メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅き星の下、月を臨む者(前編)




まずは“妹”のロッテちゃんがセカンドへの昇格権をゲットしましたッ!
こうなると三姉妹の“長姉”であるあたし・アルマも負けてられません。
心の奥では不安と期待に闘志でいっぱいですけど、まずはそれを押し殺し
勝利の凱旋をしてきたロッテちゃんを、皆で労う為に出迎えてあげます。

「ロッテ、見事だっ!これで一歩上に望めるな、良い働きだぞ有無ッ!」
「……正直ヒヤヒヤしたけど、あの逆転劇とかかなり出来過ぎなんだよ」
「みんな、ありがとうございますの~♪でも、まだ気は抜けませんの!」
「そう、ですね……皆で上に行かないと意味はないですからね、うんッ」
『槇野晶さん、アルマのバトルが開始出来ます。オーナー席までどうぞ』

あたしとマイスターの名前が喚ばれました。マイスターが作っている、
“Electro Lolita”製のジャンパースカートを翻し、あたしはゲートの
ステップに立って着席したマイスターを振り返り……こう言いました。

「精一杯、頑張ってきます!見ていてください、あたしの戦いッ!!」
「有無、蹴散らしてこい!アルマならばきっとやれる、期待するぞ!」
「アルマお姉ちゃん、早くわたしの所まで来てくださいですの~っ♪」
「……でも気を付けて、今回のフィールドは海上基地らしいんだよ?」

クララちゃんが、何か気になる事を言いました……海上基地、って事は
周りは全部海……って事なんですよね?そうなると、位置取りには気を
配らないと、不利になりそう……でも、あたしにはモリアンがいます!
“彼女”を信じる事にして、あたしはヴァーチャル空間に没入します。

『アルマvsティテュス、本日のサードリーグ第13戦闘、開始します!』
「行きますよ、エルテリア!モリアン!……はぁぁぁっ!!」
『待てアルマ、すぐに跳べッ!!』
「え?き、きゃあぁぁぁあ~っ!?」

そうして、あたしは勢いよく駆け出しました……けど、すぐ恐ろしい事に
気付いたんです……ゲートの先は足場がない、空の上だったんですよ!?
慌てて踏み切り、三角飛びの様に床と右の壁を蹴って、足場に跳びます。
この服装が災いして、飛距離はギリギリ届く位でした……だけどその時!

「──────ッ!?来る……下ッ!?」
「ほほほほほ、お逝きなさいなッ!」
「せいッ!!……きゃうんっ!……いたたた……」

遙か眼下……つまり海中から、鎖に繋がれた槍が飛び出してきたんです!
恐らく射出か投擲をされたその槍は、まっすぐにあたしを狙ってきます。
でも、あたしだって串刺しにされる趣味はありません。エルテリアを抜き
薙ぎ払う事で、槍の直撃を退けました……着地は無様でしたけど、うぅ。

「痛た……な、なんですか今の!?」
「おほほほほほ!大半のお馬鹿さんはダメージを受けるんですけど……」
「だ、誰ですかっ!?何処に居るんですかっ!!」
「何処を見てらっしゃるの?全く、地上しか歩けない無能は……ふっ!」
「あ、あぁ……海中から、これは……“スキュラ”っ!?」

海を割る様な轟音と共に飛び上がってきたのは、神姫の人を模した姿と
一線を画した、奇妙なモジュールを装備したイーアネイラタイプです。
上半身はイーアネイラ素体ですけど下半身は人魚型のそれではなくて、
獰猛そうな獣の頭を始めに、禍々しくて太い前足と鳥類の様な後ろ足、
塗装とパーツ替えで蝙蝠の様なデザインに代わったエウクランテの翼、
女王蜂の様に膨らんだ腰と、先から伸びる長い尾……先端には鋭い針。
そして、モジュールの所々に生えている鋭いヒレ……ギリシャ神話とは
少々違いますけど、モチーフ的に“スキュラ”だと思える形状でした。

「そう、わたくしはティテュス。貴女を蹴散らしてセカンドに往く者!」
「さ、させませんよ。今日はあたしがセカンドに登るんですからっ!」
「そんなナマクラ一本で?!おーっほっほっほ……お逝きッ!!!」
「ッ!その技は、一度見ましたッ!!」
『“W.I.N.G.S.”……Execution!』
「くっ!?」

獣の首に鎖で繋がれた槍を投擲するティテュスさん。鋭い一撃ですけど、
さっきの奇襲で使われたそれと同じ技です。しかも安定した足場の上なら
弾けない道理はありません!逆手に構えたエルテリアで斬り払いました。
同時に、ジャンパースカートから“レーラズ”へと“変身”しますッ!!

「ふぅん、さっきのはマグレじゃなかったのね?しぶとい悪魔です事」
「……あたしは、もう悪魔じゃないです。モリアンッ!!」
『No problem(すぐに支援出来ます)』
「なっ!?……くっ!?このメカは、先程の天使が使った……!?」
「あたしは戦乙女、でもそれも今日までです……あたしは進化します!」
「ぐぁっ!?なんのこれ位で……くあうっ!?」

あたしの呼びかけに応じフィールドに転送されたモリアンは、白熱化した
アウトレイジを振り上げ、ティテュスさんへと大上段に斬りかかります!
それを凌がれだ瞬間、あたしとモリアンの立ち位置は入れ替わり……剣を
振り抜いて、海の魔物を仕留める為に上半身……特に喉を斬りつけます!

「ぐ、くぅ……穢らわしいッ!!離れなさい!!」
「きゃんっ!?……さ、さすがに一太刀では仕留められませんね」
「貴女みたいな小娘にそうそうやられてたまりますか、ふっ!」
「え?……海に飛び込んだ!?ま、待って下さ……きゃあっ!!!」

しかしすんでの所で止められて、あたしは前足で吹き飛ばされました。
ダメージ量もさる事ながら大きくノックバックしてしまったあたしは、
海上基地の台座から飛び降りて海に消える彼女を、追えませんでした。
──────海中からミサイルが飛んできたのは、その直後の事です!
モリアンはどうにか避けましたが、あたしは爆風に巻き込まれました。

「ぐ……う、ぅう……こ、これはッ!?」
「ほ~っほっほっほっほっほ!これでわたくしは最強無敵ッ!!」
「ま、まるで潜水艦みたいですね……モリアン、行けますか?」
『No problem(これしきなら、問題有りません)』

──────この程度で、負けられませんッ!







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー