メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼天にて、星を描きし者(前編)




そしてその日はやってきましたの。わたし達三姉妹がセカンドに向けて、
ついに扉を通る日がッ!……あ、申し遅れましたの~♪わたしはロッテ。
“マイスター(職人)”槇野晶お姉ちゃんと共にある、神姫が一人ですの♪
今は皆、準備でてんてこ舞いですの。武装は用意出来たんですけど……。

「クララや、躯の洗浄が終わったなら服を選んでおくれ!時間がない!」
「分かってるんだよマイスター、ボクのは決まってるけど……大丈夫?」
「あうぅ……これも可愛くていいんですけど、こっちも棄てがたいです」
「わたしの予定時刻まで、もう一時間弱ですのアルマお姉ちゃん~!?」

わたし達は“服を着る神姫”、素体のまま外に出る習慣はないですの。
だから今日は下着と戦闘用補助アーマードレスに、お気に入りの一着を
着込んで、近所の秋葉原神姫センターに赴く事になったんですけど……
わたし達はマイスターのブランド“Electro Lolita”を背負う看板娘、
生半可なファッションセンスではいられませんの!だから、つい……♪

「そういうロッテちゃんだって、決まってないじゃないですか~!?」
「こっちの水色のワンピースもいいんですけど、白のドレスも……♪」
「……こっちは大忙しだもん……マイスターの服選びも、大丈夫かな」
「む?う、有無……ストラップレスと長袖のどちらにしようかとな?」
「今日も四十度近くになるらしいし、日焼け対策次第だと思うんだよ」

どうしても皆、服選びや躯の洗浄には拘ってしまいますの。わたし達の
オーナーであるマイスターは女の子ですし、わたし達もその辺の影響を
いっぱい受けていますから、しょうがない所ですの。そんなこんなで、
準備が出来て皆で住居代わりのビルを出たのは、四十五分前でしたの。

「ふぅ……今日も街が灼けるな、水分補給しないと死んでしまうぞ」
「……ボクらも、熱暴走しない様こまめに冷却水を補給するんだよ」
「そうですね~……大事な日ですし、コンディションは大切ですッ」
「バッテリー充電率98.16%……他の機能も全部問題ないですの~♪」

そうですの、今日は高みに昇る日……昇進を賭けた試合の予定日ですの!
この日の為に用意した“アルファル”他の装備も、バッチリカートの中。
ここ数ヶ月は、全て今日この時の為に使ってきたとさえ言えますの~っ♪
その割に、神姫センターで受け付け出来たのは刻限五分前ですけど……。

「サードの槇野晶様……神姫はロッテ、アルマにクララの三機ですね?」
「有無。事前に昇進試合への予約を通してあるはずだ、マッチメイクを」
「畏まりました……三機が応募してます。ランダムでよろしいですか?」
「構わぬ。どんな相手でもこの娘らならば、打ち倒してくれるだろう!」
「はいっ……では皆さんの試合をこれから準備します、お待ちください」

どうやら今日セカンドを目指しているのは、わたし達を含め六人ですの。
誰と戦う事かはわかりませんけど、マイスターの為に勝ってみせますの!
……と一人で集中していた時、マイスターの呼び出しが掛かりましたの。

『槇野晶さん、ご希望のバトルが開始出来ます。オーナー席にどうぞ』
「よし……さ、まずはロッテだ。姉妹達に、しっかり見せるのだぞ?」
「ロッテちゃん!……頑張ってくださいね、勝てると信じてますっ!」
「……大丈夫。これまでの積み重ねを大事にすれば、必ず行けるもん」
「はいですのっ!!皆、見ていて下さいですの……わたしの、戦い!」

マイスターに促されるまま、エントリーゲートを降下していきますの。
サイドボードへの武装装填完了を示すシグナルを確認して、準備OK!
選んで身につけた水色のワンピースを翻して、発進位置へと付きます。
ここで“意識”がヴァーチャルフィールドに投影される仕組みですの。
降下を完了したわたしの意識は、ゲートの閉鎖と同時に揺らいで……。

『ロッテvs狛恵、本日のサードリーグ第7戦闘、開始します!』
「ヴァーチャル化完了……では、行きますの~っ!!」

次の瞬間には、水平なレールを電磁加速する様に打ち出されていました。
そうして駆け出していったのは、最初の戦いでも使った古戦場でしたの。
ただ今度は、バトルのダメージを反映してか剣が突き立っていますけど。
でもじっと見ている暇はないですの!空を切る様な砲弾の音が、すぐ側を
切り裂いて……直後にわたしの躯は軽く吹き飛ばされましたの……痛ッ。

「きゃっ!?遠距離からの砲撃、でもフォートブラッグ程じゃ……!?」
『これは……ロッテ、相手は砲撃特化のハウリン系列だ!!』
「“砲狗の”狛恵、行きますッ!ドラドラドラドラドラァッ!!」
「く、確かに……大きな姿が見えていますの!」
「むむ、見つかりましたか!でもアタシは、破壊するのみですッ!」
「きゃあああっ!?く、このままじゃ……!」

カメラアイで見たのは、四肢……自分の脚とパックパックの補助脚……を
地に降ろし、両手・両肩・胸・背中の火器でわたしを撃つ神姫でしたの!
短くカットされた榴弾砲やミサイル、ガトリング……実弾ばかりのそれは
質より量という勢いで、わたしの服を灼き焦がしていきますの……でも!

「……でも数撃てば当たる、という悠長な結果は待てませんのッ!」
「そんな丸腰の姿で何が出来ますかっ!一気に殲滅してあげますッ!」
「黙ってやられはしませんの……“フィオナ”ッ!」
『Yes,sir(強襲します)』

わたしがその名を呼んだ時、夜闇の空に逆三角形状のラインが生まれ、
それに沿って“妖精の騎士”が、UFOの姿で飛び出してきましたの。
下部に据え付けられたのは、二挺のビームガトリング“セイバー”……
青き流星は、そのまま戦場へ降下して狛恵さんに威嚇射撃をしますの!

「うあぁぁっ!?あれはぷち、いや……レインディア・バスター!?」
「そっちがオリジナルの砲撃支援システムなら、こっちは……!」
『“W.I.N.G.S.”……Execution!』
「変身、した!?聞いてた姿と違います、その服と剣は一体……!」
「蒼天の旋姫(セレスタイン・ヴァルキュリア)の、真の姿ですのッ!」

フィオナが作り出した一瞬の隙を使って、わたしは戦闘の為にある姿を
呼び出しましたの。それは即ち、アーマードレス“レーラズ”と魔剣!
煤けたワンピースは消えて、手先や足首まで覆う青のドレスがわたしを
包んで、両の腰にライナストとフェンリルが光の中で装着されますの。
シンプルな“変身”で驚かせましたが、ここから“本番”ですの~っ♪

「虚仮威しでしょう、春の大会でのマグレには騙されませんッ!」
「マグレかどうかは……これから貴女に確かめてもらいますのッ!!」

──────さぁ、ここからが天国への階段ですの!







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー