メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

成長、戦乙女を護る騎士(前半)




新たなる力“アルファル”を与えてから数日。私の“妹”たる神姫達は、
模擬戦のみならず普段の手伝いにまで、騎士を動員する事が多くなった。
マスターの“クセ”を学習して成長する以上、確かにこれはいい選択だ。
私・槇野晶もそれを容認し、微笑ましく見ている。今日も……の様だな。
ちょっとした用事から帰ってきた私は、その様子を暫し眺める事とする。

「その湯飲み持ってくださいですの、フィオナ~♪んしょ、んしょ……」
『Yes,sir(重いですが、やります)』
「あれ……も、モリアン?三月分のレシートはこれで全部なんですか?」
『Negative(他にもありますよ)』
「……ん、それ位で拭き掃除は十分なんだよアルサス。指令は以上かな」
『Ja(お疲れ様でした)』

ん?『受け答えしているではないか』だと?有無、妹達が少し寂しいと
言うのでな、YES/NOだけは発声出来る様にした。本来必要ないのだが、
そういう『一見無駄な所にも拘る』のが、今回のコンセプトなのでな。
無駄といえば、“アルファル”の躯そのものもそうだ。本来は戦闘用に
フレームが最適化されており、日々の雑務をやらせるには向かぬのだ。

「どうだ。新しいお前達の手足、考えの通り動く様になってきたのか?」
「あ、マイスター帰ってらしたんですか?ええ、随分馴染んできました」
「そうか。ならイベントでの稼ぎを全て注ぎ込んで、作った甲斐がある」
「マイスターの感性で作られた、神姫用のサポートオートマトンだもん」
「最初は“接合”する感覚に戸惑いましたけど、今はもう平気ですの♪」

だが、その何気ない挙動を覚えさせる事こそが彼女らの発展に繋がる。
本来のぷちマスィーンズも、主との連携が最初から完璧な訳ではない。
いくら私が“偏執狂”じみた拘りと芸術品の如き精緻を折り込んでも、
それを扱いこなす神姫達が能力を引き出せねば、足手まといなだけだ。
フリルの様な彫金を施した装甲の騎士を眺め、“妹”達の活躍を想う。

「……マイスター?突然でれーってにやけちゃって、変なんだよ?」
「む!?す、すまん。お前達が何処まで、引き出せているかとなっ」
「この子たち、ですか?ここ数日の特訓で、随分こなれてきました」
「あっ!お仕事も終わりましたし、マイスターに見せてみますの?」
「ボクは賛成だよ。試合も来週に迫ってるし、成果が欲しいもんね」
「あ、あたしもやりますっ!マイスター、そう言う訳ですから……」
「模擬戦がしたい、という事か?よし分かった、今すぐ準備しよう」

懇願する“妹”達の笑顔を見て、多少の自信がついたと窺える。ならば
見せてもらおうと、彼女らを抱きかかえてトレーニングマシンを起動。
その間に“アルファル”は、元のケースに入って自らその蓋を閉じた。
私はそのケースを、サイドボードに装填していく。これがキモなのだ。
このケースごとサイドボードに収める事で、スマートに準備が出来る!
耳のピアスを確認した“シルフィード”姿の三姉妹も、ポッドに入る。

「よし、準備は整った。ネイキッド三体とぷちを……368機出そうか」
「いくらでも大丈夫ですの~♪皆、マイスターを驚かせてあげますの!」
「はい!“アルファルの戦い”が、確立してきたんですよマイスター?」
「……元は全く同じ超AIと機体構造。それをどう活かすか、なんだよ」
「見せてもらおうか、どう活かしてくるのかをな。では……往くぞッ!」

バトルフィールドの設定を入力し、ゴーサインを出す。舞台設定は街だ。
ビルや店舗が幾つか立ち並ぶ物の、幅広い道路があり広さも感じさせる。
デフォルトとも言える、典型的な地形。そこを、無数の敵が埋め尽くす。
そう、最初から皆は囲まれているのだ。しかも個々に分断された形でな。

「さて、と。まずはロッテか……見せてみろ、フィオナとの連携をな!」
「はいですの♪じゃあ、早速呼んでみますの……“フィオナ”ッ!」
『Yes,sir(支援します)』

まずはロッテの様子を見る事にする。彼女は、ネイキッドに率いられた
無数のぷちに狙われていた。ライナストを抜いてはいるが、ダメージの
蓄積は避けられない……そんな状況に飛び込んできた、無数の光弾ッ!
飛びかかろうとしたぷちが数機、地面へと無情に叩き落とされていく。

『Gyaaaaaaaaaaaaaaa!?』
「ふぅ……ナイスアシスト、ですのっ!!」
『ギィッ!?』

仮想敵の全員が上空に気を取られると、そこにはガトリングを展開した
円盤の姿があった。騎士・フィオナの“クルーザー・フィギュア”だ。
フィオナの援護射撃を受けて、ロッテはそのまま目の前のネイキッドに
タックルをかまし、一撃必殺を計る。ライナストを突き刺して……ッ!

「“砕け”、ライナストッ!!」
『ギァァァァァァァー!?!』
『Grrrrrrry!?』

ネイキッドの体内で雷を解き放つ。内から焼き尽くされた敵は、そのまま
ロッテに放り棄てられ、地面に転がる。致命傷ではないが、スタン効果で
立ち上がれない様だ。そのフォローをせんとぷちが動こうとした。だが!

「フィオナ、このまま突破しますの。露払いをッ!」
『Yes,sir(お任せ下さい)』
『Ahhhhh!?』
「ほう。“ソニック・ブランド”に目を付けたか」
「使えるモノは何でも使う!それがコンセプトだと思いましたの♪」

滑空してきたUFOが群がるぷちの中に突入、そのまま蹴散らしていく。
大気を用いた“斬る”防御システムを、“ソニック・ブランド”と言う。
本来は装甲強度の低い“アルファル”を実体弾から保護する為にあるが、
私の努力も虚しく、『装甲は堅く回避も得意』という反則的なスペックは
得られなかった……そう、この騎士は“絶大な一撃”に対して弱いのだ。
可変パターンは幾つか有るが、瞬間防御力には常に限界が付きまとった。

「ぷちの一撃ならば多少は耐えると踏んだか、だが過信するなよ?」
「分かってますの♪ほらほら、邪魔しないで下さいですのっ!!」
『Shagyaaaaaaaaaaaaaaaa!?!』

だがロッテは的確なダメージ量を見切って、騎士を“盾”にしている。
“W.I.N.K.”の副作用により、“アルファル”の傷は己の痛みとなる。
それが分かってきたのか、避けるべき時は避けさせ一方で大胆に使う。
そして自らも手にした魔剣でぷちを華麗に切り払って、突破していく。
その姿に、白兵戦が不得意な天使型神姫の戦い方を見る事は出来ない。
ロッテもリーダーとして日々成長している、という事だろうな。有無。

『Grrrrrrrrrrrraaaaaaaaaaaa!!!!!!』
「フィオナ、このままぷちとネイキッドを引きつけますの♪」
『Yes,sir(頑張りましょう)』

──────戦う貴方も、素敵だよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー