メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「相手の武装が解らないからここはアンジェラスで」
「ありがとうございます!ご主人様!!」

手の平でおおいに喜ぶアンジェラス。
まぁ喜んでくれるのは嬉しい。
だけど他の三人は少し残念そうな感じだ。
『後で他の奴等と戦うから、その時にな』と言うとパア~と明るい表情になる神姫達。
さて、そろそろ対戦するか。
装備…よし!
指示…よし!
ステータス…よし!
アンジェラスを筐体の中に入れ、残りの神姫達は俺の両肩で座ってアンジェラスの観戦をする。

「アンジェラス、頑張れよ!」
「はい!ご主人様!!」
「負けるんじゃないよ!一番最初の闘いなんだからな!!」
「お姉さま~頑張って~!」
「アンジェラスさんー!頑張ってください!!」
「うん!」

アンジェラスは元気な笑顔を俺に見せ、筐体の中へと入って行く。
そんな時だった。
気がつくと俺は両手で握り拳をつくっていたのだ。
いつになく俺の心は興奮している。
何故だろう?
多分、誰かを応援している事によって熱くなっているのかもしれない。
それとアンジェラスに勝ってほしい、という気持ちがある…かもなぁ。
俺は筐体の方に目を移すと中には空中を飛んでいる二人の武装神姫達が居た。

READY?

女性の電気信号の声が鳴り響き、一気に筐体内の中に緊張が走る。
勿論、外に居る俺達もだ。

FIGHT!

闘いの幕があがった。
お互いの距離150メートルからスタートして、まずは二人とも距離を縮め接近する。
アンジェラスは清龍刀を出し右手に持ち、敵のストラーフに斬りかかった。

「せいっ!」

ガキン!

振り下ろされた清龍刀はDTリアユニットplusGA4アームの右のチーグルで受け止められてしまった。
敵のストラーフはニヤリと笑い、もう片方のチーグルでアンジェラスの右わき腹を攻撃しようとする。

「ハァー!」
「ッ!?」

とっさにアンジェラスは清龍刀を自分から見て右側面に向けた。
自分のわき腹が狙われた事を察知し、清龍刀を盾にする事によりチーグルの攻撃を防ごうとしたのだ…だが。

グワシャンー!

清龍刀とチーグルがぶつかった瞬間、衝撃でアンジェラスは地上に向けて吹っ飛ばされてしまったのだ。
そのまま吹っ飛ばされたアンジェラスは、なんとか体勢を整えようとしたいたが、敵のストラーフはその時間帯も許さない。
何故ならば、シュラム・RvGNDランチャーを構えアンジェラスに狙いを定めていたからだ。

「オチローーーー!!!!」

ストラーフがシュラム・RvGNDランチャーを撃ち、弾がアンジェラスに目掛けて飛んでくる。
俺はこのままヤバイと思い、大声で叫んだ。

「アンジェラス!ポラーシュテルン・FATEシールドを使えー!!」
「あ、はい!」

装備していたリアウイングAAU7の翼に装着させていたポラーシュテルン・FATEシールドを左手に持ち、スキルのステディプロテクションを発動させる。

ボカーン!

ステディプロテクションの発動と同時に弾が当たり、アンジェラスの周りは煙だらけになる。
大丈夫なのだろうか?
煙で何も解らない。
もしかしてステディプロテクションが間に合わなかった!?
いや、それはないはずだ。
あの瞬間、ステディプロテクションの壁に弾が当たる所をこの目でしっかり見たのだから。

「大丈夫かー!?」

ヒューンィーン

俺が叫ぶと、なにやら静かに動く機械音が耳に入った。
まさか、この音は!?

「イッケーーーー!!!!」

アンジェラスの姿は見なくとも声だけで認識できた。
紛れも無くアンジェラスの声だ。

バシューーーーン!!!!

煙の中から一直線の青い光線が飛び出し、ストラーフ目掛けて飛んでいく。

「えぇー、そんなのアリ~!?」

ズバーーーーン!!!!

「アグッ!?」

ストラーフは直撃を回避したものの、DTリアユニットplusGA4アームの左翼部分に命中し、殆どもってイカレタ状態。
これで左翼が無いと同じ、相当なバランス体勢が悪くなちまったに違いない。
それにしても、やっぱりあの攻撃はアンジェラスだったかぁ。
使った武器はGEモデルLC3レーザーライフル。
準備250硬直300、とても時間を掛けないと撃てない武器だ。
本来ならアンジェラスが撃つ暇が無かったと思うが、煙の中に居たために敵のストラーフが攻撃出来なかった。
それにシュラム・RvGNDランチャーを撃った反動で時間が空いてしまった。
その空いた時間を使ってアンジェラスがGEモデルLC3レーザーライフルを使用したのだろう。

「今だ、アンジェラス!」

俺は右手の拳を左手の手の平に打ちつけ、パンッ、と音を鳴らせる。
アンジェラスは煙の中から勢い良く飛び出し、M4ライトセイバーを取り出す。
ビシューン、という音とともに柄から発する棒状の光の刃が飛び出す。

「決めます!」

アンジェラスが叫び、敵のストラーフに斬りかかった。

ズバズバズバズバズバズバズバー!

M4ライトセイバーのスキル、ジャスティスラッシュが発動し敵のストラーフを斬り刻む。
丁度、10HITした時に敵のストラーフのHPが無くなり力尽き地上に転落していき、ゲーム終了。
俺の方の筐体に付いてるスピーカーから『WIN』と女性の電気信号の声が鳴り響く。
多分、相手の方では『LOSE』と言われてるだろう。
そりゃそうだ。
勝ちがあれば負けもある。
二つに一つ。

「ご主人様!勝ちましたー!!」

筐体の中で俺の事を見ながら喜ぶアンジェラス。
俺も自分の神姫が勝った事が嬉しくて微笑む。
両肩にいるクリナーレ達も喜びはしゃいでいる。
そうか…。
これが武装神姫の楽しみ方か。
確かにこれは楽しい。
おっと、アンジェラスを筐体から出さないといけないなぁ。
俺は筐体の神姫の出入り口の中に手を突っ込みアンジェラスを待つ。
数秒後、アンジェラスは満面の笑みをこぼしながら俺の右手の手の平に乗った。

「ご主人様、初戦は勝利です!」
「そうだな。よくやった、アンジェラス。これはご褒美だ」
「…あっ」

俺の右手の手の平に乗ってるアンジェラスの頭を左手の人差し指の腹の部分で撫でる。
本来なら手の平全体で撫でてあげたい所だが、彼女達の身体は15cmの大きさだ。
頭の大きさも小さいため撫でるのは難しい。
だから人差し指の腹の部分で優しく撫でる。

「気持ち良いです。ご主人様…」

頬を桃色に染めながら照れるアンジェラス。
可愛い奴だ。

「あー!いいなぁ~アンジェラスの奴~。よし!!次の試合はボクが出る!!!」
「ダーリンのご褒美を貰うために頑張らないといけませんわね」
「あの…私のバトルは最後でもいいので…もし勝ったら、お兄ちゃんのご褒美くれますか?」

両肩で何やらアンジェラスに嫉妬しているように見える三人の神姫達。
そんなにご褒美が欲しいのか?
まぁ今日はトーブン、ここにいるつもりだから一応全員バトルさせてやるか。
俺はアンジェラスの頭を撫でるの止めて離すと。

「…え?もう、お終いですか………」

とても名残惜しそうに切ない顔で俺の事を上目づかいで見てくる。
うっ!?
可愛い過ぎてもっと撫でてあげたくなるシチュエーションだ。
だがもし、ここでまた再びアンジェラスの頭を撫でると両肩に乗っている三人に何されるか解らないので撫で撫ではお預け。
アンジェラスを右手から右肩に移動させ、俺は次の筐体に向かった。
闘いはまだ始まったばかりだ。

「さぁ行くぞ!俺達のバトルロンドの幕開けだー!!」

こうして俺達のバトルロンドがスタートした。
そしてこの日からアンジェラスの二つ名が出来た。
名は『全てを束ねる者』…。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー