メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{喰われた!}

今、俺は何処にいるのか解らない。
ただ解ると言えば辺り一面の草原。
剛毛な俺の髪の毛も風が優しくなびかせる。
髪の毛だけではなく、私服の服もサワサワとなびかせる。
空中にはシャボン玉みたいのが無数に浮かび、空には雲がまばらにあり太陽もある。
晴天。
いったいここは何処んだ。
まさか夢の中か?
もし夢ならば都合がいい。
このまま解らないまま夢の中でも寝てしまおう、と思い、草原に寝そべり瞼を閉じる。
その時だ。

「…マスター…」

幼い声で『マスター』という声が聞こえた。
すぐさま瞼を開き上半身だけ起こす。
するとそこにいたのは。

「アンジェラス…なのか?」

そう。
アンジェラスだった。
だが違和感を感じる。
何故、身長が女性の人間並みにあるのだ。
武装神姫の身長は15cmだったはず。
なのに今目の前にいるアンジェラスの身長は160前後はあるぞ。
つか、何で『マスター』なんだ。
アンジェラスは俺の事を『ご主人様』と呼ぶのに。
このアンジェラスは『マスター』と呼ぶ。
おかしい、おかしすぎる。
やっぱりここは夢の中なのか…。
アンジェラスは俺に近づき、俺の両肩に手を置き押しながら俺を再び草原に寝る体勢になってしまった。
何故か力が入らなく、抵抗できないままの成すがままというやつになってしまう。
四つん這いの体勢でアンジェラスは今度は俺の唇に自分の唇を合わせた。

ちゅば…ぢゅぱ…れろっ…

もごもごと舌を入れてきてキス。
いきなりディープキスかよ、とか思ったらすぐに口を離し下半身に移動するアンジェラス。
まさか、と思った瞬間、何故かさっきまで着ていたズボンが無くなっていて下半身まるだしの状態だった。
それに俺のペニスは勃起していた。
さっきのディープキスだと思う。

「アンジェラス、やめるんだ!」

本当は声だじゃなく体を動かして逃げたい所だが、力が入らないのでどうする事もできない。

「マスターは楽にしていてね」

クスリと笑いペニスに顔を近づけるアンジェラス。
唇がペニスついた瞬間。

ぱくっ、ちゅぱちゅぱ…れろれろれろおっ……ぴちゃっ…ぴちゃぺちゃっ…

咥えられた直後、俺は声を上げて快感に震える!
ペニスを指でつつーーっとしゃくられ咥える感覚が襲ってきた!
ペニスからはぴゅっ、ぴゅっと先走り汁が漏れているのがわかる。
勿論、アンジェラスが先走り汁をちゅうちゅう、と吸う。

…れろっ、れろれろ…ぢゅぱぢゅぱぢゅぱ…

亀頭に舌のぬめぬめした感覚が這うと、舌でちろちろと弄んだのち、ぱくっ、と咥えられてざらざらとした快感で一気に包み込まれる。
ペニスから全身を貫き脳をドロドロに溶かす快感。
ビリビリビリビリと尿道から突き上げる。
生暖かい唾液が俺の熱く硬いペニスをまるで溶かすようにとろけさせる。

「アンジェ…ウグ!」

口内で犯されるペニス…。
きっ、きつい…き、気が、く、狂うぅぅ!
いく!
イク!
ビクビクッとペニスが射精させられようとしている!
まずい!
どう考えても危険だ!口内で犯されるペニス…アンジェラスの口の中に出すのは…。
快楽に苦しむ脳が危険信号を鳴り響かせる。
出しちゃ駄目だ、射精しちゃ駄目だ、駄目だ駄目だ駄目だああぁぁぁっっ!

「クゥ…ま、まだだ!」

ぐっと耐えようと力を込めたくても、全身を貪るアンジェラスの手や舌の肉体的な愛撫で精神的な愛撫でもうヘロヘロだ。
今にも溺れてしまうそう…トローンとなっちまって…。
いけないっ!
射精したら口から精気を全て吸い尽くされてしまいそうなのに!

「ぁ…ぁぁお…ぁぐっ…!!」

だが、こんなに気持ちよすぎるの、もう我慢できなぁい…。
俺は快楽と恐怖の狭間で何とか耐え続ける、が、それをまるで楽しむかのようにアンジェラスは俺のペニスを…。

ぢゅぱぢゅぱぢゅぱ、ぐぷ、れろーれろぉー…ぢゅるるるるる!

「ぐはぃ!!」

声を上げて耐える俺…。
股間の袋も丹念に丹念にしゃぶられ…。
ペニスをひっきりなしに延々ぢゅぱぢゅぱと口で…。

ぢゅぶぢゅぶぢゅぶぢゅぶぢゅぶ…

耐えに耐えていた俺もついに、ついに。

「いっくうーーーーっ!!!!」

びゅううううううううーーーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!

全身がガクガク震える! 
溜りに溜めていた精液をアンジェラスの口の中へ大量噴射するう!
やばい…頭が真っ白に…落ちていくぅ………。

びゅ、びゅううううううううーーー………
びゅるるるるるるるるるるるるる………………
ちゅうちゅうちゅう…ちゅうううううぅぅぅぅ~~~~~~っっっ!!!!

袋がきゅっ、きゅっと躍動しているのがわかる………。
ずにゅずにゅとピストン運動でしごくぅ…。
もちろんペニスを咥える、アンジェラスはペニスを舌で精をぢゅるぢゅると吸いしゃぶり。
ごきゅっ、ごきゅっと飲み干していくぅ………。

「あああああぁぁ…」

とうとう射精しちまった…。
あぐ…もうこうなるとどうにもできないぃ…。
快感に身を委ねるしかぁ…あああぁぁ…。

びゅくっびゅくっびゅくびゅくびゅく…ぶびゅううううーーー…

長い長い射精は一向に終わる気配がなく、最高の射精を強制的に続けさせられているようだぁっ。

ごきゅっ、ごきゅっ、ごきゅっ、ごきゅごきゅごきゅごきゅごきゅっ…

アンジェラスの舌がペニスをしゃぶり搾る。
あまりの精液の量にアンジェラスの口から精が漏れ滴れた。

ごきゅっ、ごきゅっ…チュポン!

アンジェラスがやっと俺のペニスを口から出した。
ペニスはまだギンギンに勃起していた。
最近、オナニーしていないせいのなか?

「マスターは私のモノ。絶対、誰にも渡さない」

アンジェラスは俺に抱きつき耳元でそう言った。
もう頭の中はグラグラで何も考えられなくっていた。
そして俺は瞼を閉じ、柔らかいアンジェラスに抱かれながら意識が無くなった。
…。
……。
………。

「アンジェラスー!」

ガバッと上半身だけ起き上がり、右手を天井にむける。
そこで我に返り、大きく息をした。
肩を大きく上下している。
心臓の心拍数も高い。
あれはやっぱり夢だったのか。
少し安心しながら瞼を閉じ…。

「…おい」
「ふぁい?」

俺は再び寝ようとしたがすぐにその思考は停止した。
何故ならば下半身がやけにムズムズするからだ。
その原因は。

「婪…テメェ~」

んちゅ、ちゅ~ちゅぽん

「おはようございます、先~輩♪」

その原因とは俺のペニスをしゃぶっていた婪のせいだからだ。

「これであたしにフェラされたの二回目だね」
「この…野郎~」
「相変わらず凶悪な肉棒をお持ちですね、先輩。しかも精液が濃くて口と喉がネバネバですよ」
「とっとと…出て行けーーーー!!!!」

俺が怒鳴ると婪は『またね~』といいながら部屋から出て行った。
まったく、あの野郎ときたらマジオカマなんだから…いや、むしろゲイかぁ。
それにしても。

「うぅ~喰われた…」

この悲しみはいったいなんなんだ。
ん?
ふと、机の方を見てるとアンジェラス達が顔を赤くして俺の見ている。
アンジェラスは顔を赤くし口を手で押さえて、クリナーレはボ~としていて、ルーナは俺が作った神姫用のメモ帳になにやら熱心に書いてる、パルカは両手を顔に覆い隠してるけど指と指の隙間からちゃんと見てる。
いったい何を見て顔を赤くして…。
はっ!

「うわぁっと~!」

布団で自分のペニスを隠す。
そういえばさっきまで婪にしゃぶられてたんだっけ。
あぁ~ハズィー。
それにこいつ等、いつから婪のフェラチオの行為を見てたんだろう。
こいう時は一番真面目なアンジェラスに訊いてみよう。

「なぁアンジェラス」
「あ!はい!!なんでしょうか」

声を掛けられた事に驚くアンジェラス。
おいおい、そんなに驚く事じゃないだろう。
この驚きからして、フェラチオ行為をかなり見ていた予測。

「どこから見てた?」
「どこから…とは?」
「婪のフェラチオ行為だよ」
「フェ、フェラ!?」

顔を再びボッと顔赤くするアンジェラス。
『フェラチオ』ぐらいの言葉でどうようするなよ。
やっぱそこら辺は女の子だから恥ずかしいのかなぁ。

「あの~その~」
「言いづらいなら別にいいよ」
「お姉さま、あたしがいいますよ。ダーリン、教えてあげますわ」
「お、ルーナが教えてくれのか?」
「はい、まず婪様がダーリンの部屋に来まして、私達を起こしましてその後は婪様がダーリンのズボンを脱がし『フェラチオを教えてあげる』と言いましダーリンのオチンチンをチュプチュプとしゃぶりました。まぁその後は数々のテクを披露しまして、ご主人様の精液をゴキュゴキュと飲みました。あぁ~あ、あたしも飲みたかったなぁ」

…なんか。
ルーナに説明させたのは失敗だったような気がする。
なんていうか、生々しすぎて…。

「…そうか。もういいよ。俺、もう一回寝るから」

そのまま俺は布団に入り、クスン、泣き寝入りしながら寝た。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー