メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……いいんですか、そんな勝手な事をして」
  研究所内の二人の男女。傍目、年齢の離れた兄妹にも見えるこの二人(実際には、女の方が年上なのだが)は、いつの間にか研究所名物になっていた。
「いいんじゃないか? 本人も、どうも祖父母とは折り合いが悪いって言ってたし」
  そりゃあ、愛娘を嫁がせた相手が正当防衛とはいえ人を殺したのだ。嫁姑もとい、この場合婿舅の折り合いが悪くなるのは当然だし、その余波を孫が喰ってもおかしくはない、とかすみは思う。
  ……思うのだが。
「だからといって、いきなり泊めに行かせますか?」
  この幼馴染、修也は絶対、面白がっている。内心こっそり、かすみは溜息をついた。

「……そうなんだ」
  慎一から、梓は事情を聞いた。
  彼の過去についてはこの間聞いたのだが、さらにそういう事情まであるとは思っていなかった。
「うん。で、来ちゃったんだけど、その」
「?」
「……迷惑?」
  一瞬、梓は逡巡した。が、
「何言ってるの。そういうことならいつでもいいよ」
  なるべくさっきの迷いが見えないように、明るく言った。
「……ありがと」
  ……沈黙。
  もともと、慎一は積極的に話すタイプではない。梓も梓で、慎一にどう声を掛ければいいか、わからなかった。
「ねえ、慎一君」
  いつから名前で呼ぶようになったか、などと考えながら、梓は話しかけた。
「……寂しく、ないの?」
  言ってから後悔した。寂しくないわけない。両親とは離れて暮らし、祖父母にも冷たくされているのなら。
  しかし、
「昔は、ね。今は寂しくはないよ」
  慎一は、続ける。
「……ネロがいるから」
  そう言って、ミナツキと戯れるネロを見やった。
  その目は、普段の寂しげな目とは違う、優しそうなもので。
  自分には向けられていないもので。
(……嫉妬、してるのかなぁ……)
  そんな思いが梓に過ぎり、
「……私も、いるよ」
  つい、そんな事を言ってしまった。
  慎一は、うまく聞こえなかったのか、
「え?」
  などと聞き返してくる。
「……ううん、何でもない」
  ぽつりと、言った。
「何でもないよ」

(何考えてるんだろう、私……)
  夕飯後、梓は散歩に出ていた。
(ネロがいなかったら、私と慎一君が友達になることもなかったのに)
  胸の内には、複雑な思いがある。
(最悪だな……。ネロがいなければ、なんて、考えて)
  物思いに耽っているので、
「……っ!?」
  前から来た人に気づかず、ぶつかってしまった。
「ご、ごめんなさい」
  とりあえず謝ったが、大きな荷物を持っていたその人物は、尻餅をついてしまっていた。
「……痛ってえな! どこ見て歩いてんだよ!」
  ずいぶんな言い草と、それに似合わぬ高い声。
  荷物の向こうにいるのは、中学生くらいの少女だった。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー