メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星空に想うは、遙か遠けき人の影




夜。うだる様な陽炎も収まった……と思いきや、温暖化著しい東京では、
深夜になろうとも熱気は収まらぬ。冷房がなければとても寝ていられんが
私・槇野晶は何となく作業が終わっても眠る気になれなかった。そこで、
肩ひものない服を纏って、地上に赴く。胸元に、ロッテを入れてな……。

「どうしましたの、マイスター?“アルファル”完成して脱力ですの?」
「ん……それもあるのだが、ふいに思い出してな……“あの人”の事を」
「“歩さん”、ですの?そう言えばあの人が失われたのも、こんな……」
「夏の日だったと記憶している。地中海の沿岸だったからな、より暑い」

何を惚けている?そうか。以前“歩”について、私は語らなかったな。
私には姉が居てな、いや……居たんだ。その人こそ“槇野歩”だった。
技術者だった彼女の薫陶を、受けていないとは言えない。立派な人だ。
だが、海外で死亡した。その辺の事情は複雑なので、今回は伏せよう。
ロッテ達“妹”のCSCと、決して無関係ではないのだが……済まん。

「やっぱり夏になると、マイスターはちょっとクールダウンしますの」
「毎年一回は考えるのさ、歩姉さんは今の私をどう思っているのかと」
「……少々無茶はするけど、頑張ってるって認識すると思うんだよ?」
「そ、そうですよ……マイスターはうんと、神姫を愛してますしっ!」
「アル……茜、それにクララ!寝ていろと言っただろう、二人とも?」

万世橋無線会館の外壁に寄りかかり、都会の夜空を見上げていた私達。
そこに肩を置くのは、アルマのHVIF……茜。そしてクララだった。
彼女らも大分前に、ロッテから大まかな事情を聞いていた……筈だな。
故に私の感傷を悟ったのか、茜は寂しそうな顔で私の隣に寄りかかる。
クララは二人の肩を伝い私の素肌に腰掛け、ロッテはその隣へと登る。

「普段気丈なマイスターも、歩さんの時だけは……って聞きました」
「むむ……ロッテ、人の弱点まで教えてどうするか。この悪戯っ子」
「だって、わたし達はマイスターの“妹”ですの。だからこそね♪」
「理由も無く哀しまれても、ボクらが助ける術は見いだせないもん」

幼い外見ながらも腰まで伸びた黒髪が印象的な、歩姉さんの面影を思う。
その姿、今は悲しい記憶だ。故に側にいる“妹達”の存在が今は嬉しい。
神姫は、常にマスターの為にのみ動く。ただ一人のマスターだけを思う。
だからこそ、側にあるマスターの苦悩を知ったなら……それは己の痛み。
私にこの認識を教えてくれたのも、そう言えばロッテ達だったか。有無。

「案じてくれるのか、お前達……私は今も、ちゃんとしていられるか?」
「まだ大丈夫ですよマイスター!ずっとあたし達が、一生側にいますッ」
「永遠なんかないけど、可能な限りマイスターの力になりたいんだよ?」
「そう言う事ですの~♪掛け替えのない“妹”なのが、嬉しいですし♪」

熱気に火照った茜の体温と、冷たいロッテとクララの表面温度を感じる。
それは相反する躯なれど、私は心地よい“伴侶”の感覚として認識する。
そう言えば“彼女”もそうだ。常に皆の力としてすぐ側に存在している。
む?……“彼女”については、また何れ語る時が来るだろう。出来るなら
語らずに済んでほしいのだが、こればっかりは運命に任せるしかないな。

「しかし、いよいよ明日か。お前達のセカンド昇進を賭けた三連戦は」
「同時に“アルファル”の本格的なお披露目だよ。CSCが疼くもん」
「今までずっと特訓を繰り返してきましたけど、九形態は大変ですね」
「3on3でない限り、使えるのは八種類ですけど……“業物”ですの」

話題転換は奏功して、明日に控えた大事な試合へと皆の注目が移った。
果たして『戦乙女を越えていく三人の姫』が、どこまでやれるのかッ!
皆、それを知りたくて興奮が高じて浮き足立っているのだ。この娘らは
これだから可愛くて仕方がない。まるで舞踏会に行くお姫様の様だな。
正確には、そう演出したのも私自身なのだが。そこは言いっこ無しだ。

「私に歩姉さんが居た様に、お前達には“私”が常にいる。案ずるな」
「……そう言えば、そうだよ。姉妹の絆は、何時どうなっても固い物」
「マイスターが見ててくれるのは、不安や緊張でもありますけど……」
「でもそれ以上に、とても安心したり戦意の増進に繋がりますのッ!」
「そう言ってくれるなら、私もお前達を信頼しよう!期待しているぞ」

茜の肩を揺らし、神姫二人に頬ずりをする。明日は戦場に立つ身の三人。
死ぬ訳ではないが、負ければ戦う者の誇りは傷つくし、辛い物ではある。
だが人がそうである様に、神姫も信じる“何か”の為戦う時が最も強い。
私を信じてくれるのならば、彼女らは機体に違わず勝ってくれるのだッ!
即物的な戦だけではない。日々の暮らしさえも、暖かい物になるだろう。
だから、私も神姫達も今を生きる活力が漲る。“絆”とはそう言う物だ!

「さて、汗が噴き出る前にベッドに戻るか。一緒に寄り添って、寝よう」
「……はい。マイスター、今日はずっと抱きしめていてくれませんか?」
「ずるいですのアルマお姉ちゃん~!わたしも次、抱いてもらいますの」
「ボクは神姫素体のままでいいから、ぎゅっと抱きしめてほしいんだよ」

──────賑やかな姉妹の絆、何よりも眩しいよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー