メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 判らなかった。訳が判らなかった。何が起きたのかも、“アレ”が何者であるのかも。ただ一つ、アトロが理解したのは、“アレ”がクロトを殺した事だけ。

「・・・っ!!!」
  標準、射撃射撃連射連射。弾弾弾弾、強跳躍、回避。跳、疾走。
 彼女の恐怖を撃ち払うように、次女ラケがアルヴォマシンガンを斉射する。謎の神姫は瞬時に跳び上がり、弾は石塀を叩くのみ。
「ラケ・・・?」
「・・・」
  加速、飛翔、追跡。
 ラケは、姉を叱咤するように一瞥して、下を駆ける敵の元へと飛び込む。
「私・・は・・・。くっ!! 私は姉じゃないか!!」
  転向、急、加速飛翔。
 出もしない涙を拭うように顔を擦り、死、恐怖、混沌、全て振り払うように【悪魔の翼】を最大に羽ばたかせる。そして、残る全ての為に、アトロは戦場へ飛び込んだ。


  射撃射撃銃撃。弾弾、連射連射掃射。
「・・・・!!?」
 それは一方的な展開、になる筈であった。場所はバトルステージではない只の庭先、広さも圧倒的に違い、遮蔽物も少ない。敵は見るからに飛行装備を持たず、また打ち返さない事から射撃武装すら無い。飛べない近距離戦型と、飛べる遠距離戦型、考えるまでもなく自分が有利、そうラケは分析していた。だが・・・

  疾走疾走、跳躍。壁、反転、跳躍、壁跳躍、壁跳躍、回避回避回避。
 敵の速度は圧倒的だった。銃弾を掠らせる事も出来なかった。敵はその巨大な四肢を持ってして、正に獣のように4本の足で駆け抜ける。更に、その脚力を最大限に生かし、壁を蹴って広い庭の中を縦横無尽に“跳ね回る”のだ。その戦法自体は通常の神姫も取るものであり、何の驚きもなかったが、ただ、速い。何しろこんな15cmそこらの身で蹴った壁が抉れているのだ。恐ろしい跳躍力に息を呑んだ。だが気のせいだろうか? 敵はそれだけでなく、何か本能的な恐怖、それに違和感を含んでいるようにも見えた。

「・・・!! ラケっ!!!」
「Gah!?」
  急襲、銃撃銃撃銃撃。弾弾、回避跳躍、壁、張付。
 突然の援護射撃。姉のクロトだった。背後から見舞われた銃弾を避ける為、敵は不用意に飛び、壁に取り付く。その隙は、明白。

「・・・!!!」
  集光、閃、烈光。直撃、閃光閃光閃光。
 動きを止めた敵に、レーザーライフルを最大出力で叩き込む。そのまま、砲身が壊れるまで光を注ぎ続ける。冷たい空気ごと、白く、破壊する。
  光、白煙。紫電、過熱、離。
 遂にオーバーヒートしたライフルを投げ捨てながら、その焼ける白煙に、ラケは勝利を確信する。
「ラケ! やったな!!!」

  煙裂、貫。轟々、大質量、粉砕。

「・・・!?」
「ラケっ!!」
 姉の叫びを聞き、その直後に自分の足が砕け失われている事に、ようやく彼女は気づく。何か、何かが煙を突き破って飛来し、彼女にぶち当たった。しかし、何が?

  飛、激突、接触音。落、鉈。
「・・!!」
 “それ”が命中した衝撃で縦に回転しながら、ラケは自分を壊した後も飛び続け、壁にぶつかった“それ”の正体を見た。
      • 鉈、であった。それは単なる鉈であった。マスターと共に赴いたホームセンターに3000円程で置いてあった、只の普通の鉈であった。“人間用の”。

  剛跳躍、掴頭。轟振、捻引裂破断千切。吹飛、砕。
 “それ”を見た刹那、彼女の頭は“それを投げたモノ”によって捕まれ、次の刹那、振り回されて体がもげ落ち、吹き飛んだ体は壊れた。

「・・・?」
  握、粉砕。
 そして最後の刹那、彼女の最後の時間、彼女の頭に、“握り潰された”感触が伝わった。


「あ・・・あぁあぁ・・・」
 アトロは、支配されていた。妹達を惨殺した悪夢に。先程投げた大鉈を拾い上げ、ゆっくりとこちらへ向かってくる、恐怖の主に。もう飛ぶ事すら出来ずに、怯えて、立ちすくんでいた。

  歩、歩、歩、寄。歩、歩、歩、逃。
 酷く遅い追いかけっこ。後退りするアトロ、今は2足歩行でにじり寄る、その恐怖の主。
 アトロは知ってしまった。妹達が何に殺されたのかを。それは、今軽々と鉈を持ち上げる、いびつな“腕”。その神姫の背部から伸びた巨大な腕は、“人間用の鉈”を振るっている。それが答えだった。つまり始めから尺度が違うのだ。クロトの姉妹は“違法”でありはしても、その力は神姫の域を出てはいない。だが、その鉄仮面は、既にそんなものは簡単に飛び出て、人間の域にいる“異常”、つまりは化け物なのだ。人間に神姫の武器が通じる筈がない。人間の腕力に、神姫がかなう筈もない。そう、だから、眼前の“それ”はつまり、暴力の権化。

「Gruraaaaaahaaa・・・」
「ああぁ・・・」
  突当、停。漸近、押。
「あ・・ぐぅっ!!」
 その“前足”が彼女の胸元を押さえつける。あれだけの大質量を支える足、その力も尋常なものではない。動ける訳もなく、ただそれでも、彼女はもがく。
 死にたくない死にたくない、生きたい帰りたいマスターに会いたい、助けて貰いたい救って貰いたい、この“異常”な存在を消し去って貰いたい。
      • “異常”? 声にならない想いを巡らせながら、彼女は、気づいてしまった。
 そもそも何が“異常”であるのか? 速さ? 違う。力? 違う。・・・心?

  侵蝕侵蝕侵蝕侵蝕侵蝕侵蝕、狂、心蝕。

「ああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああぁあああぁぁぁああぁ・・・」
 泣くようにかすれた声を上げ続ける彼女。彼女は、気づいてしまった。眼前のそれが何者であるかを。その冷たい鉄仮面の奥に光る目、その、眼に映る“心”を。

「お・・と・・っ・・」
  剛断粉砕、崩。


  跳躍、壁跳躍、到達。
 “惨殺”を終えた鉄仮面の神姫は、一瞬で屋根の上まで飛び上がる。2階の窓の一つが、“彼”の部屋のものが空いている。其処へ向かいながら、背中の巨大な副腕で、鉄仮面を剥ぎ取る。

  跳躍、進入、帰還。
 その部屋にいたのはマスターである豊嶋蒼という赤ん坊。そして鉄仮面の奥にあった彼女、否、“彼”の表情に狂気など欠片もない。只・・・、
「ろー、ろーっ!!」
「が~うっ♪」
 その神姫、ロウの表情は只、純粋に、“家族”を守り抜いた達成感と喜びに満ちていた。“男”として。








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー