メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――BGM:ドレミファだいじょーぶ――


 さて「はじめてのおつかい」今日は花道家の生駒さんのお宅にやってまいりました! 今日おつかいに出る子はなんと神姫ですよ神姫。
「それじゃあにーの丞、このフクジュソウの生け花を☆×スタジオまでね。平気そう?」
「うにー! 大丈夫ですにー!」
「・・本当に?」
「にーだっておつかいくらい出来るんですにー!」
「本当の本当に?」
「むー、にーはもう子猫じゃないですにー! いちにんまえですにー!」
「・・・判ったわ。でも無理はしないこと。それから、知らない人には付いて行かない事。いい?」
「わかったですにー♪ 行ってきますにー!!」
「いってらっしゃい・・・ああでも心配・・・(がさごそ)」
 さて、心配そうなお母さんをよそに、にーの丞ちゃん(0歳2ヶ月)が初めてのおつかいに出かけます。でも鉢付きの生け花は重そうですね~。


「にー。にー・・・」
 通り道の商店街を横切りながら、頑張って生け花をはこぶにーの丞ちゃん。でも、やっぱり神姫にそのサイズは辛いんじゃないでしょうか?
「お・・重いけどがんばるですにー! かぢばのばかぢから~! うにー!」
 そんな最初からクライマックスでは無理があるでしょう。・・あれ? 道を誰かが塞いでいますよ~?

「うむ、父君とたま子が気を利かせてくれた休日とは言え、たま子が一体どんなへまをやらかすかと考えると気が気でないのう・・・。いかんな。妾も妹離れをせんとな」
「うにー! うにー!」
「・・・何じゃ、子童? そなた大層な活け花を携えてなんとする?」
 おや、その種型神姫さんが話し掛けてきましたよ? いいんですかね~?
「え~っと、知らない人には付いていっちゃいけないですにー」
「・・・殊勝じゃな」
「でも、おねーちゃんは神姫だから大丈夫ですにー♪」
「・・・臨機応変じゃな」
 え~、本当にいいんでしょうかね。あ、でも通行人に聞いたらその神姫、なな子さんはこの辺じゃ有名な神姫らしいですね。いい人そうですし。
「その花は、主の使いか? 福寿草とはいい趣味をしておる」
「おかーさんが活けたお花はかっこいいですにー♪」
「妾も、そう思うよ。コレも何かの縁じゃ。妾とて非力ではあるが助力しようか?」
「ダメですにー! これはにーのお仕事ですにー! ひとりでできるんですにー!」
「・・・たま子・・妹と、同じ反応じゃな」
「うにー?」
「いや、済まなかった。ではこうしよう、少し待っておれ」

 ・・・あら? なな子さん、いきなり八百屋さんに入っていって台車を引っ張り出してきましたよ。
「そこの八百屋とは馴染みでな。お主の事を話したら台車を貸してくれた。これなら、おぬしの力で運べるであろう?」
 そう言いながら鉢を台車に載せてくれるなな子さん。親切ですねー。
「おお! らくちんですにー!」
「笑顔まで、たま子にそっくりじゃな。では・・・」
「・・うに? どうしてついて来るんですにー? にーはひとりでおつかいするんですにー」
「いや。ただ・・・妾の散歩のコースとおぬしの行く方向が同じというだけじゃ。“たまたま”な」
「にー?」


「うーん、今どこですかにー?」
「ここの電柱、薄汚れておるな、見苦しい。まあ住所表記は見えておるのでまだ良いか」

「か、階段こわいですにー・・・」
「バリアフリー、というモノは神姫にも当てはまるかも知れぬな。こちらのスロープの方が余程歩き易いとは思わぬか?」

「あ、赤いしるしきれいですにー!」
「そういえば前たま子が赤いカエルをみて驚いておったのを思い出した。自然界では時として赤を危険色として扱う。人間もそれに習う辺り、意外と動物的部分を失っておらぬのかもな」


「えと・・☆×すたじお・・・。つ、着いたですに~!!」
 目的地に着いた喜びで飛び跳ねるにーの丞ちゃん(実際は殆どなな子さんのお陰なんですけれど)。
「さて、妾はそろそろ・・・」

「うーん、大丈夫かしら・・・」

「うむ? ご婦人、関係者であれば堂々と中に入っては如何か?」
「・・え!? あ、ああ、誰の神姫か知りませんけど、お気遣いあ・・」
「あーっ!! おかーさん、どうしてここにいるんですにー!?」
「にーの丞!?」
 あれ? 誰かと思えばにーのお母さんじゃありませんか。スタッフにも内緒で何してるんですか?
「にーの丞、そなたの母君か? まさか先回りして・・?」
「えっ!? いや違うのよ? 別に全然心配だったからとかじゃなくって、うっかりにーに届け先の楽屋を教え忘れたのよ? 決して頼りにしてなかったなんて事全然ないんだからね!」
「・・・語るに落ちておるぞ、ご婦人」
「いあや! そんな事はなくて・・・あの・・・ええと・・・」

「すいません、そんな所で立ち往生されるとスタジオ入れないんですが?」
 あれあれ、漫才なんてしていたら通行の邪魔になっちゃっていますよ皆さん。
「ん?ああ、悪かった。だが妾達は・・・」
「お届けものなのですにー」
「あ、その生け花はきっと私の楽屋のです・・・あれ? まお? 今日は収録無い筈だろう?」
「うにー? にーはにーの丞ですにー」
「人違い? そんな筈は・・・」
「あ~~~!? 貴女って・・神姫タレントのイブリンちゃんじゃない!? 主演の『武装神姫2036』いつも見てるわよ!」


「はい、どうぞですにー」
「有難う」
 立ち話もなんですから、と招かれたイブリンちゃんの楽屋で無事おつかいを果たすにーの丞ちゃん。良かったですね~。
「それにしても、届け先があのイブリンちゃんの楽屋だなんて。ファンなのよ私!」
「妾もテレビドラマの『武装神姫2036』はよく見ておるぞ。毎回ドラマとは思えない程思い切りの良いドタバタギャグで妹共々楽しく見させてもらっておる」
 実際凄い人気ですよね『武装神姫2036』。・・・って私他番組の事いっていいんでしょうか・・・。
「はは、有難う。でもちょっと複雑。実はあれってほとんどノンフィクションなんだよ。私やマスターも本名で出ているし」
「ホントに居るの!? あの金持ち会長とか!?」
「ええまあ。と言うか、そのアホ会長のせいで、私はこんなペイントを年中することに・・・」
「そうじゃ、気になっておったのじゃが、その白いスーツカラーは確か耐水ペイントでは無かったか?」
「ええ、そうなのだけれど・・それを見たスタッフが悪乗りしてスピンアウトでこのカラーの神姫を発売したんだ」
「それ、にーの事よね。私もドラマの影響で買ったのよ~」
「うにー?」
「それで、その販促の都合で私は強制的に年中このペイントなんだ。全くいい迷惑ったらありゃしない・・・しかも撮影の度に塗り替えで・・・」
「人気者も大変じゃな」
「大体、私が忘れたいような出来事ばかり取上げられて、そのお陰でマスターの頭上に何度も目覚まし落とされたり、まおの馬鹿に何度も無駄なツッコミ入れたり、一番恥ずかしいセリフばかり何度もリテイク食らったりetcetc・・・。ぶっちゃけ花でも見て心を落ち着かせないとやってられない(泣)」
 うわー、イブリンちゃん、まじで泣き崩れちゃいましたよ?

「にー。元気出すですにー」
「・・・妹の姿をした神姫に慰められるなんて、皮肉だな」
「妹の姿、か。・・・そもそも、我々にとって『姉妹』とはどういう意味を持つものなの、じゃろうな」
「なな子さん、あなたにも妹が居るんだ」
「ああ。目を離せないような迂闊者ではあるのじゃが」
「私の所もそうだよ。馬鹿ばっかりで、手間ばっかりかかって仕方ない」
「じゃが、血の繋がりなど持てない我々に、それがどれほどの意味があろうか?」
「にーの丞ちゃんには悪いけれど、こんな風に、妹の姿を模倣されたりだってするのにな」
「うに?」
「・・・妾達は所詮「道具」として生まれた身、都合良さでしか関係を持てぬのだろうか・・・」

「・・・別に、いいんじゃないのかしら?」
「「・・・え?」」
「人間だって、義理の兄弟や親子だって居るんだし、そうでしょ?」
「だけど、後付けの関係なんて、何時壊れるか・・・」
「だって結婚は赤の他人とするわよ?」
「・・・言いえて妙、じゃな。結局結婚も「他人」を「家族」にする行為という訳か」
「実際私の夫なんて出来の悪い弟が一人増えたようなものだし」
「・・・それって本当にいいのですか?」
「いいんじゃないのかしら。上手くいってるなら。貴方達も、聞いている限り、そう思えるけれど?」
「・・・まあ、あのマジョーラバカは私くらいしかしつけられないしな。・・・だけど」
「・・・たま子に「お姉ちゃん」と呼ばれない事など、想像すら出来ぬな。・・・じゃが」
「まだ自信ない? じゃあ、にーはどう思う?」
「うに?」
「こんな妾でも」
「こんな私でも、姉妹と呼べる家族がいていいの、かな?」

「にーのおねーちゃんになってくれるんですにー? にーはおねーちゃんがいっぱいの方がうれしいですにー!!」

「・・・いや、にー、そういう意味じゃなく・・・」
「ぷっ・・あははははは!」
「ふふ、ふふふ、成る程な」
「え? 2人とも?」
「妹って、みんな我がままみたいだね」
「そうじゃな」
「うにー♪」


「・・・ところで、そっちの番組スタッフさん? にーの丞ちゃんが届けた時点で収録終了の筈なのに、何でまだカメラ回しているんですか?」
 いや、事情プロデューサーに話したら「そりゃ面白い! 特番でドキュメンタリーにしよう!!」って言われまして・・・。
「・・・勘弁してください(泣)」
「芸能界は、大変じゃな」
「か・・・かくなる上は・・・。獣牙爆熱!!!」
 ちゃんちゃん(?)






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー