メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{パルカの趣味を訊いてゲンナリする俺…}

俺は自分の部屋に入り、パソコンが置かれている机の席に座った。
そこには俺の神姫達が別々に色々な事をやっている。
アンジェラスは箒で机にあるゴミをササッと掃いている。
うん、嬉しいかぎりだ。
クリナーレは相変わらずダンベルを使って筋肉トレーニング。
頑張る事はいいけど、あまり無茶してそのトバッチリをくらうのは御免こうむりたい。
ルーナは…俺のエロ本を夢中で読んでいる。
俺はヒョイとエロ本を取り上げ、机の引き出しにエロ本をブチ込んだ。

「あー!ダーリン、今いい所だったのに~」
「ほぉ~、勝手に俺のエロ本を読んどいてその態度はいい度胸だなぁ。因みにどんなシーンだった?」
「巨乳の春香ちゃんという高校生ぐらい女の子が好きな男子のおちんちんを胸でシゴイて、後もう少しでおちんちんが射精する所でした」
「…生々しい解説どうも有り難う。おなかいっぱいです」
「という訳で続きを見せてください~」
「良いよと言いたい所だが、ここはあえてこう言う『だが、断る!』てな」
「ダーリンのケチ~」

身体をクネクネと動かしながらイヤラシイ目つきで俺を見つめるルーナ。
色っぽいけどその誘いには乗らないぜ。
だって、さっき一階のトイレで一発抜いてきたんだからな!
…威張る事じゃないけど仕方ないじゃないか。
アンジェラス達が来てから俺はオナニーする時間と場所が無くなってしまったのだから。

「ルーナには困ったもんだぜ。…う~ん、パルカの奴は何やってんだ?」

俺のベットの下で何やらゴソゴソとやっている。
フッフッフッ、王道ならベットの下にエロ本があるけど俺はそんないかにも『見つけてください』、みたいなぁ所には置かないのさ。
でも、よくよく考えればオカシイ。
パルカはどちらかというと、エロ関係にはあんまり関わりたくない内気な子のはずだ。
だからパルカがエロ本を探している、という事にはならない。
ちょっと尋ねてみるか。

「おぉ~い、パルカ~。何やってんだ?」
「!?お兄ちゃん、何でもないですよ!」

慌てるパルカ。
これは何か隠してるな。

「おい、俺に何か隠してるだろ」
「え!?何も隠してないですよ」

明らかに動揺していやがる。
フッ、俺に隠し事なんてするのは∞年早いだよ。

「パルカ、今のうちなら俺も怒らない。だから教えろ」
「うぅ~、笑わないくださいね」

困った顔しながらベットに潜り込み、数十秒待ってるとベットのしたからゴロゴロという音がいくつも聞こえてきた。
いったいなんだろうと思って顔を地面に付けベットの下を覗く。
すると!

「モッ!モア、ギャッ!?)`ν°)・;'.、 」

ガツン!

…そう。
ゴロゴロという音はモアイ像が転がる音だったのだ。
丁度、俺がヒョッコリと顔出した瞬間にモアイが転がって来て俺の鼻に見事命中した。
俺は鼻を両手で抑えながらゴロゴロと転がる。
あまりの痛さにこうでもしないと叫びそうだからだ。

「お兄ちゃん、大丈夫!?」
「"/(;-_-) イテテ…だ、大丈夫じゃないかも…」

なんとかしてその場で胡坐座りして落ち着こうとした。
イテテテ~…。
鼻血は出なかったものの、鼻は真っ赤になっていた。
見っとも無くて外に出れないんなぁーこりゃあ。

「ごめんなさい…お兄ちゃん」
「あぁーいや、気にするな。で、これか?俺に見せる物って」
「あ、はい!可愛いでしょう!!」

俺の鼻に激突したモアイに抱きつきながら喜ぶパルカ。
モアイって可愛いかぁ?
う~ん、ちょっと俺には解らないなぁ。
他の人なら解るかな?
いや、多分理解できないだろう。
だってモアイだぜ!
あんなゴツゴツした男の顔した石造が可愛いなんって、俺には到底理解できない。
…実際、男なのか女なのか解らないし。
そもそも、モアイは誰が作ったか解らない程のミステリアスと聞くぜ。
ごめん、パルカ。
俺にはモアイの可愛いさが理解出来ない。

「お兄ちゃん、実はですね」
「ん?」
「まだ他にもあるんですよ」
「何ーーーー!?!?」
「持ってきますね」

まだ他にもあるだと!?
モアイに種類あってけ?

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!!!!

(;° ロ°) ウヲッ!?
大小、色違いのモアイがたくさんベットの下から沢山転がって来た!!!!
俺のベットの下いつの間にかモアイ達の巣窟になっていたんだ。
…ちょっとベットで寝る気にはなれないなぁ。

「お兄ーちゃん!これが私のコレクションの全てです!!」
「…あ、あははは。す、凄いねぇ…いつの間にこんなに集めたの?」
「好きでちょくちょく集めていたら、こんなにたくさん集まっちゃいましたーーーー!!!!」

そんな元気に言われてもなぁ~。
てか、どうやって集めたんだ?
神姫だから外に出て購入は…出来ないよな。
いったいどうやって。

「あーそれはですね。インターネット通販でお兄ちゃんのIDとパスワードでログインしましてお兄ちゃんのお姉さん、斉藤朱美さんの会社VISで購入したんです」
「え!?マジで!?!?」

俺はすぐさまデスクトップパソコンに向きインターネットに接続しVIS社にログインした。
購入履歴を見ると色々な種類のモアイが購入さている履歴が俺の目に飛び込んだ。
うわー、マジかよ。
確かに金はかなりの額が入ったから多少なら買っていいと前に言った事はあるけど…こんなに買うとわな~。
まぁ問題は金額だよな。
えぇーと、値段値段と。
はい?
俺は目をゴシゴシと指で擦り、目を見開きながら桁を数えた。
1、10、100、1000、10000、100000…。

「(°m°;) ちょっ!おま!?数十万円いってるじゃないか!!」
「ごめんなさい、お兄ちゃん。いつか言おうと思ってたんですけど言うタイミングがなくて…怒りますか?」

潤んだ瞳で俺を見つめるパルカ。
ウグッ!
これじゃあ怒るに怒れない。

「( ̄~ ̄;)あ、あは、あははは。お、怒らないから大丈夫だよ。けど、次から気をつけて購入してくれ。頼むから…」

苦笑いしながらパルカに言う俺。
ここは我慢だ。
堪えるんだ、俺!

「後もう一つだけお兄ちゃんに言って置きたい事があるんですけど…言っていいかな?」
「σ(^_^; な、何かな?一応言ってみぃ」
「昨日、机の上でモアイを運んでる途中に私が躓いてモアイをゴロゴロと転がしてしまいした」
「それで?」
「そのままモアイは転がっていき机から落ちてしまい…お兄ちゃんがアンジェラス姉さんに隠していた煙草のワンカートに命中してしまい、煙草を粉砕してしまいました」
「!Σ( ̄ロ ̄lll)Noooooooooo!!!!!!!!!!」

俺は叫び愕然とする。
そうか。
そいう事か。
昨日、煙草のワンカートが粉砕した犯人はパルカだったのか。
俺はテッキリ、アンジェラスがまたヤらかしたと思っていたが…。
まさかパルカだったとはな。
…は、ははは。
もう怒る気力も出ないや。

「有り難う、パルカ。本当の事を言ってくれて」
「怒らないですか?」
「本来なら怒りたい所だが、パルカは俺に一応隠さず言ったんだ。それに免じて今日の所は許してあげる」
「お兄ちゃん!」

目にいっぱい涙を溜めながら俺に抱きついてくるパルカ。
初々しい奴だな。

「ごめんさい。次から早く言います!だから…」
「はいはい。許してやるから、もう泣くな」
「お兄ちゃん…大好き」

フッ…俺もアマちゃんだな。
まぁパルカがちゃんと謝ってくれたんだから許してあげるのはよしとして。

「俺のベットに下がモアイ帝国になっていたのはビックリだよな。はぁ~ゲンナリ」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー