていると、ブースで留守番をして
くれていたマオチャオが心配そうな顔を向けてきた。
 フリルの付いた白いエプロンが可愛らしいそのコは、あたしの自前の神姫。いくら
神姫のサポセンといえど、本当は私物の神姫を持ち込んじゃいけないんだけど……
ありがたいことに、みんな見て見ぬふりをしてくれている。
 それに、にゃー子はマオチャオの不具合を解決した最大の功労者だしね。
「んー。別に、にゃー子が悪いことしたわけじゃないから、いいんだけどねぇ」
 さて。その不具合を何とかしてでもこのコと一緒にいようっていうご主人様のためだ。
 この戸田あかね、ウチのにゃー子と一緒にひと肌脱ごうじゃありませんか。
「にゃー子。そのエプロン、外しといた方が良いよ。静香が作ってくれたヤツでしょ?」
「あ、はーい」
 妹(こいつがまた、手先が器用なんだ)お手製のエプロンを引き出しに仕舞い、
にゃー子が代わりに取り出したのは、秘密兵器。
「ますたぁ。おっけーだよ!」
 あたしもそのうちの一本を受け取り、カッターで梱包に切れ目を入れた。
 既ににゃー子は秘密兵器を構え、梱包の動きを窺っている。
「じゃ、開けるよ」
「あい!」
 さっと箱を開けば、中から飛び出してきたのは猫の凶暴性をそのまま映したかのような
マオチャオだ。
「それ、かかれーっ!」


「巧いもんだねぇ……」
 あたしの指先にゴロゴロと頬をすり寄せるマオチャオを見て、差し入れのおやつを
持ってきてくれた主任は感心したように呟いた。
 仔猫のようにあどけない顔でこちらを見上げるマオチャオは、もちろんウチのにゃー子
じゃない。ほんの五分ほど前まではそこらの野良猫よりも凶暴だった、あのマオチャオだ。
「このくらい、誰でも出来ますよー」
 不具合なんていうけど、何のことはない。輸送中にうっかり電源が入ってしまい、
暗闇のストレスでシステムがオーバーフローしてしまっただけのこと。
 どちらかといえば大人しい性格の一期モデルは、同じ現象が起こっても怖がったり
怯えたりするだけだった。

 余談だけど、箱を開けた瞬間にマスターに抱き付いてきたり、甘えっ子な性格の神姫には
この不具合が出てる可能性が非常に多かったりする。
 ただ、
「ウチのストラーフがオレにべったりくっついたまま離れないんです! そのうえ
甘えん坊で、夜も一緒に寝たがって……」
 なーんて苦情が来たことは、わがEDEN-PLASTICSのサポートセンターにも一度として
ないわけで。こちらもその症状を、大きな不具合とは思わなかったんだけど……。

 動物的な性格パターンを入れて発売した二期モデルは、同じ症状が甘えっ子じゃあ
なくて凶暴化っていう形で現われたワケだ。
 もちろん今は電源装置の改善がされていて、どの子もこんな不具合は起きなくなってる
けど……。暗闇の中にずっと閉じこめられてれば、そりゃあ暴れたくもなると、あたしは
思う。
「ほらほらー」
 反対の手には相変わらずの秘密兵器。
 マオチャオの目の前にひょいと突き出してやれば。指先にしがみついていたマオチャオの
大きな瞳は、ゆらゆらと動くそれに吸い寄せられたまま離れない。
 やがて顔が視線に追従し、続いて体が秘密兵器の方へと流れていく。
「はーい」
 ひょい、と右手を突き出せば、秘密兵器はその手を受け流し、右手が触れることを
許さない。
 その動きが面白かったのか、今度は左手を突き出すマオチャオ。
 もちろん、秘密兵器は左手が触れることも許さない。
「にゃーっ!」
 右、左、右、左。ゆらゆらと揺らしてやれば、さらにマオチャオはエキサイト。
 有効打を与えようと必死にそれに追いすがってくる。
「ほーら、こっちにもあるよーっ!」
 今度はにゃー子の秘密兵器を追いかけ始めた。
 ふふ、可愛いなぁ。
「それにしても、猫じゃらしとはね……」
 要は、たまったストレスを解消してやればいいだけの話。
 凶暴化の症状を解消するため、猫じゃらし片手にマオチャオと戦いまくった不具合発覚
直後は……あたしにとってはいい思い出だけど、主任達にとっては悪夢のひとかけららしい。
「もう三十分も遊べば、疲れて寝ちゃうと思いますよ?」
 秘密兵器その2。
 神姫と同じほどの大きさがあるゴムボールを取り出し、マオチャオの方に転がしてやる。
 って、アンタまで遊ぶんじゃないの、にゃー子!
「そっか。じゃ、終わったら修理セクションに回しといて。電源の交換と、太腿の修理
依頼を出してあるから」
「はーい」
 そして、主任は去り際に。
「あと、いくら神姫のサポセンっていったって、私物の神姫を仕事場に持って来ちゃ
ダメだよ。後でもう一回、僕んところに来なさいね?」
「えーっ!?」
 ちょっと、お褒めの言葉じゃなくてお小言決定!?
「ひどいよ、主任……」
 涙目のあたしなんか気にも留めず、二人のマオチャオがゴムボールで一心に遊んでいる
のが……なんだか無性に恨めしかった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー