メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

0600時・ハルナ起床

 今日はスパッと起きれたみたいですから、しばらくはハバネロ作戦で行きましょう。

0625時・ハルナ溜息

 机の上を見て溜息をつきました。視線は置かれているチケットに。

0630時・ハルナ、母親に相談

 何を話しているのかは上手く聞き取れませんでしたが・・・どうも両親の恋愛模様について聞いていたようですね。

0640時・ハルナ登校

 これはおかしいです。いつもならハチヤを待って登校するのに。普段よりも20分も早いとは。

1613時・ハルナ帰宅

 さり気なくハチヤと話したかと聞くとぎこちなく答えてました。・・・・これはやはり・・・







クラブハンド・フォートブラッグ

第十二話

『ミッションすたーと』










「と言うようなことを踏まえて、どう考えてもこれは意識してますよね」
「いや・・・・それを言いたいがために、わざわざネットバトルにアクセスしたのかなん?」
 パソコン内の虚像空間にわたしはいた。
 今いるここは『公園ステージ』。ステージとはいっても、戦ったりはしていないんですけどね。
「っていうかだなん。ここでの会話はログに残るんじゃないのか? だったらあたし達が話してること自体、意識させちゃう原因になるのでは・・・・」
「大丈夫ですよ。ログに閲覧制限かけましたし、ハルナはネットサーフィンしか出来ませんから。ウィルス駆除やセキュリティーの確保はわたしにまかせっきりです。検索と閲覧ができるだけの素人さんですし。そしてついでに言うとハルナは今お風呂です」
 わたしはそういいながらベンチに腰掛ける。
 マイはと言うとブランコで遊んでいた。
「ぬぬ・・・ならば気兼ねなく話してOKって言うことでいいのだなん?」
「存分にお話ください」
「うん・・・・さっきの話だがなん。やっぱり意識しまくってると思うんだなん!」
 勢いをつけてブランコで一回転するとマイは喋りだした。
「ハチやんもナナやんも青春まっさかりだもんな~意識しないほうが難しいもんな~」
「特に、互いの事をよく知っていますからね。向こうが今回の事を意識していることが判ってしまうと言うのも・・・・こまりものです」
 そう、問題はそこなのだ。
 ハチヤもハルナも、互いの事を知りすぎている。
 それは多分お互いの気持ちも、知っていると言うことなのだろう。
「恐らく! 一歩踏み出すことにより今の関係が壊れる事が怖いのだなん!! こーゆータイプはほっとくとどんどん離れてっちゃうんだなん!!」
「となると、今のうちにくっつけておいてしまえばモーマンタイですね。問題はその方法ですが・・・・」
「今のままじゃデートも失敗するのだなん。・・・・となるとだ。サラやんサラやん秘策はあるかい?」
「さっきもう食べたでしょ」
「まおーん・・・・じゃないのだ! 真面目に考えるのだなん!!」
 ブランコを思いっきりこいでそのままジャンプするマイ。
 さすが、猫型なだけあって器用ですね。
「とは言われましても。起動してから一年ちょいのわたし達になにかできますか?」
「む・・・それを言われると・・・・」
『いやいや手はあるぞ?』
 と、いきなりどこからか聞いた事があるような声が聞こえてきた。
 遅れて、ステージ内にメッセージが表示される。
「オーナーネーム・・“みやこ”? 神姫は・・・・ハウとノワール・・・え」
 『公園ステージ』の入り口を見ると、そこには昨日戦ったハウとノワールが立っていた。
 っていうかいつのまに進入されたんでしょう。不思議です。
「おー! 黒いのとハウやん!! おひさなのだなん!!」
「昨日会ったばかりだけどね。ほら、ノワールも挨拶して」
「・・・・・・・黄色いの・・・・と、茶色いの・・・・おひさ」
「・・・・お久しぶりです」
 ハウは相変わらずカウボーイハットにブーツ、ノワールはと言うとなぜか眠たそうにしていた。
『しかしお前ら、マスターがいないときにIDの無断使用か。やるじゃないか』
 その言葉と共に空中にディスプレイが出現する。そこにはハルナの姉の顔が映っていた。
「一応本人達に許可は貰ってるんですけどね。・・・それで、今日はどうしたんですか?」
『そう、まさにそれだよ』
 そういうと指を鳴らし、さらに指を指されました。
 この人はなんでハイテンションなんでしょう?
『ぶっちゃけ最近暇でね。いい機会だから妹の恋を成就させてやろうかと思ったわけなのだよ』
「マスター・・・・初めの一言が余計です」
 そういってハウは溜息をつきました。
 無理もないですね。
「はぁ・・・それはいいですけど。何か策でも?」
『ある。ありすぎて困るくらいあるぞ。年上のお姉さんを舐めるな。恋愛経験は豊富なのだよ?』
 そういって胸を張るハルナの姉。
 ・・・・そういうところ(胸をみながら)は姉妹なんですね。
「具体的にはどうするのだなん? 二人っきりでお化け屋敷にでも放り込むのかなん?」
『まず成就のためにその一。お前ら当日はついて行くな。誘われても断れ』
「えー!? それじゃ見れないじゃんか!!」
『安心したまえよ。あとで二人を回収していくさ。二人はハルナ達が出た後、窓を開けておけばいい。すぐに迎えに行く』
「それは頼もしいのだなん!! 任せたのだ!!」
「いやそれ不法侵入ですから!!」
 おまけに窃盗扱いになりますから!!
『大丈夫大丈夫。二人が戻る前に帰れば問題は無いさ。と言うわけで当日まで気づかれるなよ? あとその二、マイはひたすらハチヤにデートだって事を意識させろ。あの手のタイプは雰囲気に押されないと告白できないからな』
「らにゃー!」
 マイはノリノリで敬礼しました。
 なんかノリと勢いだけで進んでいるような気が・・・・・・・!
 大丈夫なのでしょうかこの計画!!
『じゃ、私は風呂はいって寝る。お前らも早めに抜けておかないと見つかるぞ。じゃあな』
 そういってハルナの姉は回線を切りました。
 別れの挨拶言う前にハウとノワールも帰ってしまったみたいですね。
 あわただしい人だ。
「サラやんサラやん! これでばっちりなんだなん!!」
「いえむしろ・・・・・やっぱりいいです」
 手を出さなければ・・・・見るだけならまぁ問題ないですかね?











| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー