メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・・どう思う。ノワール、ハウ」
「現状・・・勝てる・・・・でも・・・伸びる」
「サラさんは・・・狙撃されてもストライクイーグルなら、避けれます。問題は猫型ではないかと」
 平日の午後、普通の大人なら会社に行っていてもおかしくない時間に、その女はそこにいた。
 咥え煙草にサングラス。服装はタイトなジーンズにYシャツという簡単なものではあるが、その服は女のなだらかなラインをよく見せていた。
「ふふん・・・まさかこんな所であえるとはね。仕事サボってよかったよ」
 女の言葉に、胸ポケットのハウリンが答える。
「・・・・っていうか仕事しないとそろそろ危ないのでは? マスター、昨日も吉岡さんに奢らせたじゃないですか」
「うるさいな。ちゃんとアテはあるのだよ。・・・・というか、吉岡のところのバイトなのだがね」
「マイスター、ヒモ?」
 同じく胸ポケットに入っていたストラーフが言った。
 その言葉に女は何も言えなくなってしまう。
 ・・・・まったく、我が家の神姫たちはどうしてこう・・・ツッコミが上手いのか。
 単に自分がズボラでツッコミ所満載なだけとは思わないらしい。
「まぁ、返信も来たし。今日のところはこれで退散と行こう・・・・また会うぞ。わが妹よ」
 そういうと女は踵を返す。
 そのまま紫煙と共に、女は人ごみの中に消えていった。





クラブハンド・フォートブラッグ

第七話

『ダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!』








「と、と、と、止まらねぇぇぇぇぇえええぇぇぇえええええええ!!!」
 パソコンの中に作られた虚像の街を、猫が爆走していた。
 まるで背中にジェットエンジンが付いているような速度・・・というか猫の背中には実際にエンジンが付いている。しかも五つも。
 猫の背中についているのは、これまた大昔に活躍したロボットアニメのバックパックだ。・・・別にこれが好きなのではなく、単に一番安価で手に入りやすいというのが理由である。
「うおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉおおおおおぉぉぉぉ!?」
 その背中のバックパックから迸る炎、そしてそれにより生まれるとてつもない加速により、猫の走る速度は通常の数倍になっていた。
 ・・・そう、猫は飛ぶのではなく“走っている”のだ。
 エンジン五つ背負い、普通なら飛行も可能になるはずなのに彼女は走っている。今も二本の脚は忙しなく地を蹴っている。
 彼女のマスター、八谷良平が考えた秘策はこうだ。
 敵のコンボが恐ろしいなら、コンボの初めを撃たせなければいい。その為には相手に捕捉されないほどの速度で動けば良いと。
 ・・・見た目によらず単純かつ豪快な考えである。
『大丈夫だ! キミならコントロールできる!!』
 彼女の主はまったく根拠のない応援を送る。
「無責任なこと言う暇があるなら早く止めるのだ!! いくらなんでもこれは無いんだなん!!」
『それをものにした時、キミは神姫界最速の栄誉を得る・・・・ラディカルグッドスピードだ!!』
「わけわかんねぇぇえぇぇぇぇぇぇえええええぇぇぇえぇぇえええええ!!!」
 そうしてさらに加速。
 そもそもこんなものをどうやってモノにするのか、はなただ疑問である。
「・・・ハルナ。わたしはアナタの神姫でよかったです」
 それをビルの屋上からサラが見ていた。
 かれこれマイはもうステージを五週はしているだろうか。
『そうでしょう? 八谷はねぇ・・・見ての通り細面の女顔なんだけど、特訓とか大好きなのよ。・・・・隣で見てる私の声ももう聞こえてないわね、これは』
 そういって春奈は溜息をついた。
「・・・まぁ、こっちはこっちでやるだけですけど。ハルナ、次のターゲットを」
『OK』
 春奈がそういった瞬間、眼下に広がるステージのどこかにターゲットが出現した。
 数も場所もサラには知らされていない。
「・・・・・・・」
 にも拘らず、サラは即座にそれを見つけ、精確に射抜いていく。
 あっという間にターゲットはステージから消失した。
『うん。動かない奴はもう十分ね。次は動く奴にしましょう』
「マイを撃つんですか。ハルナもなかなか鬼ですね」
『なわけあるか! 電源引っこ抜くわよこのバカ鉄砲!!』
「そうしてパソコンの中に残されたわたしの意識データはネットを通じて急成長・・・・ゆくゆくはオシリスのように世界転覆を・・・・」
『謀ってどうする!? そういうウィルスは駆除されるのがセオリーでしょ!!』
「いえいえオシリスはネットワークそのものと同化してますから。わたしを駆除するとネットワークそのものが沈黙します。どっちにしろ世界の滅亡です。そしてわたしは無機頭脳なんて作りません。反旗を翻されたら困りますから」
『っていうか和樹君ポジションは他の神姫じゃん!? 別に無機頭脳作らなくてもいいんじゃない!?』
「む・・・だったら語尾に『ロボ』とつけたアンドロイドになりましょう。マグナムトンファーには憧れるものがありますし」
『ドォォォオオクタァァアアアアウェェェ○エエストォォォオオオ!! って何で私が叫んでんのよ!! 変な事ばっかり言ってるとドラム缶型にするわよ!?』
「ドクターハルナ無敵ロボ二十三豪~青春はちょっぴり酸っぱい汗と汁の香りスペシャル夏休み限定メガドリルマキシマムバージョン~劇場版乞うご期待!(前売り券は既に完売しました)とかやるんですか?」
『んなもんやるか!! そして長ッ!!』
 掛け合い漫才をやりつつも、サラが構えたライフルから弾丸は放たれる。
 寸分の狂いなく弾丸は動くターゲットの真ん中を撃ちぬいた。
 ちなみに、サラと春奈がそうしている間にマイは六週目を終え、七週目に突入していた。








春奈








「ぐ・・・・エナジーフィラーがもう持たないんだなん・・・」
「まぁヴァーチャルとはいえ、アレだけ走ればそうでしょうね・・・・」
 結局、マイにゃん・・・というか八谷の暴走は十二週で終わった。
 流石にバッテリーが持たないのもあったけど。
「ううん、ガンバレル装備だと日本刀は使いづらいか・・・・こうなったら槍でも装備して・・・」
 かく言う八谷はさらに考え込んでいる。
 まだ何かするつもりらしい。
「・・・ホント、全然変わらないわね。何かに夢中になると一直線なんだから」
「昔からこうなんですか?」
「昔も昔。幼稚園の頃からこうよ。・・・いまじゃ勝負受けた私よりも真剣じゃない。まぁ八谷の大好きなお姉ちゃんにあえるからってのもあるだろうけど」
 私は溜息をつきながら言った。
 幼い頃の八谷はお姉ちゃん一筋だったしね。
「ほう。と言う事はシスコンだったのですね。・・・・・というか、ハルナはどうも勘違いしてませんか、マイ」
「・・・・そうだなん。ハチやんが好きなのはナナやんなのに。・・・・わが主ながらつくづく不憫なのだ。今の会話も聞こえてないし」




















































「ふむ・・・・そうすると曲がれなくなっちゃうな・・・どうしたもんか・・・・」
「てかそろそろ帰るわよ私」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー