メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ、あの……」
「ったく、久しぶりに外出してみれば、お使い頼まれるし荷物持ちはさせられるし、最悪だ。……おい!」
「は、はい!?」
  パンパンと埃をはらいつつ立ち上がった少女の妙な迫力に、梓は気圧されていた。
「手伝えよ」
  そう言って、抱えたデカい荷物を梓に差し出す。
「え、あの、でも……」
「いいから早く持てっての!」
  梓が躊躇ったのは、関わりあいになりたくなかったから、ではない。少女の後ろに男性が見え、その男が、
  ごつん! と
「……痛ってえ!?」
  少女にゲンコツをかましたからだった。
「失礼いたしました、お嬢さん」
「は、はあ……」
  その男もその男で、やけに気取った……と言うべきか、演技臭い……と言うべきか、そんな口調と仕草で、
「ご迷惑をおかけしたお詫びに、お茶でもいかがです?」
  などと言ってくる始末。
  ……怪しい。絶対怪しい。
  返答に困る梓だったが、
「さあ、遠慮なさらず! 素敵な夜を共に……」
  とのたまう男の後ろから別の男が出てきて、
  ごつん! と
「あ痛っ!?」
  ゲンコツをかました男、
「……何やってんだお前らは」
  その男が、
「し、修也さん……?」
  従兄であることに気づいた。

「……遅いですよ」
  夜の研究所に待っていたのは、珍しく本気で不機嫌な顔をしたかすみだった。
「いやいや、申し訳ない! 野に咲く可憐な花を見つけてしまったもので」
  ……それは梓の事なのか? 修也は内心で突っ込む。修也的には、あと五年ばかし外見が足りないように思うのだが。
「ごめん、かすみ……。ちょっと、いろいろあって」
  少女がかすみに謝る。
「まあ……いいんですけどね。頼んだモノもちゃんと持ってきてくれたし。……高明さん?」
  ……ヤバい。修也は思った。かすみが、マジで怒りモードになってる。
「せっかく久しぶりにはやてが外出できたのに、何でお使いなんか頼んでるんですか?」
「な、何のことかな?」
  高明と呼ばれた男性が、やたら冷たいかすみの言葉に、若干、たじろいだ。
「ほら、その辺にしとけ」
  かすみの頭にぽん、と手を置き、
「お前ら、自己紹介くらいしろよな」
  そう言って、梓に目を向けた。
「おお、これは大変失礼。僕は小林高明、この研究所の研究員です。どうぞよろしく、可憐なお嬢さん」
「は、はあ……」
「はじめまして。青葉かすみ、です。上岡梓さんですね、修也君から何度かお話を伺っています」
「あ、はい」
「……津雲はやて。ここの手伝い」
「……はあ」
  三者三様の自己紹介の後、
「えと、上岡梓です。修也さんの従妹です、よろしくお願いします」
  ……どこのクラスの自己紹介の会だ? 修也は再び突っ込んだ。

「ごめんねリュミエ、わざわざ」
「いいえ、これくらいでしたらお安いご用です!」
  梓は研究所から、リュミエと一緒に家へ向かっていた。リュミエは今夜、そのまま家で過ごすつもりのようだった。
「それより梓さん、どうかなさいましたか?」
「え? どうか、って」
「いえ、こんな時間にお一人で出歩かれているというのが……」
「……ちょっと、ね」

「……遅いなぁ」
「……ですね」
  慎一達は、待ちぼうけをくらっていた。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー