メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「相手を寄り付かせないで倒すパルカで」
「…お兄ちゃん。ありがとう、嬉しいです!」

左肩で、頬を桃色に染めながら喜ぶパルカ。
まぁ喜んでくれるのは嬉しい。
だけど他の三人は少し残念そうな感じだ。
『後で他の奴等と戦うから、その時にな』と言うとパア~と明る表情になる神姫達。
さて、そろそろ対戦するか。
装備…よし!
指示…よし!
ステータス…よし!
パルカを筐体の中に入れ、残りの神姫達は俺の両肩で座ってパルカの観戦をする。

「パルカ、頑張れよ!」
「うん!お兄ちゃん、私頑張るから!」
「相手を接近させないように弾幕を張るのよ!」
「一番最初のバトルであたしの妹なんだから!姉のボクを恥じかかせるなよ!!」
「負けそうになったらパルカの巨乳で相手を翻弄させるのもアリよ~!」
「ルーナさん…さすがにそれはちょっと…」

パルカは少し心配そうにしていたが、頑張なりな笑顔を俺に見せ筐体の中へと入って行く。
気がつくと俺は両手で握り拳をつくっていた。
いつになく俺の心は興奮していたのだ。
何故だろう?
多分、誰かを応援している事によって熱くなっているのかもしれない。
それとパルカに勝ってほしい、という気持ちがある…かもなぁ。
俺は筐体の方に目を移すと中には空中を飛んでいる二人の武装神姫達が居た。

READY?

女性の電気信号がの声が鳴り響き、一気に筐体内の中が緊張が走る。
勿論、外に居る俺達もだ。

FIGHT!

闘いの幕があがった。
お互いの距離150メートルからスタートして、敵のストラーフが接近しパルカは後方に後退する。
敵のストラーフが総重量的に重いせいか、二人に間の差がひらく。
距離250メートルぐらいの間合いかな。

「お願い!当たって!!」

パルカは“ヘルゲート”アサルトブラスターを取り出しババババ、と連射する…が。

「へっへ~んだ。そんなじゃ当たらないよ~だ」

余裕綽々で避ける敵のストラーフ。
回避した後はすぐさま間合いを詰めパルカに近づく。

「ッ!?これなら!」

すぐさま“ヘルゲート”アサルトブラスターをしまうと“ピースビルダー”リボルバーを二丁取り出した。
二丁拳銃か!?

パンパン!

「ヒョイ、ヒョイ、と。楽勝ー」

慌てて撃ったためかパルカの攻撃はミスした。
クッ!
このままではマズイ!
そう思った瞬間。
間合いの距離は50メートルぐらいになっていた。

「クラエー!」
「!?」

敵のストラーフはDTリアユニットplusGA4アームのチーグルで攻撃しようとした。

「間に合って!」

“ヘルゲート”アサルトブラスターを再び取り出し自分に迫ってきてるチーグルに縦に向けた。

ガキャン!

筐体の街の中でとても鈍い音が響いた。
何故そんな音がしたのか。
それは“ヘルゲート”アサルトブラスターを盾にして、間一髪の所でチーグルの攻撃から逃れたのだ。
しかし、“ヘルゲート”アサルトブラスターを盾にしたおかげで、もう銃としての機能は失われていた。
あんなボロボロじゃあ撃てないだろう、DTリアユニットplusGA4アームのチーグルでの攻撃は破壊力抜群という訳か。
パルカは間合いを詰められてしまったので後方に下がる。
しかし、敵のストラーフはそれを許さない。
アングルブレードを取り出しパルカに再び攻撃しようとしたのだ。

「ッ!」
「避けるなよ~」

ギリギリの所でかわす事が出来たパルカは更に間合いを広くしビルの背後に隠れてしまった。

「…お兄ちゃん。助けて、お兄ちゃん…怖いよー…」

ビルの背後で声を殺しながら無くパルカ。
しかも俺に助けてを求めている。
畜生!
助けてヤりたい所だが俺にはどうする事も出来ない。
…いや、まだ助けてあげる事は出来る。
けどその方法は…負けを意味をする『降参』だ。
どうする、俺。
私的には勝ってほしい。
だが、これ以上パルカが傷つくのをただひたすら眺めるのは嫌だ。

「パルカ、聞こえるか?」
「お、お兄ちゃん!」

俺の声に気づくとパルカの目から更に涙が流れる。
可哀想に…よっぽど怖かったのだろう。

「今すぐ降参の意思を相手に示すから待ってろ」
「えっ!?なんで降参するの!」
「そうすればお前が怖がる必要は無くなるからだ。無理にバトッたってしょうがないだろうが」
「お兄ちゃん…」
「それにお前が泣いて苦しんでいる、姿なんか見たくないんだよ」
「………」
「ナッ。だからパルカはそこで待っ」
「お兄ちゃんは私に『頑張れよ』を言ってくれました」

俺の言葉を途中で遮ったパルカは俯きながら次々に口を開く。

「あの時、私は『あぁ、お兄ちゃんに期待されてる。頑張らなくっちゃ!』と思いました。…だから今が頑張る時です!」

バッ、と俯いた顔を俺に見せたパルカの顔は涙目でもキリッとした顔をしていた。
今までオドオドしていたパルカを見てきたが、ここまでシッカリとしたパルカは初めて見た。
フッ、パルカがそう言うなら俺は何も言うまい。

「なら、頑張って行ってこい!パルカ!!」
「はい!お兄ちゃん!!」

ビルの背後に隠れのをヤメて敵のストラーフに自分の姿を現す。
すると敵のストラーフがニヤついた顔で。

「アンタのオーナーも貧弱ね。さっきまで降参するかしないか悩んでいたよ。でもそう考えるのも無理もない話。貴女、弱いし」
「お兄ちゃんの悪口を言わないで!」

ブオン!

「ヘッ…ちょっとー!?!?」

パルカが敵のストラーフに投げつけたのはモアイ像だった。
モアイ像は固形燃料ロケットおよび整流装置およびアクティブセンサーが内蔵されておるので殆どミサイル状態。
つか、ミサイルと変わらない。
でも命中率が-125なので敵のストラーフに避けれてしまった。

「ちょっとアンタ!危ないじゃ、キャーーーー!?!?」
「えいえいえいえーーーーい!!!!」

次々と敵のストラーフにモアイ像を投げつけるパルカ。
実はパルカの頼みで出来るだけ武器のモアイ像を装備させていたが…これは中々シュールな光景だ。
だって沢山のモアイ像が敵のストラーフに向かって飛んで行くのだから。
ていうか、パルカが投げすぎて近辺はそこらじゅうモアイ像だらけだ。
外れたモアイ像はビルを破壊したり道路を破壊しながら落ちてぶつかっていく。
…ホント、シュールな光景だ。
あ、モアイ像で思いだしたんだけど。
このデザインのモアイ像。
コ○ミ株式会社のゲーム、『GRADIUS』に出てくるあれだろう。
特に指摘するのなら、PS2のGRADIUSⅢで出てきて、宇宙の中でクルクルと回転しながら口から子モアイ像を吐き出して攻撃するアレ。
因みにあのシューティングゲームは大好きだ。ファミリーコンピュータからPSPまで持ってるぞ。
ってそれは置いといて…しかし、モアイ像の何処を気にいったのだろうか、パルカの奴は。
後で聞いてみるか。

「これで、最後よーーーー!!!!」
「イヤーーーーこれ以上は止めてー!!!!」

ありゃりゃ。
敵のストラーフは戦意喪失してしまったようだ。
それもそうだ。
なんたってモアイ像が飛んでくるのだから。
ん?
筐体の俺の方についてるコンソールを見ると相手からの通信が出ていた。
ん、と何々…。
俺はコンソールを見るとそこには『降参』の文字が浮かび上がっていた。
それはこちらの『勝利』を宣言する言葉。
すぐさま俺はパルカにこの事を告げようとした。

「パルカ、戦闘中止だ!相手のオーナーが降参したんだ!!」
「…え?それは本当ですか??」

最後のモアイ像を投げつけようとしていた動作を途中で止め、俺見ながらキョトンするパルカ。

「ああぁ。本当だ、俺達の勝ちだ」
「や、やったー!勝ったんですね、私!!」

筐体の中で俺の事を見ながら喜ぶパルカ。
俺も自分の神姫が勝った事が嬉しくて微笑む。
両肩にいるアンジェラス達も喜びはしゃいでいる。
そうか…。
これが武装神姫の楽しみ方か。
確かにこれは楽しい。
おっと、パルカを筐体から出さないといけないなぁ。
筐体の出入り口に右手を近づけると勢いよくパルカが飛び出して来て俺の右手に抱きつく。
そのまま俺は右手を自分の目線と同じぐらい高さまで持っていきパルカを見る。

「よく頑張ったな、パルカ」
「はい!私、お兄ちゃんの言葉が励ましになって頑張る事が出来ました!!」
「そうか。そいつはよかったな。これはご褒美だ」
「あ、あうぅ~」

俺の右手の手の平に乗ってるパルカの頭を左手の人差し指の腹の部分で撫でる。
撫でているとパルカが俺の指を掴み自分の胸にそっと押さえるつける。
うわっ、パルカの巨乳が…物凄く柔らかい。

「あの、お兄ちゃん。頭を撫でるより、私の胸を触ってください」
「なんでまたどうして?」
「そっちのが気持ちいいからです。ご褒美なら…いいでしょ?お兄ちゃん」
「う~ん、まぁいいよ。お前がそれで良いと言うなら」
「お兄ちゃん、ありがとう」

プニプニとパルカの胸を触ると押した方向に乳房が歪みエロスをかもし出す。
ウハッ、気持ち良過ぎだぜ。
つーかぁ、まるで俺がご褒美をもらっているような感じなんだけど。

「いいなぁ…。ご主人様、ご主人様、次の試合は私を指名してください。絶対勝ちますから!」
「あー!いいなぁ~パルカの奴~。よし!!次のバトルはボクが出る!!!」
「ダーリンのご褒美を貰うために頑張らないといけませんわね」

両肩で何やらパルカに嫉妬しているように見える三人の神姫達。
そんなにご褒美が欲しいのか?
まぁ今日はトーブン、ここにいるつもりだから一応全員バトルさせてやるか。
すぐさま指を胸から離すとパルカが少し不満そうな顔しながら。

「え、お兄ちゃん。もうご褒美お終いですか」
「まぁね。解ってくれや」
「む~、分かりました。でも次にご褒美くれる時はもっと触ってくださいね」
「…善処します」

ちょっと疲れた。
体力が、というよりも精神的に…。
まぁいいか…、パルカが気持ち良くなるのなら俺はなにも文句は言わん
それに胸を触った時のパルカはエロかったし。
また胸を触りたくなるような表情だった。
ここでまた再びパルカの巨乳を触ったりすると乗っている三人に何されるか解らないのでお触りはお預け。
パルカを右手から左肩に移動させ、俺は次の筐体に向かった。
闘いはまだ始まったばかりだ。

「さぁ行くぞ!俺達のバトルロンドの幕開けだー!!」

こうして俺達のバトルロンドがスタートした。
そしてこの日からパルカの二つ名が出来た。
名は『銀を操る者』…。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー