メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{夜、二人きりで行くにはムードが無い場所だな}

夜。
午後十一時過ぎぐらいに俺はムクリと起きた。
パンツ一丁で寝てたから私服に着替え机に近寄る。
机にはアンジェラス、クリナーレ、ルーナ、パルカが充電器(クレイドル)の上でスヤスヤと寝ていた。
四人とも可愛い寝顔で寝ているのを見て俺の心に癒しが与えられる。
もうパルカなんて右手の親指をくわえて、寝てる姿なんて萌え萌えで凄すぎるぜ。
そんな彼女達を起こさないように、俺は抜き足差し足で部屋を出て行こうとする。
ドアノブに左手で回し部屋を出ようとした…その時だ。

「何処に行くですか、ご主人様?」
「…アンジェラス。起きてたのか?」

アンジェラスが机の端のギリギリ辺りで立っていた。
あぁ~見つかってしまった。
任務失敗、ゲームオーバー、デストロイー。

「何処に行くんですか」

真顔で言うアンジェラスはちょっと恐かった。
まるで『嘘や言い訳は言わないでください』みたいな感じで、そのつぶらな青い瞳が俺を見抜く。
ここは正直に言った方がいいなぁ。

「ちょっと、闇市場に行こうかなぁ~って…」
「!?…何でそんな所に…」

アンジェラスの顔が曇る。
そりゃそうだろう。
俺が行く所は違法だらけのブツが売買されてる市場に行くのだから。

「私は…とてもご主人様が心配です。もしご主人様の身に何かあったら、と思うと………」
「………」
「私は…」

今にも泣きだしそうな声で言うアンジェラス。
参ったなぁ~。
今ここで泣かれるのは困る。
クリナーレ、ルーナ、パルカを起こしてしまう可能性があるからな。
しょうがない。

「…そんなに俺の事が心配なら一緒に来るか?」
「えっ!?」

アンジェラスは泣きだしそうな顔から驚きの顔に変わる。

「時間も押してるし、一緒に行くか行かないか早く決めろ」
「行きます!」

今度は真剣な顔になる。
喜怒哀楽がはっきりしてるなぁ。
俺はアンジェラスを優しく右手に乗せて部屋を出る。

「あの、みんなは?」
「あいつ等も連れて行くと厄介事が起きそうになるから二人っきりで行くぞ」
「二人っきり!ご主人様と…二人っきり。夜のデート」

顔を赤くしながら何やらぶつぶつと呟くアンジェラス。
声が小さかったからよく聞こえなかった。

「アンジェラス、何か言ったか?」
「いえ!何でもないです!!」
「?…まぁいいや」

実際、アンジェラスが何を言ったかなんてどうでもよかった。
家を出て車に乗り、アンジェラスを胸ポケットに入れる。
さすがにズーっと片手運転はマズイからな。
クダラナイ事で逮捕はされたくないし。
車のエンジンを掛け発進する。
夜を明るくする街灯がとても綺麗。
だがこんなの表の世界に過ぎない。
裏の世界ではヘドが出そうなくらいの汚さがあるのだからな。
これからそんなシットヘルみたいな所に行くのにアンジェラスを連れて来てよかったのだろうか…。

「ご主人様と私だけの夜のドライブ…キャー恥ずかしい」
「………」

こいつは何だか浮かれてるし。
心配をしてる身にもなってくれ。
予め車の中に置かれていた煙草をくわえシガーライターで火をつける。
その様子を見たアンジェラスが。

「あ!ご主人様、また煙草なんか吸っちゃってー」
「先に言っとく、運転中だから煙草を奪う行為はやめろよ。危ねーからな」
「もう!今だけですよ!!」


アンジェラスは俺が煙草を吸う度に怒るんだから困ったもんだ。
一応、お前等が来てから煙草の本数を減らしてるんだぞ。
この前はなんて地獄を見る程の酷さだった。
あの出来事はけして忘れる事は無いだろう。
俺が煙草をきらして予備のワンカート(煙草の箱、10箱入りのやつ)を戸棚から取り出そうとしたら戸棚には無くて探すはめになり、『あれ~何処いったんだー』探してるうちに庭から何か焼ける臭いと音が聞こえ、行ってみればそこにはアンジェラスが俺のジッポを使ってワンカートを燃やしていたんだ。
あの時の俺は怒るを通り越して絶望感に浸ってたね。
煙草を吸う以前の問題だ。
だってワンカートを一つ買うだけで三千円も取られるんだぞ!
三千円もだ!
千円札が三枚も!
…ワリィ、今ちょっと取り乱した。
あの時のアンジェラスは悪魔だったなぁー。
デビルデーモンみたいな感じ?

「今、私の事を見て『悪魔だ』とか思いました?」
「別に」

オマケに鋭い洞察力をお持ちで。
多分、あの四人の中で一番危険で怖いのはアンジェラスではないのかと思ってしまう。
けど、こんな奴でも可愛い所はある。
武装神姫用の整備オイルを買って来てあげた時は、俺の右手に抱き着いて後に恥ずかしそうに離れて顔をポッと赤めながら両手をモジモジする。
う~ん、萌えるぜ。
出来ればその後、上目づかいで『有り難うございます、ご主人様』なんて言われたもう…。
これ以上言うとヤバイ単語がメタクソに出てくるので言わないでおこう。
胸ポケットに入ってるアンジェラスをチラッと見る。
セミロングの金髪が車のクーラーから吹かれる風で優しくなびく。
なびいた髪を右手で軽く押さえ少し顔を傾け、物思いふける表情で風景を見つめる。

「…ゴクリ」

唾を飲み込み運転に集中した。
あまりにも可愛いすぎて…いや美少女すぎて見とれてしまったのだ。
喉を鳴らす程の…な。
そして不意に俺はこんな事を口走ってしまった。

「なぁアンジェラス、俺とお前って昔どこかで会った事ないか?」
「…え!?」

驚いた表情になり俺を見る。
え、そんなに驚く事か?
ていうか、何言ってんだ俺ー!?
ありえないだろう!
相手は武装神姫なんだぜ。
前に会った事があるなんて絶対に無い。
あぁ~何だか恥ずかしいなぁー。

「何でもねー。今言った事は気にすんな」
「…はい、分かりました」

そして暫くの沈黙。
恥ずかし過ぎるのでアンジェラスの顔をまともに見る事が出来ない。
今、あいつの顔はの表情はどーなってんだろう。
見たいけど見れない。
ハズィ事を言ってしまった俺はどうする事も出来ず、そのまま闇市場に着くまで運転に集中する事にした。
…。
……。
………。
有料駐車場に車を止め、下りる。
ここら辺は無法地帯だから路駐なかしたらパクられるのがオチだ。
煙草を胸ポケットに入れようとしたが、今はアンジェラスが胸ポケットに入っているので煙草をいれる事が出来ない。
仕方なく、俺はズボンのポケットに入れた。

「ご主人様、ここが…」
「そうだ、ここはアンダーグラウンド…まぁ所謂、悪の巣窟の街かな。どいつもこいつも悪ばっかだ」

駐車場から出て大股で歩く。
ガラの悪い連中や性風俗店の呼び込みをやる野郎どもがわんさかいる。
俺に『そこのニ~ちゃん、若い子がいるよ~』とか言いながら近づいて来るがシカトする。
行く気が無い訳じゃないが、金は高いし病気を移された堪ったもんじゃないからな。

「何処に行くですんか?」
「俺が世話になってる店に行く」
「…風俗店じゃないですよね」
「あのなぁ。今はそいう気分じゃねぇーの」
「そいう気分だったら行くんですか?」
「いちいち五月蝿いなぁ。俺が行く所は何でも屋みたいな所に行くの」
「そうですか、良かったです」

胸を撫でおろすアンジェラス。
全く、俺をそんなに性風俗店に行かせたくないのか?
まぁどうでもいいけどね。
俺は駐車場から十分ぐらい歩いた後、小汚い一軒の店に着いた。
店の名前は『★BLACK・STAR★』という。
私的には何が『何が言いたいんだ?黒い星という意味は解るが、店として名前には合わない気がする』と思う。
そんなくだらない看板をチラッと見てドアに右手に掛け開けた。
店の中はぐちゃぐちゃで何が商品なのかも解らないぐらいの荒れだ。
まあ、所々に物に値段の名札が付いてるから少しは解るだろう。
辺り見回し店長が居ない事に気付いた俺はカウンターに置かれてある呼び鈴を鳴らした。すると。

「んだよ~、後もう少しでクリアーできるのに、こんな時に客かよ」

カウンターの奥にあるドアから男性の愚痴が聞こえる。
予測するとテレビゲームでもやってるんだろう。
ドアが開くとまるでヘビー級のボクサーみたい体格を持つ男が来たのだ。
頭には迷彩柄のバンダナにサングラス、にヒゲを生やしている。

「ヨッ。元気にしてか、オヤッさん?」

軽々しく挨拶をする俺。
アンジェラスの奴は胸ポケットで『失礼ですよー』と言っていたが今はシカトしとこう。

「おおぉー!閃鎖じゃねぇかぁー!!今日は何のブツを持ってきたんだい?」

オヤッさんは俺を見た瞬間上機嫌になった。
それもそうだ。
何故なら俺はこの店に自分で作った違法改造をオヤッさんに渡し、この店で売りさばいてもらっている。
商品の値段はだいたい六桁から七桁。
売れた物の半分の取り分は俺で残りの半分はオヤッさんにいき渡る。
俺じゃ、違法改造で作った物を売りさばくのは無理だからなぁ。
それにオヤッさんとはこの街で唯一信頼出来る人間でもある。
因みにオヤッさんが俺に対して言った『閃鎖』というのは、この街でのニックネームみたいなものだ。
『オヤッさん』といのもニックネームだ。
この街で本名がバレルとろくな事しか起こらない。
この街の独特のしきたりと言ってもいいかな。
さて、話しをそろそろ戻そうか。

「オヤッさん、今日はブツを持って来た訳じゃねぇんだ。ちょっと情報が欲しくてよ」
「情報?どんな情報だ??ここら辺の情報ならたいてい知っているぜ」
「そいつは有り難い。実は武装神姫について聞きたいんだ」
「武装神姫かー、確かに情報はあるがお前に役立つどうか解らんぞ」
「別に構わねーよ、武装神姫の全ての情報提供してくれ。その変わり、一ヶ月前の取り分はオヤッさんが全額貰っていいからさぁ」
「その話し、のった」

オヤッさんは笑いながら俺を見る。
俺もオヤッさんを見ながらニヤける。
はたから見たら密談に見えるだろう。

「あの、ご主人様。この人は?」
「おっと忘れてたぜ。オヤッさん、コイツが俺の武装神姫、アンジェラスだ」

胸ポケットから左手の手の平に乗るアンジェラス。
するとオヤッさんは珍しい顔をした後、ニヤニヤと笑った。

「オメェさん、いつのまに武装神姫に手を出すようになったんだ?」
「そうだなぁ、弱参月前ぐらいかなぁ」
「ほ~う、こいつはまた面白い組合せだな。武装神姫関係の武器を違法改造で店に提供するオーナーに優しそうな天使型の人形か…。アンジェラスとか言ったな、こいつにはドーピングや違法改造武器を使用させてないのか?」
「あぁ。こいつ等にはそいう類いな物は使わせないよにするつもりだ。特にドーピングなんか使った瞬間、その神姫はメタクソに強くなる代わりに何回かで絶対ブッ壊れる、と聞くぜ」
「ドーピングなんかまだいう方だ。これ見てみぃ」

店員のカウンター方からデッケー長細い鞄を持ち出してきた。
つか棺桶に見える。
オヤッさんがその棺桶みたいな鞄を開けると中身は武装神姫の天使型の人間の裸で横たわっていた。
身長は160cm前後。
人間サイズだ。
俺は見た瞬間、こいつが何に使われるかすぐに解った。
所謂、セックスドールていう奴だ。

「こいつはどうやって手に入れたんだ?」
「まぁーそこらは辺は色々あるわけよ」
「言えねぇーか…まぁどうでもいいけどね。で、こいつの使い方は?」
「なんだ、お前、使いたいのか?」
「まっさかー。んなわけねぇーよ。ただ、こいつはどのようなプログラムされてるの気になってな」
「そいう事かい。いいぜ教えてやるよ」

オヤッさんからの話を話を簡単にするとこうだ。
まず、母体となる武装神姫をこいつの腹に付いてるハッチを開け、その中にいれる。
ハッチを閉め、起動させると母体となってる武装神姫の人格で起動するのだ。
まぁその後は誰でも予想出来る『お楽しみタイム』だ。
噂によると膣のしまりは女の人間より良く、気持ちいいらしい。
バリエーションも豊富で幼児体系やセクシー体系でも何でも出来る。
そこがこの人形の利点らしいが。
こいつにはちょっとした欠点がある。
いくら人間そっくり作っているかって所詮人形。
何回も使えば壊れる。
あぁ~この場合の壊れるはヤッた回数でアソコが壊れるのではなく、母体となってる武装神姫そのものを示している。
つまりだ、中に入ってる神姫はこのセックスドールのプログラムとの相性が悪く神姫自体のプログラムが破壊されてしまうのだ。
破壊の理由はこうだ。
このセックスドールに入り起動させたら最後、入ってしまった神姫は快楽とい名のプログラムがセックスドールから流れ込み神姫のプログラムに身体の隅々まで入り込み、神姫としてのプログラムを次々に破壊していくのだ。
しかも時間を掛けてじっくりじっくりとな。
一種のコンピューターウイルスといってもいいかもな。
で、壊れてしまった場合はハッチを開け神姫取り出し、また新たな神姫を入れる。
その繰り返し。
エンドロールって訳だ。
しかもこの商売は結構儲かってるらしい。
ケッ!
反吐が出るような商売だぜ。
アンジェラスの奴なんかあまりにも酷な話だと思ったのか、途中で口を手で押さえ必死に気持ち悪いの堪えていた。
まぁ自分の同胞がそんなヤクチュウみたいになるのは嫌なのだろうよ。
解らなくもない。
人間でいえば親友が薬物で死んだ時のショックと似たようなもの。
やっぱり、こいつは連れてくるべきじゃなかったのかもなぁ。
そろそろこの話を終わりにするから。
アンジェラスのためにも。

「オヤッさん、この商品を売るつもりか?」
「いや、こいつは売らねーなぁ。それに預かり物だ」
「預かり物?」
「そうだ。そのうちこいつを持っていく業者が来て、俺に預かった期間分の金がそいつらから貰え得る寸法さぁ」
「やっぱ、金がらみか。オヤッさんらしいぜ」
「だはははーーーー!!!!ちげえねぇー!」
「で、話を戻すけど、他の武装神姫の情報は無いのか?」
「無い!」
「ちょっ!おまっ!?」
「悪いな、マジで武装神姫に関係してる新しい情報はこれしか無いんだ」

本当になさそうだ。
オヤッさんの顔で察しがつく。
オヤッさんとは結構長い付き合いだからなぁ。

「情報が無いなら、俺は帰るよ。また何か情報が入り次第、連絡してくれや」
「そのぐらい事はしてやるよ」
「よろしく頼むぜ。またなー」
「おうよ」

店から出て自分の車を止めてる駐車場に足を向ける。

「アンジェラス、大丈夫か?」
「はい、大丈夫ですよご主人様」
「やっぱ、お前を連れた来たのは失敗だと思うだよなぁ~。嫌な事を聞いちまって気分悪いだろ?」
「えぇ…。でも事実ですから仕方ないです」
「仕方ない…かぁ…」

胸ポケットに入ってるアンジェラスから視線を外し、濁った空を見上げる。
相変わらず環境をブチ壊すような煙が店の排気口から出ていて、せっかく月が出ているというのによく見えない。
何故かアンジェラスが言った『仕方ない』という言葉が俺の頭の中に刻み込まれる。
こ~う、なんて言えばいいのかな。
何か自分が出来る事があるかな、みたいな感じ?
良く解らないがそんな感じだ。
案外、このモヤモヤは次にオヤッさんと会った時に解るかもな。

「ご主人様~早く帰りましょー。夜更かしはいけませんよ」
「あのなぁ、もう午前四時だっつーの。今日が昨日で明日が今日になっちまったの」
「だから一刻でもいいから帰りましょう」
「はいはい、解ったよ。帰ればいいんだろう」
「『はい』は一回ですよ。前にも言ったように、ご主人様は言葉使いが乱暴で…」

クドクドとアンジェラスの説教が始まったので、俺は聞いてるフリしながら駐車場に向かった。
因みに『乱暴で』の後は何言ってるのかさっぱり頭に入ってなかったので、後でアンジェラスに『何を言ったか言いなさい』と言われてしまった困った。
嘘をつけばその場はすぐに流すことができるが、相手はアンジェラス。
何故か俺が嘘ついいてるのかが分かって、嘘だと分かった瞬間すぐさま俺の所に来てクドクドと説教が始まる。
それでもバックレルとパルカのお気に入りのモアイ像が俺に目掛けて投げつけてくるのだ。
だから今日は正直に『聞いてなかった』と言ったら…ニコヤカに笑いながらモアイ像を投げつけられました。
結局、こうなる運命なのね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー