メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三話「学校」


※ヒカル視点
午前8時00分
「じゃ、学校行くから」
私のマスター『彩聞形人(さいもん けいと)』が言った
「そう言えば形人の学校って、どんな所?ついて行っていい?」
「駄目だ。MMSは持ち込み禁止になってるからな」
「ケチ!」
だって…彼女かなんかいるかどうか気になるもん…
彼女とかがいたら、私……

あ、そうだ!



※形人視点
午後12時15分
あー…腹減った…
早くメシにしよう
そう思い弁当を取り出したところ、違和感を感じた。
「…何か軽いな…?」
よく見ると、弁当箱は普段のものではなく以前使っていたものだった。
「まさか…」



予感的中
一言で言ったら、弁当じゃなくてヒカルが入ってた。
…ってオイ
「……」
「…てへっ♪」
「てへっ♪じゃねぇよ!!」
「彩聞、どうした?大声なんか出して?」
「いや風間(かぜま)何でもないから!弁当開けたら『てへっ♪』って書いた紙だけが入ってただけだから!」
「…そういやお前の母ちゃん、冗談好きだったからな。なるほど」
ああ中学時代からの友よ、勘違いしてくれてありがとう。
「でも矢瀬には気をつけろよ。アイツは神姫嫌いだからな」
う…ばれてる…
「なにしろアイツがMMS禁止を生徒会に訴えた奴だからな」
あーわかってるさ我が友よ
もうメシの事なんてどうでもよくなっていた。
弁当箱を持ったまま、僕は屋上へと走り出していた



「何でついて来たんだよ!」
「……」
「答えろ。じゃないと三日間エスコン禁止にするぞ」
「……だって…だって彼女とか出来たら私の事なんて見なくなるじゃん!」
は?
「私が認めない限り、彼女なんてつくらせないんだから!」
やべ、泣き出しちゃったよ…
「スマン。つーか彼女なんて僕ともっとも縁のないものじゃないか」
「グスッ…ホント?」
「それよか静かにしろ、あの委員長に見つかったら…」

「わたくしがどうかしたかね?」
そこにはヤセ形眼鏡の典型的なヤツがいた。
あ、やべ。



僕は現在、全速力で逃亡中。目下スネーク中である
「ほれ言わんこっちゃない、アイツは神姫に片思いの相手をを取られたから神姫にうらみを持ってんだ」
「あの人男だよ?まさかウホッな人?」
「その通り、ヤラナイカ系の奴だ」
そう、ヤツはホモである。

「そこのダンボール!止まれーっ!」
まずい、見つかった!?
「ダンボールが動いてるんだからあたり前じゃん」
やかましい!
僕はダンボール箱を捨て、再び全速力で走り出した
その直後、誰かにぶつかった


※ヒカル視点
いたぁ~…
形人の胸ポケットに居た私は思い切り床に叩きつけられた
誰かにぶつかったみたい…って女の人!?てゆうか形人!胸触ってるって!
…って相手の胸ポケットに居るのはMMS?(かも)
私は相手がMMSである事を祈り、ハンドサインで返事を送った
(MMSの敵に追われてる!そっちのマスターにこの状況を何とかしてくれる事を頼む)
相手(やっぱりMMSだった)はこちらに気付き、指でOKサインを作った


※形人視点
「あ!…すまん!」
反射的に飛び上がる
しかし地獄への使者はあと3mへと近づいていた!
もう駄目か!?
「あら?こんな所にいたの?、捜したわよ」
は?コノヒトハナゼボクヲサガシテイルノデスカ?
「お!氷男(ひお)先輩、アンタんとこの会員ですか?」
「そうよ。さっきから捜してたけどこんなとこでスネークしてたのね」
そう言って氷男と呼ばれた女生徒はこちらにウインクした
そして声を出さずにこう言った
(わたしはドール愛好会の会長、状況は教えてもらったからわたしに合わせて)
なるほど、胸にMMSが居る。ヒカルが説明したのか
「あーそうなんすよ会長!ちょっと次回検討されてる鬼ゴッコの練習をちょっと…」
「…どうゆう愛好会なんだ…?まあいい。警戒態勢が最近敷かれてるから気をつけるんですよ」
そう言って矢瀬は去っていった。なんとゆう変わり身の早さ…
所詮先輩には弱いとゆうことか。

※ヒカル視点
「すみません、助かりました」
「あら、いいのよ。あの人は裏返しで真面目みたいだから」
「にしちゃあ度が過ぎてるよなぁ…」
「わたしは『氷男聖憐(ひお せいれん)』ドール愛好会とは名ばかりの武装神姫愛好会の会長よ」
神姫愛好会?やっぱりあるんだ
「こっちはラリー、天使型(アーンヴァル)よ」
ラリーと呼ばれた神姫(こ)は無言でこちらに一礼した。てゆーかラリーってまさか…
「あ…僕は彩聞形人と言います。こっちがヒカル」
「よろしくお願いします。氷男さん」
「あら、普通でいいわよ。あとわたしの事はレンでいいわ」
言葉の最初に「あら」がよく付く人だな…
気のせいか形人が彼女に見惚れている…

面白くない…


※形人視点
「それよりも、放課後バトルロンドで対決しない?」
はい?何故いきなり?
「何となくよ、それじゃ、3時半に神姫センターで」
否定も質問の間もなく走り去ってしまった…。何なんだ一体?
「ところで形人…」
「何だ?」
「あの神姫(こ)…『片羽の妖精』ね」
そうかいお前もそう思ったか



第四話に続く


次回予告

よう、え?だれかって?
そんなこと知ったこっちゃない。
次回「バトルロンド」(N:ラリー)







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー