メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禍つ刃を抜き、競う白日(前半)




北欧神話の亡霊戦士・エインヘリヤル。彼らは日中殺し合って腕を磨き、
夜は生き返って戦乙女との酒宴に興じたという……“終末の日”までな。
アルマ・ロッテ・クララの三姉妹。戦乙女であって、エインヘリヤルでは
ない彼女らだが……その実践トレーニング風景は、まさに亡霊のそれだ。
私・槇野晶はいつも彼女らの“訓練”を見て思う。心臓に悪いな、有無。

「──────“刺し”“穿ち”“抉れ”、ライナストッ!!」
「きゃっ!?雷撃の三点バースト、完全に物にしましたね……」
「速射性能を補う為ですの。さ、クララちゃんにもっ!」
「ッ!?……弾速は相当な物、避けるだけでも一苦労なんだよ……!」

今日は、皆が“魔剣”の力を何処まで引き出せているか……が課題だ。
一足先に三人分完成した、“マビノギオン”と“レーラズ”のテストも
兼ねている。そう、三人は“ALChemist”の居住スペースに設置してある
神姫用トレーニングマシンの中で、バトルロイヤル風の訓練中なのだ!
神殿が舞台の今回は、柱に隠れた二人をロッテが撃つ所から開始した。

「まだまだ……さ、死ぬ気で避けてくださいですのッ!!」
「くぅ、ひゃっ!?こっちだって、負けてませんよっ!」
「ん?……きゃうっ!?“ヨルムンガルド”を投げつけて……!」
「……今度はロッテちゃんとクララちゃんが避ける番ですっ!」
「ボクはまだ避ける役かな……ッ!弾道が読めない分、厳しいんだよ」

だがこの猛特訓、攻守はいつも激しく入れ替わる。隙さえ見つければ、
その者が即コーチ役になるのだ。今も、ロッテの射撃訓練から脱出した
アルマが刀剣を四方に投げ、“舞剣”の力で飛ばしている。“魔剣”を
得てから、ネイキッドタイプとの戦闘訓練だけでは不安があるらしい。

「ですけど、剣であり弾速は遅いですの……こう、すればっ!!」
「……切り払って弾き飛ばす、積極防御だね。それならボクも……!」
「ほら、気を抜いちゃダメですよ!一人当たり、今四本行ってます!!」
「確かにわたし達は、白兵戦が苦手なタイプですけど……くッ!」
「速さが無くても、変幻自在の“剣術”。なかなか厳しいもん……!」

そんな流れで実践トレーニングに加わったのが、三姉妹での模擬戦闘だ。
模擬……と言うがジャッジシステムは、総当たりモードで稼動している。
ロッテは“マビノギオン・ガード”から発せられる斥力場のシールドで、
クララは“マビノギオン・ウィザード”にて編み出した防御魔術を頼りに
ダメージを減らしつつ、それぞれの剣で“ヨルムンガルド”を切り払う。
アーンヴァルタイプのロッテは無論、“ゲヒルン”の副作用で身体能力が
同時期のハウリンタイプより若干劣るクララにも、キツい“シゴキ”だ。

「集中しすぎも、禁物です!出でよ、“スキーズブラズニル”ッ!」
「ちょ、アルマお姉ちゃん!?“マビノギオン・アサルト”ですの!?」
「……出来上がったロングスピアで、空間を波乗り……非常識だよッ」
「二人だって、非常識な力を今持ってるはずですっ!行きますよ~!」
「く……身を伏せたら“ヨルムンガルド”に斬られるもんっ!!」

だが不安で構わぬ。憎しみから互いを攻撃している訳ではないからな。
全ては皆で高みを目指す為。間もなく訪れる、セカンドへの昇格試合!
それを認識しているからこそ、私は口を出さず装備の仕上げを続ける。
私には私の戦いがあるのだ。この装備、少しでも気を抜く事は出来ん。
“マビノギオン・ウィザード”を展開したクララと同じく、集中する。

「──────開け、水晶の傘!“ソニック・アンブレラ”!!」
「っ!?きゃぁぁぁぁあああっ!?油断しました、槍が遠くに……!」
「“モイライ”は展開速度に優れる魔術補佐デバイス、そして……」
「……きゃぁぁっ!?こ、これ……“ビー・スティング”ですの!?」
「“コライセル”は“魔術”を変換・増幅し“魔導”と為す、魔剣」
「その二つを組み合わせればクララちゃんの力は増大する、ですの?」

真空の鎚でアルマの槍を迎撃せしめたクララに、順番が回ってきた様だ。
クララの“マビノギオン”は、左腕に全てを纏めた“魔術”用デバイス。
出力とレパートリーは“Valkyrja”に劣るが、前者を“魔奏”で補う事で
以前と変わらぬ強大な“魔術”を操って、戦う事を可能としているのだ。
ロッテに対して飛翔するダガーを、即座に放った事からも能力が分かる。

「そう。それを制御する為の“魔導刻印”なんだよ。そしてこの技術は」
「“アルファル”にも一部活かされてるんですよね。使えるのは……」
「全てに実装しても、クララちゃん一人。でも、それが狙いですの」
「そう言う事。じゃ、今度はボクが行くもん。“バック・ドラフト”!」
『きゃぁぁぁっ!?』

そう。今作っている装備は、敢えて三人共通の仕様としている。それを、
“妹”達が個性に合わせて極端に変化させていくという代物だ。設計図は
事務局に見せて、合法である事を確認している。とは言え以前の非でなく
説得には手間取った。規約違反が無い事を、徹底して証明せねばならん。
簡単な会談で終わらなかった理由は、一言で表せば“変形能力”である。
詳しい事はまだ秘密だが、それ故審査は異様な程複雑怪奇になったのだ。

「あちち……いきなり爆炎は、派手な演出ですの~……」
「なら、今度は冷やすんだよ。“アブソリュート・ゼロ”ッ!!」
「きゃああああっ!?痛ぅ……直撃したら脱落してましたの」
「って、そっちは気化爆弾並みの冷気じゃないですかぁ~っ!?」
「……射撃や格闘より時間を使うとは言っても、真正面は危険ですの」
「フォートブラッグタイプとの訓練だと思えば、大分似てるもん」
「この間もらわれていった娘だって、冷気なんか使いませんよっ!」

気付けば、クララの広域殲滅魔術を二人がかいくぐる状況となっていた。
冷気は使わぬとしても、爆撃にミサイル類を使ってくるだろう。アルマも
それは良く分かっているらしく、柱の陰に隠れて一瞬の隙を狙い始めた。
クララもそれを見越してなのか、構わず薙ぎ払う方針を採用したらしい。
“コライセル”に強大な紫電が集束していく……雷の広域“魔術”だな。

「出てこないなら、このままショートさせちゃうんだよ……轟けッ!」
「隙有り、ですっ!!飛んで、“ヨルムンガルド”!!」
「“プラズマ・レヴナント”……って、剣に雷撃が行くんだよ!?」
「今です、ロッテちゃん!!」
「“撃て”、ライナストッ!!」
「ぅあううっ……!?」

──────避雷針、って所かな……?







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー