メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{奴が来た!?}

午前七時、晴天。
天薙龍悪とアンジェラス達は安らかに寝ていた。
それもとても気持ち良さそうに。
まるで天国で寝ているかのようだ。
だが、この天国はすぐに終わりがおとずれようとしていた。
天薙家の門の前に仁王立ちして両手を腰にあてながら見ている、一人の人間によって。

「ウフフフ」

薄紫色のアホ毛一本ありのロングヘアー。
スレンダーな体形に童顔な容姿。
服は一般的に何処にでもある高校の制服。
ミニスカートが風にフワッと揺れる。

「先輩、今行くわ♪」

天薙家の敷地に入りスカートのポケットから鍵を出す。
カチャカチャ、と音を出しながらドアのロックを解除しドアを開ける。
易々と家に侵入すると礼儀正しく靴を脱ぎ並べ、すぐさま二階に上がり目的の龍悪が居る場所に向かう。
龍悪の部屋に入ると四つん這いになり、ベットで寝ている龍悪の顔近くまで接近する。

「可愛い寝顔。キスしちゃいたいくらい」

と、言いつつ自分の唇を龍悪の唇に密着させようとした。
その時だ。
布団で隠れていた龍悪の右腕が布団から勢いよく出てきて、不法侵入した者の顔を鷲掴みした。

「ハワワワッ!?」

龍悪に顔を鷲掴みされた不法侵入者は、両腕を上下に振りながら慌てる。
ムクリ、と上半身だけ起こした龍悪の顔はそうとうな不機嫌さを醸し出していた。
こめかみにはプックリと血管が浮き出ている程ヤバイ状態。

「…おはやう…婪」
「お、おはよ、う…先輩」

ギリギリ、と鷲掴みした顔を龍男は力をちょっとずつ強くする。
その度に不法侵入者…もとい婪は『ハワワワ!?』と言い慌てる。

「俺に、なにしようとした?」
「あたしからの目覚めのキスをしようと思って…」

俺は右腕の肘を曲げ婪をこっちに近づかせ、最大まで肘を曲げた瞬間に腕を猛スピードで伸ばし押すように動かす。
伸ばしきった所で婪の顔を離し、婪は押された衝撃によって机までフッ飛んだ。
砲丸投げに近い投げ方になったのか。

「キャン!?」

かわいらしい声を上げ机に背中を打ち付ける婪。
なにが『キャン』だ。
気持ち悪い声を出しやがって。

「ご主人様~、今の揺れは地震ですか~?」

机の上にアンジェラスが片目を擦りながら眠そうに立っていた。
その後ろにはクリナーレ、ルーナ、パルカもいた。
多分、婪が机に当たった衝撃で起きたのだろう。
俺は布団から出て婪に近づき膝を曲げ、尻餅ついてる婪の視点に合わせる。

「ウゥ~、痛いですよ~先輩~」
「うるせぇ。俺にキスしようとした罰だ」
「そんなぁ、あたしはこんなにも先輩の事を愛してるのにー」

ピキッと俺のこめかみ辺りにある血管が再び浮き上がり、婪の胸倉を右手で掴み、お互いの額がぶつかるギリギリまで引き寄せた。

「キャー!先輩、近いですよ~。でも、あたしはいっこうに構いませんけど…♪」
「テメェ、いい加減にしろ」
「あたしは先輩に対する愛には、いい加減じゃありませんよ」
「この野郎…俺はお前の事なんか愛してねぇぞ」
「いつかあたしに振り向いてくれます」
「それは絶対にねぇー!」

今度は左手の親指を婪の右頬につけ、残りの四本の指を左頬につける。
その瞬間にすぐさま俺は左手に力を入れ婪の頬を両方から押す。

「イタイ、イタイ!」
「あたり前だろ。力を入れてるだから」

そんな時だった。
アンジェラスが俺の頭に下りて来て言う。

「ご主人様。女の子に暴力は良くないと思います!」
「はぁあ!?」

俺は頭に居るアンジェラスを掴むために胸倉と婪の頬から手を離し、その両手でアンジェラスを優しく掴む。

「あのなぁ、こいつは女じゃなくて男だぞ」
「えぇーーーー!?!?」

アンジェラスは目を見開き驚愕した。
まぁ無理もない。
婪の奴は見た目は何処からどう見ても美少女に見える。
声も凄く女の子らしい声だ。
だが、こんなナリしてるけど立派な男だ。
ちゃんとチンコがついている。
しかも婪の奴が外に出れば、たいていの男がナンパしてくる。
男が男をナンパして楽しいか?

「まぁいいや、アンジェラス達は朝飯を作ってきてくれ。アンジェラスとパルカは調理、クリナーレとルーナは補助しろよ」
「「「「はーい」」」」

アンジェラス達は俺の身体を伝って一階に降りって行った。
部屋に残ったのは俺と婪だけ。
俺は婪から離れ、服を着替えようと箪笥に向かう。

「先輩、あの子達は?」
「ん?あぁ~アンジェラス達の事か。まぁ気にすんな。にしてもお前、よく俺の家に入れたな」
「これよ♪」

婪が俺に見せびらかすかのように右手に持った鍵を見せる。
その鍵の形を見た瞬間、俺は納得した。
だって、俺の家の鍵とそっくりなのだから。
そりゃあ入って来れるよなぁ。

「お袋に渡されたのか?」
「うん。先輩の事をよろしくね、と言われたから」
「あのババァ…」

俺は髪の毛を掻きながら苦い顔をした。
十六夜 婪(いざよい りん)。
こいつは俺の後輩にして幼馴染である。
二つ年が離れてるので今のこいつは高校三年生。
言ってみれば普通の高校生なのだが…。

「先輩~あたしの事…いつになったら抱いてくれるのぉ~♪」
「身体をクネクネ動かすな!気色悪い!!」

さっきも言ったとうりに、こいつは男だ。
男なのに女子の制服を着ている。
なんでも、あまりにもルックスが良いので校長が許したとか?
どんな学校だよ、俺の高校の母校は。

「お前も一階に来い。話はそれからだ」
「あたしと先輩の愛の語り合いですか?」
「あ・い・つ・ら・の・事だ!」

…。
……。
………。
カチャカチャ、と食器の音を出しながら運ぶ武装神姫達。
朝食の準備をしているのだ。
今まで俺が一人で飯を作ってきたがアンジェラスとパルカが料理を覚えてから俺は作らなくなった。
そんな俺は婪と向かい合いのテーブルを挟んだ状態の椅子に座っている。
婪は俺の顔を見てニコニコと笑ってやがる。なんだ、俺の顔が面白いか?

「先輩。先輩っていつから武装神姫をやり始めたんですか?」
「ん?あぁ~壱ヶ月前ぐらいからかな。よく覚えてねぇーや」
「ふ~ん、先輩の事だから朱美さんから『武装神姫のバイトやらない』とか言われたクチでしょ」

ウグッ…微妙に合ってる、つか、何で解るだよ。
婪の奴は昔から結構勘とか鋭いのだ。
まるで俺の事は何でも知ってるような感じがして気持ち悪い。

「あたしも武装神姫やってますよ。今度先輩とバトルしてみたいなぁ~」
「へぇ~婪もやってるんだ。意外だぁ」
「意外とはなんですかー!意外とは~!!」

プク~と顔を膨らませる婪。
う~ん、やっぱこいつは可愛い。
だが、こいつは男だ。
騙されはしないぞ。

「アニキー、朝食の準備ができたよ」
「おぉ。そんじゃあ喰うか。いただきます」

俺は右手に箸を持ち、茶碗に入った米粒を喰う。
アンジェラス達も『いただきます』と言って、俺が作った神姫用の茶碗、コップ、箸、スプーンを使って朝食を食べる。
最初は人形の身体なのに人間の食い物を食べる機能に驚いたが、今は全然違和感を感じない。
人間ていうのは何事にも慣れてしまったら順応しちまうもの。
慣れって怖いものだな。
婪の奴は丁寧に手を合わせてお辞儀して『いただきます』と言った。
律義な奴ー。
ていうか。

「何で、テメェが俺の食卓で飯くってるんだよ」
「え?だって、あたしの分も置かれてたからご馳走になろうと思って」
「はぁあ?おい、アンジェラスにパルカ。こいつの分はいらねぇーだぞ」
「そんな事はいけませよ、ご主人様。私達には大切なお客様なのですから」
「お客様!?この野郎が!?!?勘弁してくれよ、ただでさえ金が無いのに婪のせいで更に食費がかさむじゃねえか」

うなだれるように肩をガクッと落とす。
あぁ余分に食費が…。

「まあまあ先輩、そんなに気を落とさないで」
「落とすに決まってるだろーが!このオカマ野郎!!」

吠える俺。
そんな俺を見て怯えるパルカ。
ヤッベ。
今日の朝食を作ったのはアンジェラスとパルカだ。
婪の分まで作ってしまった事に責任を感じてしまったのだろう。

「いや、パルカが悪いじゃないよ。悪いのは婪の野郎だから。だからそう怯えないでくれ」
「ウウゥ…分かりました、お兄ちゃん」

だあぁー、疲れる。
朝食ぐらいでこんなに疲れたのは久しぶりだ。
俺が初めて料理した頃ぐらいの疲れ加減だぜ。

「婪、今日の所は勘弁してやる。だが明日からは自分の家で飯を喰えよ」
「はぁ~い」

ニコヤカな顔をしながら飯を食べる婪。
全くしょうがない奴だ。

「にしても、美味しいね。先輩の神姫が作る料理は」
「ありがとうございます、婪様」

アンジェラスがお辞儀した。
そんなアンジェラスに婪はズズイっと顔を寄せて。

「ねね、今度あたしの神姫に料理教えてあげてくれない?」
「え!?私がですか!」

驚くアンジェラス。
それもそうだ。
料理を始めてからそんなに月日が経っていないのに、今度は教える立場になってしまったのだから。

「私は別に構いませんが…ご主人様の許可してくだされば良いのですが」
「先輩の許可ね。分かったわ、任せて」

婪は椅子から立ち上がり俺の方に来た。
何するつもりだ?

「ねぇ~先輩。今度でいいですから、あたしの神姫に料理を教えてくれませんか?」

エロい声で俺に寄り添ってきやがった。
色気を使うつもりだな。
残念だがテメェの色気には昔からヤられてるから、もう慣れてるんだよ。
効かないぜ。

「許可くれたら~あたしが先輩にいい事しちゃいますよ~。チュッ」
「ダァーッ!?」

俺は勢いよく椅子から立ち上がった。
頬っぺに婪がキスしたのだ。
気持ち悪いったらありゃしれない。
これが女の子だったらどんなに嬉しかった事だったか。

「もう先輩ったら~。テレッちゃって、可愛いんだから~」
「可愛いとか言うな!もう帰れ!!テメェがいると、ろくな事が起きねぇー!!!」
「まぁまぁ、ダーリン落ち着いてください」

いつの間にかルーナが俺のコップ辺りにいた。
もう飯を食べきったのか?
飯を食うには早すぎるぞ。

「あの婪様、どうかあたしにその色気の技を教えてください!」
「んぅ、ポニーテールの天使型だね、お名前は?」
「ルーナといいます」
「ルーナちゃんね。良いわよ、あたしの今まで先輩に使ってきた色気のテクニックを教えてあげる」
「ありがとうございます、婪様!」

おいおい。
何言っちゃってくれてやがるんだ、この二人は。
ルーナの奴が婪の色気のテクニックを身につけたら、俺の脳の中身が毎日理性と欲望のバトルオンパレードになっちまう。
勘弁してくれ。
ここは何とか話題を変えないといけない。
このままだと俺の身体が危ない。

「おい婪。そろそろ学校に行かねぇーとマズイじゃねぇの。俺の車で学校まで送っててやるから」
「えっ先輩とカーセックスですか!?やったー!」
「ご主人様!?」
「アニキ!?」
「ダーリン!?」
「お兄ちゃん!?」

婪の一言によって神姫達は俺を凝視した。
…マジで勘弁してくれ。
もうイヤだ。

「チゲーよ!誰がテメェのケツの穴に俺をナニを入れないといけないんだ!!アンジェラス達も本気にするな!!!」
「下品な言い方は女の子に嫌われますよ、先輩」
「ウッサイ、黙れ!ほら、飯はもう喰ったろ!!行くぞ!!!」
「アァン、そんなに引っ張らないで~」

婪の左腕を俺の右手で引っ張りながら玄関に向かう。
早くこの色魔をこの家から追い出さないとアンジェラス達に悪い影響をおよぼす。
勿論、エッチ方面で。

「そんじゃ、ちょっくら行ってくるから留守番頼むぜ」
「バイバイ。また今度来るねぇ~。次来る時はあたしの神姫も連れてくるから~」

バタンッとドアを閉め、婪を車に乗せ俺は車を運転して学校に向かった。
その後、家に帰った時はもう疲れすぎて大学に行く気を失っていたので俺はベットに突っ伏しながら寝た。
婪、こいつは最悪な小悪魔だと、再び実感した一日だった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー