メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……本当なんですか?」
  机の上、秋葉が手を止めて、かすみに聞いた。
「少なくとも、あの刑事さんが嘘をつく理由はないわ。それに実際、窃盗事件が多発してるのも事実なんだし」
「だったら何も、わざわざ実験を強行しなくても」
「そうは言ってもね……。半分所長の趣味とはいえ、ここはかなり黒寄りグレーゾーンのモノを造ってるから。それに、私達が実験を行うことで、その窃盗団をおびき出すこともできるでしょ?」
  秋葉はその言葉の意味を少し考え、
「……それって、私達が『餌』になるってことですか?」
「そう……なるわね」
  溜息をついた。
「ひっでえな、その刑事」
  隣で会話を聞いていたはやてが、吐き捨てるように言う。
「仕方ないのよ。いずれどこかがこういうコトをしないと、その窃盗団も捕まりそうにない、って言ってたもの」
「なあ、あたしも行っちゃダメ?」
  はやてがかすみに聞く。
「……無茶言わないで。今日、あなたを刑事さんから隠すのにすごく気を使ったのよ?」
「でも心配だよ……」
「そうね……。はやては無理だろうけど、アリスなら、大丈夫かしら」
  その言葉に、はやては顔を輝かせた。
「ホント!?」
「危ない橋は……、アリスもいっぱい渡ってきたものね。お願い、していい?」
「うん!」

「ああ、人間とはなぜこうも、常に誘惑と戦い、時に悪事に走るのだろう……」
  高明が、相変わらずの演技口調でえんえんしゃべっている。
「そんな世界で、我々は正義のもと、断固として悪に立ち向かわねば!」
「……言ってるコトはわからんが、要するに護衛やれってことだな?」
「そう! さすがは僕の友人、察しがいい!」
(あ、リュミエは帰したんだっけ……。明日、朝一で回収してこないと)
  さらに続く高明の長口上は無視し、修也はつらつらと、そんな事を考えた。

  翌日。人気のない、使われなくなって久しい公園に、彼らはいた。
「そちらのお二人は、昨日はお会いしませんでしたね?」
  刑事……松田敏郎が、修也と高明の二人を見て言った。
「ええ、青葉の同僚の、小林高明といいます」
  こういうところでは、ナゼか高明は普通にしゃべる。
「こっちが、今回護衛を買って出てくれた」
「上岡修也、です」
「そうですか。私は松田敏郎です。こっちが」
「トシローの神姫、ランだヨ! ヨロシク!」
  ショートカットのサンタ型神姫が、二人に挨拶する。その素体は、通常の素体とは、姿を異にしていた。
「できればそちらの神姫も、紹介していただきたいのですが」
「あ、ええ」
  まず、修也がショルダーバッグから、リュミエを出す。
「リュミエといいます、よろしくお願いします」
  すでにフライトユニットと強化型エクステンドブースターを背負っていた。さらに、右腕がストラーフのサブアーム「チーグル」に換装されている。
  鳳凰杯での、対ミュリエル戦での敗北後、その破壊力に気づいた修也が考案した、新型の弾丸装備だった。
  続けて今回のテスト担当の舞姫、整備及びデータ回収担当の秋葉が自己紹介し、最後に、
「……アリス。今回は護衛担当」
  素体のままの、悪魔型が名乗った。
  敏郎とランが、北側を。修也とリュミエが南側、アリスがかすみの周囲という配置になり、一同が準備に入った時。
「すいません! 遅れちゃって……」
  男性が一人、公園に入って来た。
「おう虎太郎、来たか」
  敏郎が、その男性に声を掛ける。
「コイツは高槻虎太郎です。優秀な『修理屋』なんで、何か役に立つと思って連れてきました」

「……そうですか。じゃあこの子は、性格インプットからご自分で?」
「ええ、なんの因果か、猫になっちゃいましたけど」
  かすみと虎太郎は、技術者同士ということで意気投合していた。
  視線の先には二体のハウリン。
「そちらの神姫は、三体とも青葉さんの神姫なんですか?」
「……ええ、まあ」
  正確に言ってしまうと、アリスは違うのだが。面倒になるのもイヤだったので、かすみは黙っていた。

  ……そして数分後。それは来た。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー